ビデオボード

 最近のパソコンは、購入した時点からパーツ類をいじることは少なくなりましたが、以前はメモリに空きスロットが
あればメモリ増設、ハードディスクの容量が少なくなればHDD増設と、あとから何やかんやと結構付け足していました。
フロッピーは今やほぼ絶滅状態ですが、以前はあちこちに散らばっていました。MOやPD、ZIPなんてのもありましたが
今どうなっているのか、あまり関心もないようになりました・・・。

 HDDも最近はデフォルトで大容量なので、なかなか一杯にならない為に増設しようにも出来ません。メモリも
空きはあるけど動作に不満ないしなーってところです。

 しかし、ビデオボードの更新はちょこちょこやってます。ネットやビジネス系ソフトでは、ほぼ問題になりませんが
ゲーム系は結構シビヤです。ハードだけでなくドライバの更新だけでも変化大有りなので中々気が抜けないパーツです。
ここ何台かのパソコン更新のタイミングは、ゲーム購入と連動しています(・・・あたりまえですが会社ではなく自宅用の話です。)
 そういう意味では、パソコンの性能をフルに発揮するのは、エクセルの無茶苦茶に複雑な数式ではなく、「ゲーム」だと
思います。それもアクション系・・・動作中のファンの回転数からしても、パソコンの負荷が分かります・・・。

 話は戻りますが、ドライバの更新の重要性はつい最近も再確認させられました。「クライシス2」というゲームをやり始めた時、風景がミョーに粗くて赤いのですが、はじめはてっきり「そういう演出」と思い込んでいましたが、何気なくドライバを更新したところ、更新後は同じ場所が別世界になっていました・・・。
 まぁ、最新ドライバは、上手く動作しない場合もちょくちょくあるので、何とも言えませんが「それなり」の更新は必要な
ようです。
 
 世間的には「ええ年こいたおっさんがゲーム」かも知れませんが、あえて胸を張って言いますが「おもしろい」です。
今は特にアクション系が・・・、シュミュレーションもいいですが。学生時分は「信長の野望」をやり過ぎて、画面が揺れ出したので、てっきりパソコンの画面が壊れたと思いましたが、冷静になると自分の目が壊れていました・・・。時計を見ると朝の4時でした・・・時計も揺れていました。いつからやり出したかは覚えていません。

 それから「Diablo」と言うゲームもかなり当時は画期的で、アクションロープレの出だしだったと思います。題名からして外国メーカーで、表示はすべて英語だったので基本は「直感的」操作ですが、辞書片手?にゲームしてました。この辺からネットプレーが始まったと思います。ついでに、「ええ年こいたおっさん」的にはWiiでネットから有料ですがダウンロード出来るなつかしのファミコン、スーファミなどのゲームもおもしろいですねぇ、でも殆どWii専用のゲームは持ってませんが。

 ゲームに興味にない人から見れば何の実益性もないのに何が楽しいねん・・・ですが、実益性が無い故バーチャルが故に失敗が効きます。現実の世界での「マネーゲーム」の場合、失敗すると・・・!!!その分、成功すれば実益がありますが、「リアルマネーゲーム」はしないのでわかりませんが、本当に「実」なんでしょうか・・・。「実」は「虚」だったりして・・・。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR