ひじき。

 先日、久しぶりに妙に『広島焼き』のお好み焼きが食べたくなったので、材料調べるのもなんなので(笑)、オタフクさんの広島焼きの素みたいなのを購入した訳であります。
 
 とりあえず、キャベツ、もやし、そば、豚バラ、卵を調達し、おおよそ作り方は分かっていたつもりでしたが、やっぱり手順書を見ないと分かりませんね。関西風を作りなれていると、どうも『広島焼き』はお好み焼きですが別の料理のような気がするくらい、作り方が複雑です(笑)。2、3枚焼いてみて、関西人の信号も待たないせっかちな気風からして、この関西風が出来たんかな・・・と思うくらいです(爆)。

 それに、同じお好み焼きジャンルで、材料も見たようなモンですが、食べてみるとやっぱり違いますね。『広島焼き』は粉モンと言うより野菜炒め系ですかね?・・・個人的には『広島焼き』の方が好みですが、ホットプレートで2枚分の領域を使うことと、複雑な手順(笑)を考えると、現実的には関西風お好み焼きに落ち着いてしまいます・・・。

 さて、標記の件(笑)ですが、最近『ひじき』の鉄分表示が少なくなったらしいですね。理由は、「かつては鉄鍋で調理されていたから、鉄分が多く含まれていたけど、今はステンレスなんで・・・云々」みたいなことらしいですが、ホンマなんですかね?「ひじき協議会」?みたいなHPで見解を読んでみると、「鍋の問題でなく、海外のひじきは今でも鉄分多いよ・・・」的なことでしたが、余計に分からなくなりました(笑)。
 仮に、鍋からの鉄分が多く含まれるのなら、包丁もステンレス包丁より「はがね」の包丁の方が多く鉄分を摂取出来る・・・と言うことになんじゃないですかね?まぁ、鉄瓶は「鉄分を補給できる・・・」と言うのを売りにしている場合もありますけどね。

 いや、ホントの所は知りませんが!?かつての鉄(はがね)の調理器具を多用していた時と、今の様にステンレス製調理器具を使用している場合での、鉄分摂取量の違いとかを研究してみるのもおもしろいかも知れませんね・・・素人では測定できませんが(笑)。(素人認識では、ステンレスも成分の80%くらいは鉄なんですけどね、じゃぁ今はクロムの摂取量が増えているんですかねぇ?)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR