臼杵の旅・・・食べ物編。

 とりあえず、今週は『弾丸フェリー(R)』ネタで引っ張る予定ですが(笑)、今回のメイン「臼杵」、そしてその中でもメインのメインが「臼杵のふぐ」だったのであります。

 まぁ、それなりに「臼杵のふぐ」は有名な様ですが、前回の弾丸フェリー(R)で「臼杵のふぐ」のパンフレットを帰りの船内で読んでいまして、「来年は臼杵やな、にやり。」と翌年の目的地を早くも画策していた訳であります。

 で、そのパンフレットでは「フェリーチケットを見せれば、お得に3000円でふぐ料理が食べられる・・・」みたいな、企画が載ってましたが、昼飯と言えど、ここはイッとかなあかんな!(爆)と、大見得を切って(笑)、でも予算の都合上!?8,000円のふぐコース料理(白子なし)を行く前に予約した訳であります。

 で、その時の模様の抜粋が、下の写真ですが、抜粋なのは食うのに夢中、あるいは食い過ぎて、放心状態だった(笑)為です。
それなりに準備して、「各員、昼に備え、朝飯は軽くパンにしておくように!」と指令を出しましたが、モチを2つ食べ残しました(笑)。

 結論的には、個人的見解ではありますが、「身質」が違いますね。普段食べるふぐより、身が締まっています、皮もヘタすりゃドロンとする場合があったりしますが、一言、締まっていておいしいです。あと、特筆すべきは、途中で出てきた「かま?(ひれの付け根)」の照り焼き。これは、大阪では食べたことのない味です。その他もありますが、行ってのお楽しみと言うことで・・・(笑)。

 まず出てきた「皮の和え物」。・・・和え物、つきだし的観点から見ると、明らかに量が多い・・・。まだ、わーわー言いながら、写真を撮る余裕があります。

fugu201602244.jpg まぁ、どちらかと言えば「てっさ」が一番のメインってな感じですかね。さすがプロ(笑)、きれいに盛り付けてあります!これで3人前です、この時点で満足でしたが・・・。

fugu201602242.jpg つづいて「かま?の照り焼き」。2個/人ありましたので、1人1匹分と思われます。見た目ではよく分かりませんが(爆)、これは「おいしい」っす。

・・・その後、「口部分の味噌汁」「から揚げ」「ふぐ鍋」がありましたが、「雑炊」までいかに胃の中を空けとくか?を考えるだけで精一杯でした・・・(笑)。

fugu201602243.jpg で、最後に「雑炊」、出汁が効いているので、ポン酢をかけずとも、そのままで十分でしたねぇ。一番の大食漢に4杯食べて頂き(爆)、やっと完食。写真左上はしに写るもち2個が食べ切れなかったもち。

 ・・・まぁ、と言う訳で、値段自体もそれなりですが、内容がそれ以上でしたので、臼杵にふぐを食べに来たかいがあったと言うモンです。話によると、白子は2~3月が一番大きいんで、白子目当ての人はその頃が良いらしいです。個人的見解としましては、臼杵に行ったら、ふぐコース料理は頑張って(値段的と胃袋的に(笑))食べられた方が、断然良いと思った今日この頃です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR