「めっき」と書いてあると、若干うれしい・・・。

 去年くらいですかね、ふとガスコンロでお湯を沸かしている時に「ガスの火って、お湯にどれだけの熱を伝えているんだろうか・・・かなり、熱効率悪そうだな・・・」と思い、工夫すればガスの炎の熱をもっと鍋に伝えられるのでは!っと思って考えて見ますと、鍋底の表面積を大きくすれば、その分熱をより吸収出来るのでは?・・・例えばヒートシンクみたいにフィンを付ければ・・・と我ながら天才やな(爆)自画自賛してましたら、ネットで見るとでもう既に商品化されていたので(笑)、その鍋を購入しました。で、購入はしましたが、ネタ的に飽きたので(笑)、使うことなくお蔵入りとなっておりましたが、先日そのメーカーのページを見ると、その商品が回収対象になってました。・・・どうやら、僅かながら一酸化炭素が発生するみたいです。まぁ、中々こちらが立てばあちらが立たずで、上手くいかないモンですねぇ・・・。

 で、標記の件、若干意味不明なタイトルですが、文字通りです(笑)。と言うのものですね、「めっき」とは、ご承知の通り本来は「鍍金」と言う漢字から来ている「言葉」ですので、日本語なんですね、なので「ひらがな」表記が一応適しているというのが、業界では定説となっております。

 しかし、一般的には「メッキ」の方が馴染みがあるようで、新聞とか書籍とかで、見ることが少ないレアな「めっき」というフレーズを発見しても、大抵は「メッキ」となっており、私的には若干がっかりする訳であります(笑)。新聞等でも、同じ新聞でも「めっき」と標記されていて喜んでいたら、しばらくして別の記事では「メッキ」・・・となっており、テンションが下がる場合もあります。

 まぁ、早い話、「めっき」か「メッキ」にイチイチこだわっているのは業界の人間くらいだと思いますが(爆)、でも「めっき」と言うフレーズを見ると「あ、この方は、めっきについて理解して頂いているんだな」と、うれしく思う訳であります。しかし、ぶっちゃけ、社名でも「○○メッキ」とかありますんで、何とも言えないところはありますがね(爆)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR