てっきり、諸葛亮が祈祷したのかと・・・(笑)。

 昨日の晩から、12月中旬とは思えないような、風が生暖かい感じでしたねぇ。いわゆる「南から暖かい湿った風が流れ込んで・・・」的な話なんでしょうが、早春にはありそうな風ですが、真冬になろうかと言う頃には珍しいですねぇ。

 「冬に南風が!」・・・で、思いつくのが、三国志の有名な『赤壁の戦い』。まぁ、早い話、北岸に陣取る曹操軍を、南から火攻めにしようにも冬の北風では出来ない・・・と周瑜が困っていたところに、諸葛亮孔明が「そんなら吹かせましょう」ということで、七星台(?失念)を築いて祈祷したら、突如東南の風が吹き出し、見事火攻め成功・・・というのが三国演義での話しですが、まさにそんな感じでしたね(笑)。

 三国演義では、諸葛亮が妖術使いの様に描かれていますが、『正史 三国志』を読みますと、結構、基本に忠実な、堅実的行動をされていたようです。昔TV番組でやってましたが、例の赤壁あたりでは、冬でもたまに南風が吹くことがあり、地元の人は知っていた、その情報を諸葛亮が掴んでいたなら、あながち演義での話も絵空事ではないよね・・・的なことを検証していました。まぁ、ほぼ2000年くらい前の話なので、真偽の所は分かりませんが(笑)、まぁ、そんなところも含めて考えると!?最近はちょっとでも例年と違うことが起きれば異常気象だ!と叫ばれていますが!?まぁ、人間の歴史も地球の歴史から見れば屁にもならないレベルですので、分かった様でも分からんことが多いんかな?気象も不思議なもんだなと思う今日この頃であります。


 2代目曰く『寝る子は育つ・・・を実践中です(爆)』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR