微生物のみならず、寄生虫もある意味凄過ぎるな・・・(笑)。

 今日は12月8日と言えば、真珠湾攻撃の日ですか・・・まぁ別に意味はありませんが(笑)、昔はよく『トラ!トラ!トラ!』と言う映画を良くやってましたね、いずれにせよ平和が一番な今日この頃であります。変な話ですが、最近「1億総活躍・・・」とか言い出してますが、戦時中の「1億総玉砕」を連想してしまうのは私だけではないと思いますが(笑)、戦時中も人口は「1億」だったんですかね?・・・ということは戦後75年経ってもあまり人口は変わってないということなんかな?ということが、やや気になりました、まぁそれだけです(笑)。
 
 さて、標記の件、微生物の研究でノーベル賞を受賞された大村先生?ですかね、が微生物の働きは未知で凄い・・・ようなことを仰っておられたと、やや失念気味に記憶しておりますが、先日ネットでググッた「ハリガネムシ」という寄生虫も、結構凄いです・・・というか、寄生虫ってそんな能力あるの!!っていうくらい、凄いです。

 まぁ、何かと言いますとハリガネムシは、カマキリの腹の中に寄生する線虫なんですが、まず水中で生まれボウフラやヤゴに寄生するらしいです。で、その蚊やらトンボをカマキリが喰って、カマキリの腹の中で成長するんですが、大きくなって産卵は水中で行う・・・で、どうやってカマキリの腹の中から水中へ行くか?・・・そこが、恐ろしく凄いところで、腹の中の線虫が「カマキリを水辺に誘導」するらしいです。まぁ、私も幼少の頃はカマキリを飼っていないシーズンはないほどカマキリ好きで、カマキリの卵のうが春にふ化して家中小カマキリまみれにしたぐらいですので(爆)、カマキリの大体の生態は分かってますが、まず水辺にはいないですよね、ミズカマキリ以外は・・・。ミズカマキリはまた別種類ですけどね。で、カマキリはほぼ泳げないはずなので、溺死覚悟で通常水辺、ましては水の中には入りません・・・が、腹の中の線虫が、カマキリを水辺まで連れて行き、そこでケツからムニューと出てくるんです。ネットで映像を見ましたが、すごくありえん光景ですよね。でも、どうやってカマキリを操るのか?・・・なぞです。

 ・・・と、考えるとですね、意外と他の寄生虫やそれに似た微生物も、何らかの物質や何かで、宿主を操作する・・・的なことをやっているのも、あるんじゃないかな??と思う訳です。人間も顔にはダニが住み着いていますし、腸内には細菌がうようよ・・・と考えると、結構人間も知らず知らずに「操られて」いるんではなかろうか?甘いものが喰いたいのは、実は腸内細菌が欲しているとか・・・なんとか、あるんかもしれませんよ!(笑)でも、奥さんが旦那さんを操っている・・・とかはどうか知りませんけど(爆)


tainoe201508111.jpg 寄生虫と言えば!?「タイノエ」さん、通常図体のでかい奥様が特等席に、小さい旦那はエラブタにしがみついている・・・という光景を良く目に致します。こちらは奥様です。
 2代目曰く『あぁ、私も腹の中に回虫いるみたいで、先日虫下し飲みましたよ。なので、ダンボール噛みまくってます、「腹の虫がおさまらない」ってね!』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR