へぇ~、ヒラメでも。

 今朝、ラジオを聴いてますと生食用の養殖輸入ヒラメに寄生虫が付いていたので、回収するとかなんとか・・・と言う話題をやってましたね。で、その寄生虫(名称失念)をググって見ますと、筋肉に付くかなり小さい10ミクロンくらいのものらしいですね。

 しかしですね、私も今まで刺身をスーパーで買う、とか外食で盛られた刺身を食うレベルでは、「魚=寄生虫」ってリンクしない上に、「それって川魚の話ちゃうん?」・・・と思っていましたが、自分で仕入れて捌きだすと(笑)、「寄生虫」は意外と身近なもんということに薄々気が付いて来た様な気がしマス・・・。

 なので、基本「生食」は食べる側も気をつけないとあかんなぁ・・・と思いますね。やはり、「生食」の大前提は「衛生管理」が大事だと思いますので、従来、当たり前の様に食べる「刺身」なども、それなりに提供する側の衛生管理の上に成立っている、結構一つ違うともろいものだと食べる側も認識する必要があると思います。・・・かと言って、次亜塩素で十分殺菌しましたよ・・・ってのも嫌ですけどね(爆)。

 ですんで、笑い話で、「安い寿司は高級寿司より寄生虫のリスクが少ない」と言われるらしいですが、そのこころは「安い寿司のネタは殆ど冷凍品だから大概の寄生虫は死滅する」とのことみたいです・・・。

 魚の寄生虫は、内臓系に付くのが多いみたいですけど、保存状態が悪かったりすると筋肉の方へ移動するのもあるらしいです。経験的には、タラとかカレイとかの底モンの魚の内臓系には良く付いているイメージがありますねぇ。まぁ「知らぬが仏です」(笑)・・・写真はヒラメですが、ヒラメにはあんまり付かないと思ってましたが、今回は養殖モンだったからですかね?海域の問題ですかね?・・・この写真のは大丈夫ですよ!多分。
hirame201508112.jpg 関係ないですが!?だいぶん5枚におろすのも慣れてきました。これはカレイサイズですけど、普段見慣れたヒラメの刺身は、これよりもっとデカイ個体のものです。
tainoe201508111.jpg 寄生虫と言えば!「タイノエ」。これはインパクトありますからねぇ、塩焼きとかで、知らずにエラブタ開けた日にゃ・・・。しかし、「ビジュアル」以外は無害の筈です、中にはフライにして食べるツワモノもいてるらしいですからね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR