梅干しの干し。

 まぁ、毎年恒例となりつつある!?「梅干しの干し」ですが、今年もその時季がやって参りました・・・ということで、先日炎天下の下「干した」訳であります。

 今年は、塩分「16%」と「13%」でチャレンジした訳ですが、13%でもカビることなく「梅干し」まで完了致しました。ただ、16%の方が、若干「産膜酵母」が形成されつつあったんで、「梅漬け中」も多少攪拌が必要だと思われます。産膜酵母はぬか漬けでも上っ面に白い膜として出ることがあるらしいですが、カビほどの毒性はないようです。ぬか漬けの場合も「ぬか床」を定期的にかき混ぜておけば、問題はないと思われますが。

 ホントは「土用干し」というくらいで、土用の時分に2~3日干すらしいですが、当方は「ずぼら」の為!?8月くらいに炎天下の下、一気に1日ぐらい干して「完了」としています・・・。とりあえず、干さないと「梅干し」になりませんのでね(笑)。干さない加工品は、厳密には「梅漬け」というカテゴリーになるらしいです。それと、日に当てることでビタミンが形成されるとかなんとか。
 
 試食した感じでは「13%」は、確かに塩分控えめな「梅干し」ですが、塩分的にはこれが「限界」な感じもしなくない、今日この頃であります。それと、あと気がついたことは、保存用のビンが同じメーカーですけど、去年買ったのは記憶では「日本製」と書いてありましたが、今年は「Made in Taiwan」になっていたことぐらいですかね!?

 写真手前が、「16%」、奥が「13%」です。見た目同じですが・・・(笑)。
umebosi201508031.jpg 梅酢も日光に当てるとのことですので、セオリー通りに。そもそも「干し」の主目的は何ですかね?シンプルに「水分量を減らす」ですかね?・・・だったら、漬ける時の「%」より塩分濃度上がりますけどね・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR