なんか違和感ある話・・・。

 早速今日は、標記の件についてですが、先日ニュースか新聞ですかね?で知ったんですが、下鴨神社の境内の一部がマンションになるとかなんとか。なにやら、「式年遷宮」の費用捻出の為にとか・・・らしいですが。

 まぁ、私的には『大人の事情』は分かりませんが、境内の一部の森を開発するってのは、何か違和感を感じますねぇ。
私の付け焼き刃的突貫叩き込み知識!?では、『神社』の御神体は、いわゆる天照大神とかの『神様』をお社にお祀りするのも当然ありますが、結構境内の森や池などの「自然そのもの全体」が御神体というイメージの方が、最近は強く思うようになっているんですね。

 今年遠征した『宇佐神宮』は社殿もさることながら、境内の森林の方が、なんか神々しい雰囲気がありましたし、司馬遼太郎氏著『街道をゆく34巻』では、宇佐神宮の元?とされる中津の方の『薦(こも)神社』は、内宮が『三角池』で、外宮が『本殿』らしいです。また、しまなみ海道の大三島は昔は島自体が御神体だったらしいですし・・・。
 で、話はそれますが、皆さんご存知の奈良の『橿原神宮』は初代天皇である神武天皇が祀られておりますが、創建がかなり古いイメージを持っていましたが、実は明治時代に創建されたらしいです。

 話それついでに、地元『御幸森神社』(正式には『御幸森天神宮』らしいです)の由来は聞く所によると、第16代仁徳天皇が行幸の折に休憩の為、休まれた森なので『御幸森』となったとかなんとか・・・らしいです。なので、仁徳天皇もお祀りされているみたいですねぇ。・・・但し、現在、神社周辺には、『森』はありませんがね・・・。

 まぁ、ってなことで!?私的には、「御神体=森、池、山とかの自然全体」というイメージがありますので、何となく標記の件につきましては、ビミョーに違和感を感じる今日この頃であります・・・。

usa201502264.jpg 今年遠征した宇佐神宮の境内。本殿までの森林の醸し出す、神々しさ?マイナスイオン?の雰囲気が、良いんですけどねぇ。
usa201502263.jpg 本殿。写真には写ってませんが、右の方に楠木?(失念)の巨木が鎮座されておられます・・・。


  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR