思わぬ「リフレッシュ」!

 先週、トマトやら茄子やら鷹の爪の種を蒔いて、プチ温室チックに窓際に置いていますが、蒔いた人を反映してか!?「芽」が出ません・・・。最近は寒くて、日も照りませんのでねぇ・・・と言うところを、主な要因としておきマス。

 さて、標記の件、早い話はパソコンの更新を失敗して、起動しなくなり「あかんか!?」と思いつつ、「リフレッシュ」(・・・多分再インストール)をしたら、何とか直ったよ・・・ってな話です。最悪、2年しか使っていないパソコンが粗大ごみ化仕掛けた話です。

 ・・・んな、粗大ごみとは大げさな、と思われるでしょうが、通常のOSのアップデートなら、どってことないですが、更新したのは「BIOS(バイオス)」だったんです・・・。BIOSは、マザーボード(メイン基盤)のプログラム?みたいな、根元のところですので、書き換え失敗でえらいことになった・・・というのは、ちょくちょく聴く話です。BIOSが壊れると、基盤自体が正常に動きませんので、OS云々以前の話になってしまいます・・・。でも、通常は更新する必要はリスクを考えるとないんですが。

 しかし、昔からそうですが、何か更新ファイルを見つけちゃうと、「いらんこと」と言いますか、余計なことに更新したくなるんですね。今回もそのパターンでしたが。更新は正常に終了したつもりで再起動をかけると、ファンがいきなりMAXで回りだし、10分くらい立っても画面は真っ暗、反応なし、ファンはうなり続ける・・・っていうんで、電源切っちゃいました(笑)。
 その後「PCを診断中です」→「起動出来ません」→「PCを診断中です」」→「起動出来ません」→・・・を、幾度となく繰り返し、BIOS更新失敗なら、これはヤバイ・・・と覚悟を決めましたが、冷静に考えるとBIOSは読込めていて、次のOS起動で失敗しているたいなので、「リフレッシュ」したら、何とか起動できた・・・という訳でした。

 でも、Win8.1が8に戻っているわ、インストールしたソフトを再インストールせなあかんわ、ローカルファイルは消えてませんでしたが、何か更新ファイルが140個もあるわ、8.1にするのに6.5GBダウンロードするわ、でかなり時間がつぶれましたが、粗大ごみにならず良かったところですが、BIOSの更新はデンジャラスです。

inu1204.jpg 犬曰く『飼い主のパソコンは、ゲームする為に買ったようなモンです。かなり電気の食うグラフィックボードに、CPUは水冷です。そんなパソコンにリスキーな更新、○ホです。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR