選挙番組のため・・・。

 円も121円台ですか、食料品も来年に値上げ実施するのが続々とアナウンスされております今日この頃でございますが、関電も来春再値上げとか何とか匂わせておられるようで、兎角住みにくい世の中になりつつある気がしなくもないです。
 ついでながら、円も7~8年以前は120円とか130円だった記憶がありますが、当時そんなに物価高感はなかったですね。他方、実質実効為替レートで見ると、現在の円の価値は1982年頃の265円/ドルと同じくらいの価値だとか、なんとか。これの意味するところは・・・私には分かりません(笑)。

 で、標記の件でございますが、ホンマやったら14日が大河ドラマ『官兵衛』の最終回みたいだったんですがね。選挙の関係で21日になったみたいですね。私的には今年の大河は主役がイケメン過ぎるので!?あまり見なかったのですが、途中の荒木村重くらいから本格的に見出しましたが、まぁまぁおもしろかったですね。タダ、戦国物につきものの「合戦場面」が予算の関係か何か知りませんが、殆どなかったのは若干ビミョーなところです。『風林火山』の時は結構あったんですがね。

 今日の本題的には、その絡みで最終回の「関ヶ原の合戦」。最近は何となく背景や何やらが分かるようになってきた年頃ですので!?小早川秀秋が寝返って、東軍優勢になったとかは理解できますが、はっきり言うて、よほどの天才でないか、その時代に生きていた知り合いがいない限り、教科書で習うレベルでは「1600年関ヶ原の合戦で徳川軍勝利」程度しか分かりませんよね。
 大河ドラマでも、関ヶ原の合戦に至る経緯や背景は描かれていますが、細かい話、優柔不断とされている小早川秀秋はもとは豊臣秀吉の養子で、のちに秀頼が生まれたため、毛利3本の矢のひとつ、小早川隆景が「空気読んで」!?養子に迎え入れたらしいですね、すでに隆景には養子がいたのに・・・。とか、他にも黒田家の如水は九州で挙兵、長政は徳川軍、真田家にしても信幸は東軍、幸村は西軍とか、その他諸々・・・色んな要素、駆引き、策略、人間模様の最終点が「関ヶ原の合戦」の一点に集約されてんだなぁ、てなことが見えてくると、日本史嫌いな私みたいなモンでも、歴史好きになったりする訳です。

inu0516.jpg 犬曰く『あと、邪馬台国ってどこにあったんでしょうかね?飼い主は現在九州説派みたいです、歴史ど素人ですが。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR