起動せんし、マンダム?

 データベースで使用している、自称「サーバー」の「サーバー風PC」を最近更新しまして
とても音が静かになり良かったのですが、旧サーバーもCPU熱暴走の発作が鎮まり、まだ使えそうなので
バックアップ用として保管することにしました。

 まぁ、先日内部の掃除はしましたが、もう少し奇麗にしておこうと思ったのが間違いだったようで
CPUのファンとヒートシンクを外したつもりが、CPUまで抜けてしまいました。
 CPUとヒートシンクとの間に塗ってある、熱伝導用のグリスが「セメント化」しており、一体化
していました。無数にあるCPUのピンをマザーボードのソケットにこの状態で取付けるのは、もはや
不可能だと悟り、「セメント」を取り、CPUを取り外してマザーボードにセット。ヒートシンクを
乗っけて、さぁ起動・・・、せんし・・・。ランプは付きますが、BIOSを読み込みません・・・。

 「あー、いらんことしたな・・・」と思っても、アフターフェスティバルです。

 仕方ないので、正攻法で印鑑ぐらいの容積で1500円位する熱伝導グリスを大盛り塗り、きちんとセット
し、起動・・・またせんし。

 ・・・たぶん、放熱か、ソケットの接触だろうと思いましたが、10回くらい再起動掛けても起動率0%。
「ヒートシンクから剥す時、勢い余ってCPUをゴミ箱に落としたのがダメだったか・・・」となど考えつつ
もう一度、CPUを付け直して・・・、起動・・・せんし。あー、ただの箱になったか・・・と眺めていると、ヒート
シンクの押さえレバーが解除になっていたので、ロックして電源On・・・。

 普通に起動しました。うーマンダム。

 まぁ、とりあえず動いたので、事なきを得ましたが・・・。
P4-3GHzってこんなに、放熱シビアなんでしょうか。接触が悪かった?・・・原因はよく分かりませんが
「ペン4」・・・甘く見ていました。

今は「初期状態」のカッコになってます。
もっと、掃除してやろうと思ったのが、そもそもの間違いでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR