アクアリストなら・・・。

 今日は、ちょっぴり、ややマニアックな話題ですが、アクアリストと言わずとも、メダカや金魚やタイリクバラタナゴを飼っていると、必ず定期的に発生する作業が「水換え」です。

 始めのうちは、そうでもないですが私的にはだんだん、めんどくさくなってきます。水槽に入っている魚の数や大きさと比例して、水質の悪化するスピードは上がる傾向にあります。飼い始めの頃は調子に乗って!?次から次へと魚を買っては水槽に入れてましたが、90cmの水槽ともなると3分の1の水替えでもバケツ4~5杯分くらいになり、最近では水換えが非常にめんどくさいので、長期間水質維持出来やすい水草メインの水槽になっていますが、なぜかレモンテトラが購入時の1.5倍くらいの数になってきているので、若干バランスが崩れかけています。

 で、度々、水替え不要の夢の循環システムが出来ないか?・・・という衝動に駆られるのですが、いつも頓挫する最大の障壁が「脱窒」です・・・いわゆる硝酸塩を分解して窒素ガスにして放出てなことです。通常のろ過装置では、好気条件で活動する硝酸菌や亜硝酸菌により、魚の排泄物など→アンモニア→亜硝酸塩→硝酸塩・・・までは、まぁ分解されるのですが、硝酸塩なんかが溜まってくると、pHが酸性に傾いたり、なんなりと、環境が悪化してくるらしいんですね。

 では、硝酸塩はどう分解されてんの?って調べてみますと、前述のように最終的には窒素ガスになるんですが、この反応が嫌気性条件下で硝酸還元菌が硝酸塩を還元反応?で窒素ガスにするみたいです。その嫌気環境のバランスが難しいようで、下手するとメタンガスが出来たり(まぁ、どぶ川みたいなイメージですかね)するので、そうなると魚にとっては瞬殺レベルになりかねない危険性があったりします。さらにしつこく調べてみますと、その還元反応の状態を測定するにはORP計が必要なようで、酸化還元電位を測定するしか確認方法がないようなことだったりします。

 ・・・と考えてみますと、想定される機材、危険性、管理能力等を考えれば、スタート地点の「素直にせっせと水を換える」に戻ってきます・・・。まぁ、シンプルに考えると、そら毎日エサと言う物質を水槽内に入れていけば、何らかの形で別の物質が溜まっていくわなと分かるのですが、もっとシンプルに硝酸塩が除去できればな・・・と思う今日この頃です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR