もうすぐシーズン・・・だけど、チューブじゃないよ。

 あぁ、もうぼちぼちと梅雨明けるのかな?的な感じになって参りましたが、だいぶ以前にいつもの如く、朝に某NHKラジオの関西ローカルのお天気コーナーを聴いていますと、気象協会の人が「今日はあいにく、どんよりとした曇り空が続くと予想されます・・・」と台本通りみたいな事でしたが、通常は一言二言しか言わないアナウンサーが唐突に「○○さん、最近ご結婚されたとか?」というと、その気象協会の人が「今日の天気は曇りですが、私の心は晴れ模様です・・・。」とおもむろに言ったので、吉本新喜劇ばりのオーバーリアクションでラジオの前でズッコケた記憶が、ふと蘇って来ました・・・。

 まぁ、いつもの如くの前置きはこれくらいに致しまして本題でございますが、私的には太陽発電暦は10年くらいですが、発電量は僅か400W程度です・・・。シンプルな計算で白熱電球4個分くらいです。ですので、設置当初は期待してそれなりに家の電気をまかなえるかな!と思ったんですが、世の中そんなに甘くもなく、雨の日は殆ど発電もせず、まともに発電しているのは、まあ真夏の昼間くらいなモンです。ですので、ニッケル水素の充電池を充電するか、真夏のマックス発電タイムに多少何かに使うかレベルです。
 
 一応、太陽パネルで発電する直流を通常の家庭製品に使用できる交流に変換するインバーターはあるので、マックス発電タイムには、各水槽の冷却の為にちゃっちい扇風機を回しているぐらいです。発電量的に数百Wだと、充電池充電には大き過ぎ、家庭用電源では貧弱過ぎ・・・とかなり中途半端な感じです。それと、仕様の発電力はあくまで理論値に近い?値な上に、常に快晴な訳もなく、能力の発揮度合いも安定性がありません・・・設置者と同じなんで良いんですがね!(笑)
 インバーターが安モンなので交流波形がええかげんかして、ワットモニターを付けると中のコイルかなんかが「ジー」と共振した感じに泣いてマス。
hatuden1407153.jpg 真夏の昼は30度オーバーなのでスズメの涙ほどのクリーンエネルギーにて冷却。
hatuden1407152.jpg熱帯魚のくせに冷却しないといけないので、排気熱を逃がすための扇風機もクリーンエネルギー・・・なんか方向性が違っているような気もしなくもないですが・・・。
hatuden1407154.jpg
通常は、ニッケル水素の乾電池を充電しているレベルの太陽光発電。コンセント右は、ファンのタイマー。ファン稼動は発電量的に夏場の昼間限定なので・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR