「きつねのえふで」だそうです。

 あぁ、私的には待ちに待った4年ぶりのW杯サッカーな、はずですが、いまいちテンション上がりませんね。初戦は、ドログバの偉大さを思い知らされたと思った時には逆転されてたと言う感じですかね。コロンビアの選手と言えば、昔ですがバルデラマとイギータしか知りませんね。イギータは外見も怪しげでしたが、何と言っても攻撃的過ぎるキーパーってのが、見てて面白かったですね、「おいおい、どこまで攻め上がるねん!」とテレビに突っ込みを入れたくなるような、攻めっぷり。なんかゴールエリア内にあまりいなかった記憶があります・・・。もはや私的、今大会の注目は「岡ちゃん」の名解説を聞くぐらいですかねぇ・・・。

 話し変わりまして、本日の本題はやや「レア」なネタです。が、少しマイナーな分野なので、「あ、そう。」で終わりそうな感じです。まぁ、何かっちゅうますと、早い話、家庭菜園を耕していたら、卵見たいのを掘り起こし、気持ち悪いので埋め戻したら、次の日にへんなキノコが生えてたよ・・・ってな話です。

 あまりに、キノコ類というのは分かりますが変な「フォルム」なので、新種か?毒キノコ?超レア種?っと思い調べてみますとすんなりヒットしましたので、ありふれた?キノコのようです。スッポンタケ科のキツネノロウソク属の「きつねのえふで」だそうです。前日に掘り返したのはその菌糸の塊みたいなもんだったんでしょうね。

 その晩、見てみるとナメクジに喰われてポッキリ折れていたので、毒キノコではなさそうな感じですが、生えててもテンション上がるようなキノコではありません。 

kitune1406172.jpg 意外と重量感があり、気持ち悪いので埋め戻し・・・。

kitune1406171.jpg 出てきたキノコもビミョーなお姿。「きつねのえふで」といふそうな。

 生野区の花「あじさい」。でも区内で「あじさい」はあまり見かけませんなぁ・・・。

inu1204.jpg 犬曰く『今年は「ころたん(R)」だけ生育がかなり悪いので、飼い主のテンションは↓↓です。』
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR