イチローのローにこだわる。

 イチローが日米通算4000本安打達成ということで、お祝い申し上げます。

 まぁ、どうでもええ話ですが、イチローはichiroで、「一朗」なんですね。チチローは知りませんが。
「いちろう」は通常「一郎」が殆どですが、まれに「一朗」がいるんですね(笑)。「一郎」も「一朗」も一緒やんと思われますが、本人にとっては明確に違う訳なんですね。

 有名人での「一朗」は、かつては「富永一朗」しか思い浮かばなかったのですが、イチロー=鈴木一朗さんの登場により、若干ながら「一朗の印象度」が上がった!?かもしれません・・・。でも、「いちろう」の字は「鈴木一朗」の「一朗」ですと言えればいいんですが、そういうとマニアックな野球ファン以外は「イチロー」になってしまいそうな感じですが、「富永一朗の一朗です」よりかは確率的にマシかもしれません・・・。

 ちなみに、あの有名な富永一朗をご存じない世代が、徐々に増してきているようなので補足説明しておきますと、私も詳しくは知りません!?が、漫画家です、・・・だったと思います。なんといっても『お笑いマンガ道場』と言えば、富永一朗さんの「2コマ」作品は外せないでしょう、あとはスズキヨシジさんへの「土管ネタ」ですかね。しかしながら、画風は記憶にありますが内容は全く記憶に残っていません・・・。マンガ道場は、柏村タケアキさんの司会で、車だん吉さんとか川島なおみさんとかが出てたんですがね、クイズ面白ゼミナールみたいに復活しないですかね・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR