なんか色々と・・・保存缶。

 まぁ、震災直後に個人レベルで「防災グッズ」に目覚めてしまい、レアアイテムを見つけるとついつい買ってしまいましたが、「のどもと過ぎれば・・・」で、やや下火になってきています。・・・でも「こてんぐのおでん缶」はまだ「ロックオン」中です・・・。

 最近は「保存缶」と呼ばれるものが結構ありますが、保存可能な期間はだいたい3~5年が多い感じです。ビスコとグリコキャラメルは、早々に買ったのですが、確か保存可能なのが4年くらいだったので、ぼちぼち「消化」を考えていく必要が出てきました。4年経過後にそれぞれ「20缶分」のビスコとキャラメルを数日で食べ切る自身は私にはありませんので・・・。その他、今後「おでん缶」を買った場合も、消化計画を策定しておく必要があり、下手をするとしばらく毎食「おでん」になりかねません。で、その他にも色々あるようで、チキンラーメンやカップヌードルの「保存缶」もあったりするようです。

 でも、通常品の保存缶バージョン品の場合、やや割高な場合が多いので、通常品を定期更新と保存缶のどちらがトータル的に良いのか、ちょっと考えてみるのもいいかもしれません。

 あと、スイスの民間防衛っていう本なんかを読んでますと、砂糖や小麦粉などの食料品は常に何個か在庫で持っておいて、古いのを1個使ったら、新しく1個買う・・・てな感じで、常に在庫を持ちつつ、古くなり過ぎる前に消費するというようなことがのってました。

 まぁ、そういう点では蛇足ですが、製造業において完成品にしろ、仕掛品、材料も「在庫」って悪く見られますが、一方で危機管理という点では、材料の確保(・・・まぁすなわち在庫)ってのもある程度は最低限度で必要な気がします・・・。結局「ある」「ない」というように両極端の方が見た目も効果も明快ですが、総合的に考えるとバランスをとって「あいだ」が良いんと思うんですが、まぁそうもいかない様で・・・なかなか難しいもんだなと思う今日この頃であります。

inu120702.jpg 犬曰く「今年はGWに4年に1度の『食博』がインテックスであります。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR