パニアケースの取付金具の取付

 最近、バイクを買った訳ですが・・・といっても7月末納車ですが、未だに慣らし運転を終了していないと言うかなりだらけた一応自称「ライダー」です・・・。直前まで乗っていたバイクは自転車です、今でも雨の日は乗ってます。

 走行距離が増えない割には、ひっつくパーツ類は増えております。純正のカバー類は早々に装着完了しています。なので、「1/1プラモデルか!」と自分でツッコミを入れている今日この頃であります。

 で、このバイクはご承知の通り「versys650」(ヴェルシス)と言うのですが、いわゆる逆輸入車ですが、特に入荷量が少ないらしく、珍しいバイクの部類に入ると言うことをショップに行くまで知りませんでした。

 まぁ、この時代、疑問点があればネットでググれば、ある程度は解決しますが、やはり予想どおりこのバイクの情報は他に比べると少ないです。今回、パニアケースの購入に際しても検索してみましたが、的確なものには当りませんでした。ですんで、ネット上での情報量を増やす為!?に適当に写真を上げときます。

 私の場合は、GIVI(ジビ)社製にしました。購入は日本語可の某ヨーロッパのダイレクトなネットショップです。発注後1ヶ月くらいで到着。サイドケースを2個同時に買うとキーが同じで、もうひとつキーが付いていましたので、トップケースに付ければ3つのケースを1つのキーで操作可能となりました。(他のケース場合は知りませんのであしからず。)金具取付で一番面倒なのは、ウインカーの移設でした。それと6角はインチタイプだと思います。

pania2.jpg (左)計3個口。(右)つける前(まだ、明るい)

pania3.jpg pania4.jpg pania5.jpg 
トップケースの取付金具とベース。
GIVI本国のHPには、各パーツの取説がPDFで上がってますので参考になると思います。
pania6.jpg pania7.jpg
トップのステーに入っている、プレートはサイドのステーにも兼用します。
故にサイドのみの場合は+なんちゃらKITが必要だと思われ。
(左)プレートを変えた状態。(右)トップのステー取付完了。

pania8.jpg pania9.jpg fullpania121120.jpg
サイドは、ウインカーの移設が殆ど。
あとは、ステーを取り付ける時に穴位置が微妙にずれてるので、また緩めて微調整。
(右)完成後ケース付けましたが、箱が大き過ぎたような・・・。(周り真っ暗)
・・・気のせいか、ケースの重みで足付きが若干改善したような・・・。<個人の感想です>

*上記は素人のやっつけ作業ですので、その点考慮してご覧ください・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR