ぼちぼちと・・・。

 昨年、大阪では東京ほど「電力不足感」はありませんでしたが、今年は「計画停電」やら「電力使用制限令」とかやや不穏なフレーズが聞こえてくる様になりました・・・。

 まぁ、去年の夏もそうですがポイントは「冷房(冷却)」の部分になると思いますが、「どこまで耐えないといけないか」と「どこまでなら使って良いのか」というところがビミョーに不明瞭です。やや「精神論」的なことでしたが、それでも去年は震災直後でより節電意識も高く『心頭滅却すれば火もまた涼し!』的に相当気合入っていましたが、TVなんかで「熱中症にならない程度に節電してね」みたいなことを言われて、「なら、テレビ消す!」と冷房を控えていたせいでヒートアップしていた時期はあったような気がします。

 「精神論」的と言えば「ソーラー発電」も若干そんなところがあるような気がします。私の場合、導入が「中途半端」で発電&蓄電能力がなさ過ぎるのに原因があるのですが、先日も水耕栽培のポンプをソーラー発電で充電したバッテリーで駆動していると、真夜中に電圧低下アラームで「ピーピー!」っと叩き起こされました・・・。通常なら、夜中にバッテリーの電気を使用しても昼間にソーラー発電から充電して回復・・・というはずですが、その時は数日前から、雨&くもりで昼間に「貯金」出来なかったようです。ちっちゃいポンプひとつでこれですから、それも自然相手のことですので、安定して運用するにはかなり工夫がいる感じはします。

 でも、この昨今の「節電」について言えば、夏の電力需要ピークは13~15時頃、ソーラー発電の発電ピークも近い時間帯にあると思いますので、電力需要ピークを補うには適していると素人ながら思うんですがね・・・。それに、発電量が大幅に低下する「雨・曇り」の時は気温自体も低い傾向にあるので、「冷房」の需要も若干抑制されるのではないかなと思います。まぁ、当分はそういう「クリーンエネルギー重視」な流れにはならないでしょうけどね。


wattp.jpg 去年は言うほど活躍しなかった「ワットモニター」

犬、水を飲みながら思ひて曰く「今年の夏は暑いんですかねぇ。太陽活動が極小期に入れば地球は寒冷化するらしいけど、そうなると地球温暖化と相殺されないんですかね。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR