まぁ、いつものことですが。

 早いもので、もう明日から3月ですか。三寒四温と言いますか、暖かくなったり、寒くなったりと日によって春と冬の日がありますので、体調の変化にお気をつけくださいませ・・・というところでしょうか。

 2月の中旬あたりはインフルエンザも流行っていたみたいで、多分私も掛かりました。週末、夜中に強烈な悪寒で目が覚め、しばらくすると熱は出だすわ、節々痛いわで、日曜はご飯も食べず背中にカイロ2つ貼って、水分補給だけで推定30時間くらい寝ていましたら、熱は下がりました。Max.38.8℃くらい出ましたが、38度越えると頭がややおかしくなりますね。高熱が出るとホント体力消耗します。

 で、今日の本題は、車のバッテリーなんですが、マイカーのバッテリーがいわゆる「上がりかけ」です。この前、エンジンを始動させるとセルモーターの駆動が「フニャン、フにゃ~ん、フニャン」状態で、何とかエンジンは掛かりましたが、バッテリー交換が時間の問題となってしまいました。自慢じゃないですが、前の車は14年で13000kmぐらいしか走っていないくらい「クルマ乗らない人」ですので、何でクルマ持ってんねん状態なので、3、4回はバッテリー換えましたね。周りにこの記録(14年で13000km)を抜いた人はまだいません。

 でも、今回のクルマは自分では「乗っている」つもりですが、今のところ4年で6000kmくらいです・・・。なので、バッテリー上がりには慣れていますので、今回もどうってことはないんですが、やっぱり冷え込むとバッテリーの活性が下がると言いますか、消耗が大きいみたいで、大概は冬に上がりますね。

 ちなみに、クルマのバッテリーは鉛蓄電池で、ハイブリッドカーはニッケル-水素みたいですが、鉛蓄電池は放電深度が浅いので、ずどーんとイッキに電気を使ってしまうと充電しても100%には戻らないみたいです。それに経年劣化がプラスされ、充電しても徐々に容量的に下がってくるみたいです。その上、エンジン始動時のセルモーターは結構電気を喰うみたいなので、ある程度バッテリーがへたってくるとエンジンを始動させるのがしんどくなってくるようです。まぁ、私みたいに、ずーと置きっ放しでも自己放電もあるかして、消耗してきます。ですので、日常的にクルマを運転して、満充電に近い状態のところで、維持するのが良いみたいですね。

 鉛蓄電池の場合は、バッテリー充電容量と電圧が比例関係にあるらしいので、「電圧が下がっている=バッテリーが消耗している」てなことが分かるようです。普通のクルマは12Vのバッテリーを積んでいますが、エンジンを始動すると発電機(オルタネーター)も始動し充電状態になるので、だいたいエンジンが掛かっている時の電圧は14.4Vくらいになります。ちなみに、放電深度の深い(放電にやや強い)バッテリーもあり、ディープサイクルバッテリーといわれ、電動フォークリフトや小規模ソーラー発電の蓄電池に用いられます。ちなみに、私は105Ahを4つ持ってます・・・。

 そこまで、分かってて、尚且つバッテリーも持っているのに何故バッテリーを上がらせているか・・・?、充電するのがめんどくさいからです・・・。

inu0516.jpg 犬曰く『飼い主はスマフォを持っていないのに、モバイルバッテリーを3,4個持っていて「これ、iphone2回充電出来るねん!」と喜んでいます・・・。頭のバッテリーが放電しきっていると思います。』
スポンサーサイト

白にんじん・・・。

 「どこでやってるの?」「ソッチで・・・。」てな感じで、冬のオリンピックもしらんまに無事終了したようですが、中継が真夜中なのでファンの人はさぞかし大変だったことでしょう・・・と他人事的に思っております。

 基本的にウインタースポーツとは無縁ですのであんまり興味はないんですが、後ろ向きに滑ってそのままジャンプするのは、すごいな・・・と思いました。

 話変わって、今の時期、家庭菜園はオフシーズンなのですが、ダイコンだけ試験的に植えています。植木鉢に3株植えている時点で終わっているのですが、案の定「にんじん」くらいにしかなっていません。もうすこしで収穫ですが、どう食べるかが、ある意味問題です・・・。

 しかし、シーズンインしますと土や肥料などの資材を買いに行ったら、冬眠から覚めた!?家庭菜園者、それプラス新生活開始の人達でホームセンターは結構混雑していますので、寒くて人のまばらな内に調達しておくのが、年中行事のひとつになっております。

 まぁ、しかし何ですね、久々にホームセンターに行って商品を見ていますと、円安の影響か、中国の人件費上昇かは知りませんが、以前ほどの割安感がしなくなったような気がしなくもないです。

 植えて間もない頃の「白にんじん」、ダイコンとも言います(笑)
inu0516.jpg 犬曰く『↑・・・と言いつつも、要りもしないLEDセンサーライトを買って来た人がうちに約1名おります。』

まぁ、いずれ行くのは「天国」の方ですがね。

 先日、半分冗談企画で「弾丸フェリー(R)」を利用して、別府へ行って来た訳でありますが、「別府観光」と言えば、ベタ中のベタ、大阪観光で言えば「通天閣」か「グリコの看板」ぐらいのベタ級スポット、べっぷド定番であります「地獄めぐり」をしてきた訳であります。

 今回は約30年ぶりの「地獄」訪問ですが、日常的にちょいちょい「地獄的」な雰囲気を味わっていますので、あまりスポット的には新鮮味はありませんでしたが、私的には「天国」に将来的には行く予定ですので!?残念ながらこの世でしか「地獄めぐり」が出来ないのであります・・・。

 で、正味の話は30年前とあまり変わらず・・・と言いますか、各地獄にノスタルジーを感じる・・・と言いますか、「あぁ地獄の世界にも格差社会の波が!!?」的な、地獄間での設備的格差などが随所に垣間見られ、私的には非常に赴き深いものがありましたねぇ。
 ちなみに、各地獄は400円、8箇所セット券は2000円ですが探せば10%割引券がところどころにあります。
 wani20140215.jpg
 まずは「鬼山地獄」の手作り感あふれる赤鬼さんがお出迎え。2代目イチロウはピクリとも動かず。1代目イチロウさんは展示室で剥製になっておられます。名前は漫画家の「富永一朗」氏が由来とか。 
yama20140215.jpg kaba20140215.jpg
 地獄というより動物園的要素満載な山地獄、カバの昭平くんにゼミ旅行の学生さんたちがエサ(100円)をやるのは良いんですが、向こうに投げるので食べるのに必死な昭平君のケツしか見れませんでした。
siraike20140215.jpg piraruku20140215.jpg
 こちらも70年代くらいにタイムスリップしたかのような地獄。今となってはあまり珍しくない熱帯魚が数種類おります。なかなか、こんな看板は都会では見られません!?
kamado20140215.jpg
 まぁ、ややベタな感じの地獄です。各番地に地獄があります。写真は2丁目。
umi20140215.jpg
 やっぱり「メジャー地獄」は門構えから違います。「マイナー地獄」から見て行くと「地獄」も格差社会であることが分かります・・・。
bouzu20140215.jpg
 メジャー地獄の海地獄に隣接しているだけに、準メジャー級地獄といったところでしょうか。しかし、地獄入口手前にある売店の「地獄蒸し寿司」は1000円で蒸すのに15分掛かりますが、おいしいです、地獄の中の仏です。
tinoike20140215.jpg nankou20140215.jpg
 こちらも「メジャー地獄」なので、地獄の出入り口はなんと自動ドア。地獄といえども近代化です。定番の「軟膏」。メジャー地獄は売店も充実。でも、軟膏はなぜか別の小屋で売ってます・・・医薬品だから??。
tatumaki20140215.jpg
 血の池に隣接の「竜巻地獄」。所謂、間欠泉のようですが、天井があるので熱湯が吹き上がる豪快な地獄さがない上に30~40分間隔らしいので、出てない場合は他ツツジしかない様なので、ある意味「地獄」です。

 感想としましては、やっぱり「地獄めぐり」はメジャー地獄だけでなく「オール地獄めぐり」した方が「地獄の沙汰も金次第・・・」と言うことが分かってよいと思います。私的にはマイナー地獄の方が、いろんな意味で地獄に近い感じがして雰囲気的な地獄感に大満足です!(笑)

今年の研究テーマ<その2>「弾丸フェリー(R)」。

 まぁ、めっきに関する話題がなくなり、主旨から逸脱甚だしい当ブログでございますが、まだ当分軌道修正出来そうにありません・・・(笑)

 で今回は、今年の研究テーマの一つ目「断熱」は保温調理鍋を買って、2,3料理したのでもう飽きました・・・ということで、2つ目のテーマ「弾丸フェリー(R)」につきまして、ちょっと調べて見た訳であります。

 「弾丸フェリー(R)」とは、要約すると「さんふらわあ」で格安0泊3日?旅・・・らしいです。大阪~別府航路はツーリスト(雑魚寝)で1人往復1万円(時期による)なので、かなりお安く別府へ行けるということです。(詳しくはさんふらわあのHPをみてください。)晩に乗船して次の朝着いて、その日の晩にまた乗船して次の日の朝帰ってくるということです。

 また、「雑魚寝」オンリーだけではなく、当然料金はアップしますがクルマやバイクの有無、部屋のグレードも選べるみたいです。・・・ということで、これは失敗してもダメージが小さそうなので「なかなか「弾丸フェリー(R)」はおもしろそうだな」と考えていた訳であります。

 まぁ、いつもの事で前置きが長くなりましたが、「弾丸フェリー(R)」発見から約2~3週間、半ば冗談で!?行ってみた訳であります・・・。 

まずは、ダイジェスト版・・・。
 南港ATCに乗り場があります。金曜晩20時ちょい前に出航。
dangan1402102.jpg 出航1時間くらいで明石大橋通過。瀬戸内を通るのであまり揺れません。
dangan1402103.jpg なんやかんやで、翌朝7:35ごろ別府に到着。
dangan1402104.jpg はーい、ホントに別府来ましたよ。夕方まで別府観光。
dangan1402105.jpg で、なんやかんやで夕方に乗り場に戻ってきます。
dangan1402106.jpg 翌朝7:35ごろに南港着。

youmetownbeppu.jpg お約束の「ゆめタウン別府」は「竹瓦温泉」のすぐそば。

「断熱」?ほぉ~ん(保温)・・・。

 まぁ、出だしから軽くスベッたところですが、今年の研究テーマ!?保温キッチングッズの第一弾としまして、先日「保温調理鍋」を買ったところですが、早くも第2弾でステンレス保温カップを4つばかり注文しました・・・。

 先日の保温調理鍋は、買う前から「そんなアホなもん買うて、どこ置くのん!邪魔なるのにぃ!!」的な罵倒を家人から浴びせられつつも無視して購入した訳でありますが、初回調理の「ビーフシチュー」に続き「ぜんざい」を作った段階で、その家人は何をぬかすかと思いきや「これ、おいしくできるし便利やね・・・」と、ベタなコントなら全員コケるくらいな、手のひらの返し様に、改めて関心していた訳であります・・・。

 で、ここは間髪入れずに第2弾を購入しておかねば、またグダグダ言われるし、「じゃぁいつ買うか」「今でしょ」と言う訳で保温カップを1種類づつ注文した訳であります。でも、もう第3弾も目星付いているんですがね、水筒より口のでかい、あのスープ入れるタイプのやつですわ、あれも良さげですよね・・・。あとサーモスの燻製を保温してする鍋も、マークしているんですがね。

 ・・・と、まぁ研究と言うよりか、収集癖がまた出て来ただけなような気がする今日この頃であります。

nabe1401282.jpg
 「ほぉーん(保温)と中々納得の、保温鍋」・・・第2弾、第3弾も。
inu0516.jpg
 犬曰く『飼い主は熱しやすく冷め易いの典型例ですので、「あなたこそ保温が必要なのでは?」と思う今日この頃です(爆)・・・おあとがよろしいようで』
 
プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR