来年もよろしくお願いします。

 今年もお世話になりありがとうございました。
 来年もよろしくお願い申し上げます。

 ・・・と言う訳で、年末年始休業中ですが一応残務処理&掃除の残りの関係で会社に出てきていますが、仕事終わったらオススメされた冬用のライディングウエアーを買いに行こうと思ってたんですがね!!・・・ネットで確認したら年内営業29日まででした・・・。

 来年は「馬年」と言うことなので、新年の挨拶的に「今年はウマくいく」ってのが、あちこちで聞かれると思われます(笑)。あとは「天馬の如く飛躍する年」とか「犬馬の労を厭わず頑張りマス!」ですかね。ちなみに私は「馬なり」ですが・・・。

 inu0516.jpg
 犬曰く『来年は、犬馬の労を厭わず頑張って天馬の如く飛躍するようなウマくいく年になればいいんですがね・・・。』
スポンサーサイト

備えあれば・・・ですが。

 昼休み、パ-トのおじさんに「有馬記念どないでした?」と伺ったところ「あきませんでした。」と言う回答で、「あぁ、残念でしたねぇー」と言いつつ、内心「あなたもわたしと同じですね・・・フフフ」とほくそえんでいた、今日この頃であります・・・。

 話変わって『備えあれば憂い無し』と言いますが、地震等の自然災害に対してもそれなりの対策は必要な訳ですが、『喉元過ぎれば・・・』で徐々に危機意識も薄らいでいく感じがします。それに「どこまで備えるか」というのも難しいところで、極端なところ「核シェルターも、いるんかいな?」って話にはなりませんが、この辺もちょっと難しいところです。

 私の場合は、「防災」という大義名分の下にちょっとレアなアイテムがあれば買っちゃう訳ですが、先日も「サバイバルキット」と「防風マッチ」を買っちゃった訳であります・・・。

 サバイバルキットは「サバイバルの本」を読んでいると随所に出てくるので欲しくなったりしますが、冷静に考えれば本に出てくるようなシチュエーションは、まぁないでしょうし、あったとしても私の場合には「無理」です。・・・海で漂流とか・・・、サメに遭遇した時とか、砂漠とか雪山とか・・・。なので、「備えあれば」ですが「備えて君どこ行くねん・・・。」と自分にツっ込んでいる、今日この頃であります。

 ややチープ感漂う「サバイバルキット」、ホンマに使えるのかな?・・・でも、実際に使う状況下には陥りたくはありませんが。
machi131226.jpg 水に漬けても消えないらしい・・・マッチ。考えてみると100円ライター10個買えますね・・・。
inu0516.jpg 犬曰く『あぁ、また大掃除の時期ですね・・・。』

今年もやっぱり高かったカレンダー。

 まぁ、有馬記念はやはり「格」が違いましたね、オルフェーヴル。8馬身差ですか、通常は強豪揃いの有馬では付きにくい着差ですが、今回は「良い意味」で「やらかした」という感じですかね。

 当然、オルフェーヴル隠れファンとしましては、カレンダーを買いにいったついでに応援馬券を買いましたが、例年の如く「高額カレンダー」になりましたね。・・・言い訳ですが、3着のゴールドシップも父:ステイゴールドと母父:メジロマックイーンで同配合なんで、これは同配合ワンツーだなと思って買い目を絞り込んだんですがね。・・・これも言い訳ですが、ゴールドシップは前走JCこそ惨敗ですが、前回の有馬を勝ってますからね、ついでにブリンカー(遮眼革)装着して、騎手もライアン・ムーアが騎乗で、変わり身を見せ復活すると思ったんですがね。2着には来ると思ったんですがね・・・。で、ついでに名ステイヤーメジロマックイーン応援馬券!?で母父メジロマックイーンの人気薄の馬とで3連複買ったら「1,3,4着」でした。

 土曜の昼に競馬新聞を買いますと、「通常」は当日のレースの新聞なのですが、土曜の草レースを買おうとモニターを眺めてますと馬名が新聞と一致しない・・・、どうやら日曜の新聞を早くも置いていたようで、それを買ったみたいですね。しかたないので1レースだけパドックのみで馬券を買いましたが、5頭選んで・・・見事「1,3,4着」で不吉な予感はしていたんですがね・・・。

 でも、オルフェーブル引退記念馬券で買った単勝100円の馬券は当り!?ましたが、記念馬券なので払い戻しはしませんが、配当は160円。・・・60円勝ちました!?・・・と、ぼやきつつ今年も暮れて行く今日この頃であります。

inu1204.jpg 犬曰く『有馬記念はクリスマス前後なので、毎年1,2着に来なかった馬を眺めつつ、飼い主の頭の中では山下達郎の♪きっと、きみはこな~い♪のフレーズがエンドレスで流れております・・・。一番硬い馬券は、「地道に働く」ことです。(笑)』

satouni131224.jpg こちらは何の脈絡もなく、先日収穫した金時しょうがの「砂糖煮」です、ジンジャー辛くて1つづつしか食べれません。

最後まで・・・。

 今日はみぞれ混じりの雨模様で、お寒い一日でした。ローカルネタ的には最近チョーホットな話題が飛び込んできたりして若干、盛り上がり感のある今日この頃ですが、何の話題かはナイショですというか、エリア限定なのでちょっと説明し難いです・・・。

 それより、より一層寒さが増す話題としましては、今年の有馬記念、エイシンフラッシュも引退なので最後ぐらいはオルフェーヴルとの「お疲れさん馬券」でも購入して応援しようかと思ったんですが、脚元不安で有馬出ずに引退らしいですね。先日、期待を込めて書いた次の日に発表されてました・・・。まぁ、とりあえず馬券的相性は真逆で最悪だったので、私にとっては最後の最後まで疎遠なお馬さんとなりました。・・・ひそやかに応援はしていたんですがね。

 さぁ、今年の仕事(本業)も来週を残すのみとなりましたが、大晦日は紅白も誰が誰か分からないし!?、「行く年来る年」を見て、続いて、参加している熟年世代がいつも妙にハイテンションな「生さだ」でも見ようかなと思っている今日この頃であります・・・。

 で、最近PCモニターに映る「白い猫」を見ると「水色の猫」に見えるので、「あぁ仕事のし過ぎで、疲れ目かな」と真剣に考えていたんですが、その他画面上の「白のウィンドウ」も「水色のウィンドウ」になっている上に、手元にあるA4のコピー用紙を見ると「まっしろ」だったので、モニターが不調だったのに気付くにはそう時間は掛かりませんでした・・・。

inu1.jpg 犬曰く『こいつのしょうもないオチより、バケツの中見ている方が面白いかも。』

 

 

まさに「大王」。

 なんか、鳥羽水族館で5年くらい餌を食べていない「ダイオウグソクムシ」がいるみたいですね。
 まぁ、絶食6年目を記念してネットで生中継するとか何とか・・・らしいですが、大したニュースではありませんが、なんと言っても「ダイオウグソクムシ」のフォルムが凄いですね・・・。

 どう凄いかって「巨大タイノエ」みたいな姿なので、好き嫌いがはっきり分かれるところです。まぁ、嫌いな人の方が断然多そうですが。大きさはMax.50cmくらいになるらしく、タイノエなんかせいぜい3~4cmくらいので、まさに「大王」の風格です・・・。まぁ、海底の巨大ダンゴ虫のような感じもしますけど。

 一方、有馬記念も気になるところですが、エイシンフラッシュとミルコ・デムーロ騎手と言えば、昨年の秋の天皇賞で勝った時、下馬して片ひざついて陛下に「ご挨拶?」したのが、さりげなくカッコ良かったので、気になるところです。エイシンフラッシュは、何となくピークを越しているのと、若干距離が長いような気もしますが、デムーロは去年の有馬記念は尿管結石で出られなかったらしいので、気合は入ってる様な気がします・・・。でも、エイシンフラッシュは、私が馬券買わない時は来て、買った時は来ないので、相性的に真逆なので今回も私が買ったら多分来ないと思います・・・(笑)。

tainoe0501.jpg こちらはお馴染み!?の「タイノエ」。グソクムシと同じ仲間なんですかね。

inu1204.jpg 犬曰く『今はテンション上がってますが、レース後は非常におとなしくなっていると思います。』

「大人買い」のその後。

 「競馬ネタ」「競馬ネタ」ときまして、有馬ウィークなので、またもや「競馬ネタ」と思いきや!、今日は「防災ネタ」です。

 震災直後は「こりゃあかん」ということで、防災グッズを色々と買った訳ですが、一番肝心な家の耐震性がビミョーなので、いざと言う時防災グッズが役に立つかどうかは不明なところです・・・。

 というか、若干「収集癖」がございますので、とりあえずテキトーに見つけ次第買っちゃう訳です。でも、高ければそこは冷静になり買いませんが・・・。その中でグリコの保存缶「ビスコ」&「キャラメル」を20缶ずつ「大人買い?」してあったんですが、保存期間がビスコは4年で、キャラメルの保存期間が3年ということなので、先日確認してみますと、キャラメルが来年の12月までだったので、買って以来長らく「放置」状態だったのを開封しました。

 まぁ、キャラメルはさすがに20缶をすぐに食べきる自信がなかったので、約一年前の今からボチボチ消化していこうかと、とりあえず1缶開けただけで食卓の上に置いてあったんですが、半日後に1つ食べようかとフタを開けると、もう半分ありませんでした・・・。ちなみに、先日の「ねずみ」にやられた訳ではありません。

 とりあえず、この調子なので自分で食べきる必要があまり無さそうなので、ちょっと安心しましたが、20缶もあるので、そのうち家人どもの消費ペースが鈍りはしないかと、その辺がちょっと心配な今日この頃です。たぶん「キャラメル飽きたから、ビスコ開けへんの?」と言いそうですが、その時は「自分で買ってください」と言います・・・。

 外見からは「お菓子」には見えないフォルムなので食べられる心配は小。
glico1312172.jpg ビスコ缶
glico1312174.jpg グリコキャラメル缶
glico1312173.jpg まだ先と思いきや、あと1年。
inu0516.jpg 犬曰く『賞味期限を心配する割には、昨日も2年以上前に買った明太子プリッツ食べてましたけどね。』

また、「高額カレンダー」になるかもね。

 まぁ、今年も早いもので22日は有馬記念ですか。競馬界ではいわゆる年末総決算的なレースな訳であります。
 私の場合は、ここ数年は休業状態ですので、今年も春のGⅠシリーズはお休み、宝塚記念もお休み、夏競馬もお休み、秋のGⅠシリーズもお休みでした。10月くらいに車の定期点検の時間つぶしに1回行きましたね、まぁ「2着3着、1着3着病」全開でしたけどね。でも、パドックだけで買った割には「まぁまぁな出来」と自分では満足してましたが、当らんと意味ないんですがね・・・。

 てな訳ですが、有馬記念だけは一応「ウインズに行く用事」があるので馬券を買うんですね。その「用事」とは来年のカレンダーを買いにウインズの売店に行く訳です。まぁ、ウインズの売店でなくても余裕で売っている・・・というツッコミはあるんですが、ウインズでないとダメなんです・・・別に理由はありませんが。

 「あくまでも」カレンダー購入の「ついで」に有馬記念の馬券を昨日辺りから出走予想馬を確認し、徐々に気合を入れて万全の予想態勢でレース当日まで待てずにイレ込み気味に前日にウインズ突撃しちゃうんですね、たぶん。

 で、今年の有馬はオルフェーヴルのラストランなので、馬券的にはあまり良い思いさせてもらってませんが「栗毛」なので!?一応ファン馬です。まぁ、軸は決まったもんですので、今年はそんなに悩む必要は無さそうですが、ベタな不安点としましては最上級に実績のある馬で種牡馬入りを考えれば、故障のリスクを考えればギリギリには仕上げてこない気がするし、阪神大章典の逸走や菊花賞のゴール直後にジョッキーを振り落としたことを考えますと、最後にまた何かやらかしてくれそうな気がしなくもないです・・・が、オルフェーヴルを軸にします!・・・するでしょう!・・・するかな?。

 ちなみに毎年愛用の「競馬ブックカレンダー」は月めくりの豪華グラビア満載!(当然馬のみ)で、1000円とグラビアアイドルカレンダーと比べると!?ヒジョーにリーズナブルですが、私の場合「なぜか」結果的に「高額なカレンダー」になってしまっています・・・。今年も・・・かな???
 


 しっぽの赤のリボンは「おしゃれ」ではなく、「蹴り癖ありますので注意」ということらしいです。
ちなみに、たてがみの赤のリボンも「おしゃれ」ではなく、「噛み癖あります」だったと思います。

inu0516.jpg
 犬曰く『このオッサンは今では「負け癖」が付いていますが、かつて「栗毛」のマヤノトップガンを追っかけていた時は、菊の2着トウカイパレス、有馬の2着タイキブリザードの人気薄を狙い撃ち出来た時期もありましたっけ。それ以降ドつぼにはまってますが・・・(笑)』

「ねずみ」よりたちが悪い。

 最近、めっきり寒くなりましたが、今日も「めっきネタ」ではありません。まぁ、敢えて言うなら「ぼやきネタ」ですかね。
 自慢じゃないですが、うちの家は木造で相当古いので、たまにネズミが侵入します。約2年前もしばらく天井に居付かれて、その時はWiiの受信コードを3cm刻みくらいに刻み込まれ、台所のガスコンロの点火用のコードも噛み切られました。で、通り道であろうところにねずみ捕りを仕掛けると、その後あっけなく御用となりました。

 で、最近また新手が天井裏に居付いている様で、今回は樹脂製の米びつの上部に穴を開けられました。それから、収納していた安納芋(蜜芋)も2個のうち1個がきれいになくなっていたので、「あぁ、芋もねずみにやられた!」と思っていましたが、こちらは家人Aによる仕業で、焼き芋にして食べたことがのちに判明しました・・・。

 ですので、現在至る所に粘着タイプのネズミ捕りが設置してあるので、ヘタをするとネズミの前に人間が掛かってしまうような、非常にデンジャーな状況となっております。

 その上、昨晩は夜中に突如「ガン!ガン!ガン!」という音に起され、定期的に床下辺りから「ガン!ガン!ガン!」と音がするので寝てられず、ちょうど下であろう台所に降りてみると、ほうきを持った家人Bが「いやぁ、天井裏でねずみが動いている音がしたんで”コツコツ”とつついていたんやけどね。あれ2階まで聞こえてたん?」としらじらしくおっしゃっておられました。・・・あれは明らかに「コツコツ」ではなく「ガン!ガン!ガン!」でしたがね。

 「うちに居るねずみさん、ええ加減もう捕縛されるか、どっか行ってください」と思った今日この頃であります。

inu1204.jpg
犬曰く『ねずみによる影響は「大」ですが、ねずみは「中(ちゅー)」です。お粗末様です。』

タンホイザ死す。

 あぁ、今日も「めっきネタ」ではございませんが、「マチカネタンホイザ」がお亡くなりになられたようですね。
 24歳ですか、まぁ若死にではないですが残念ですね。ご冥福をお祈り致します。

 いやぁ、かつてのマチカネタンホイザファンの1人としましては、思ひ出の馬がまた一頭去ったということで寂しいですね。馬の1歳は人間の4歳らしいので、24歳は人間で言うと100歳近いので仕方ない部分もあると思いますが。

 ちなみにマチカネタンホイザはファンになったはじめの馬なんですが、父はノーザンテースト、母はクリプシー、母の父はアローエクスプレスで母の母がモンタロッチ、母の母の母があの名牝スターロッチなんですね。ですので、いわゆる「母系がスターロッチ系」な血脈なんですね。

 まぁ、タンホイザ自体はそんなに無茶苦茶強い馬ではありませんでしたが、当時長距離のダイヤモンドステークスをレコード勝ちしたので、ステイヤー(長距離を得意とする馬)で通っていましたが、中々勝ちきれず、期待したジャパンカップは発走前に鼻血で発走除外、次の有馬記念は蕁麻疹で出走取り消しというご愛嬌?がありました。

 余談ですが、現役時代の馬主さんだった細川益男さんは枚方のホソカワミクロンの代表者であったことは、結構有名な話です。冠名の「マチカネ」は待兼山が由来とか。

 マチカネタンホイザ号に合掌しまして、本日はおひらきとさせて頂きます・・・。

inu1204.jpg
 犬曰く『馬の顔はどれも同じに見えますが、見慣れるとある程度区別がつくみたいですね。まぁ、関心がないとAKBの人達が皆同じ顔に見えるようなもんですかね。』

散髪屋談議・・・。

 犬の散髪は私がしますが、自分の頭はさすがに近所の散髪屋さんに行く訳であります。で、基本的に散髪屋さんって一見では入りにくかったりするので、生まれてこの方ずーと同じ散髪屋さんです・・・。まぁ、同級生のうちなので、顔を知られているので他に行きにくい・・・ってのも、ないことはないですが。

 で、先日、いつもの如く散髪屋のおっちゃん(マスター?)と雑談している時に、「いやぁ、先日出雲大社に日帰りでいきましてねぇー」ってなことを話していると、「鳥居の形が伊勢神宮と違う」とか、「伊勢神宮と出雲大社どっちが格上?」とかの話になったんですが、鳥居の形が違うと言うのは、その店にあった『神宮』という写真集(ややマニア志向!?)で納得したのですが、格については正確には分からなかったので、帰ってからWikiってみますと・・・、「伊勢神宮」は神社の中でも別格に最高峰らしく、「神宮」と言えば「伊勢神宮」のことらしいですね。「出雲大社」も戦前は「大社」と付くのは「出雲大社」だけだったとか。今は伏見稲荷大社とか春日大社とか住吉大社とかありますけどね・・・、みたいな感じで若干謎が解けました。

 まぁ、出雲大社も相当歴史のありそうな神社なので、イメージ的には伊勢神宮のような神聖さが漂っていると思っていたんですが、行った時期が悪かったかもしれませんが「神頼みしかないご縁がやや遠そうな・・・(ひとり言です)」お嬢様方で溢れかえっていた!?ので、神聖さと言うよりかはやや殺気立ってました・・・。(冗談です)

 izumo131118.jpg
 こちらは出雲大社の鳥居ですが、確かに「伊勢神宮」の鳥居は下段の横棒?(何と言うか分かりません)が突き抜けていませんね。「伊勢神宮」がぶっちぎりで格上な所とは・・・勉強不足ですみません。

inu0516.jpg
犬曰く『みなさん「困った時の神頼み」ですかね、飼い主は来年もまた「伏見稲荷大社」へ商売繁盛を神頼みに行くことでしょう・・・。』

ショウガあるので、しょうがない。

 もう、12月ということで2013年も残り1ヶ月を切った、今日この頃でありますが、きょうも「めっきネタ」ではありません。

 ここ何年かは「ショウガ」を毎年植えている訳ですが、寒くなったので先日収穫をしました。まぁ、ショウガの場合は日当たりがあまり良くなくとも育ち、あまり手間も掛からないので良いのですが、意外と収穫後の保存が難しく、ここ数年ことごとくカビるか干乾びるかのどちらかになるので、栽培した意味が全くない感じなのです・・・。

 ベタにメジャーな品種は嫌なので「金時しょうが」を今年も植えましたが、今年こそはカビさすまいと思っていましたが、早くも収穫2日目でカビが生えかけてきたので、何とか加工してしまおうと思い、約1kgをすべて「砂糖煮」にした訳であります・・・。まぁ、ショウガ1kgってそこそこな量で、それをすべて「砂糖煮」なので、「こんだけ作ってどないするねん」状態です。

 でも、味は食べられないことないですね、しかしショウガ辛いので1かけら単位でしか食べられませんがね。食べ尽くすには2、3年掛かりそうです。副産物の「煮汁」は「ショウガシロップ」で、お湯を入れると「ショウガ湯」になるので、これで今年の冬は安心して!?風邪引き放題なところです・・・。

 ややマニアックな話、「金時しょうが」は他のしょうがに比べややデンプン質(芋っぽい)なので余計に傷みやすいのかもしれませんが、詳しいところは知りません。

 ショウガの葉っぱ
shouga1312032.jpg 左が普通のショウガ、右が金時ショウガ。金時しょうがは小ぶりで表面が赤っぽいです。
shouga1312033.jpg
 下の茶色いのが種ショウガで埋めるとそこから芽が出てショウガが育ちます。種ショウガも食べられるらしいですが、私の場合はいつも気が付けばカビてます。
daikon1312031.jpg
 初栽培の「だいこん」の現在の様子。1鉢に3株も植えている時点でオワッテマス・・・。
inu0516.jpg
 犬曰く『大根はにんじんみたいなのが出来たらええトコでしょうね。』
プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR