♪彗星はー見たこともないけれーど♪

 若干楽しみでありました「アイソン彗星」、消滅してしまったらしいですね。NHKの彗星特番も消滅とか何とか。来週あたりが見頃だったらしいだけに、やや残念なところであります。

 「彗星」と言って思い出すのが、ブルートレインの「彗星」なんですが、旅行で大阪~大分まで乗ったことがあります。でも2005年に廃止になったようですね。同じく旅行で大阪~青森で乗った「日本海」も2012年に定期運行終了らしいですね。ついでに大阪~東京間を走っていた寝台急行の「銀河」も乗ったことがあったりしますが、銀河も姿を消しましたね。わたくし、「鉄ちゃん」ではありませんが、ブルートレインの旅行って良いと思うんですがね。あまり寝心地は良いとは言えませんが、車窓からの夜景と言いますか旅情と言いますか、「ああ旅行しているなぁ感」が良いんですがね。で、同じ車両の半分酔っ払いのオヤジどもの笑い声とかが聞こえて、おもしろかったんですがね。

 まぁ、年々利用者が減少してきたようですが、ある程度は残して欲しい気がします。大学時代に近所の友達の下宿へ遊びに北海道へ行きましたが、往きは敦賀から小樽までフェリーで30時間、帰りは新千歳から関空まで2時間ちょいでしたかね・・・。旅先での時間を優先すれば移動時間は最短の方が良いですが、まぁ旅行っていうのは家を出てから帰ってくるまでと考えれば、目的地までの風景・旅情を楽しむのも良いもんだと思うんですがね。(まぁ、フェリーの場合は360度日本海しか見えませんでしたが。)

 「アイソン彗星」の消滅と消えゆく「ブルートレイン」がちょっと重なった、今日この頃であります。

inu1204.jpg
 犬曰く『↑の人は、旅人のように語っていますが、最近殆ど旅行していません。家人が旅行に行っても留守番です。なぜなら、わたしの世話をしなくちゃならないからです・・・。』
スポンサーサイト

今日は何の日?会社設立記念日。

 すっかり忘れていましたが!?本日は当社の創立?設立記念日なのであります。今年でおかげさまで71歳になります。まぁ、一応記念日ではありますが、会社行事としては何にもありません・・・。今後ともよろしくお願い致します。

 ついでに!?当社会長様も本日お誕生日ですが、本人は娘からの電話ではじめて気が付いたらしいです。たぶん75,6歳です・・・。今晩はお誕生日会されるのですかね!お誕生日ケーキに75、6本ろうそく立てるのですかね!小耳にはさんだ情報では、ローソクは4本ということらしいですけど・・・若干、縁起悪い気もしなくないです。

inu0516.jpg
 犬曰く『会長様のお誕生日ケーキのロウソク、まさか「白」じゃないでしょうね!(爆)・・・ブラックジョークです。』

電子立国日本の介護・・・。

 まぁ、最近はテレビを見ていても、あまり感動することは少なくなっている今日この頃ですが、先日の土曜の晩は、感動と言いますか、複雑な心境と言いますか、「やっぱり、相田ディレクターは凄いわ」と久々に感銘を受けた訳であります・・・。

 どう言う訳かと申しますと、土曜の21時からNHKの番組で相田元ディレクターのお母さんの介護実録と介護現場の現状とか問題点とかを三宅アナとやっていたんですが、はじめは21時になったんでスーパーひとし君の番組を見ようかとチャンネルを替えようと思ったんですが、ふと介護風景のVTRに映っているパンツ一丁のおじさんの姿とその声で「おぉ、相田ディレクター!」ってな感じになった訳です。

 この番組の内容としては、結構キツイ内容で認知症にかかられたお母さんの介護の実録だったんですが、身をもっての体験の中での問題点や状況などを色々語られていました。介護の現状を分かりやすく、庶民目線で解説された「以前の番組」の様な、非常に良い番組だったと思います。

 で、「以前の番組」ってのが、個人的には非常に好きな『電子立国日本の自叙伝』という6回シリーズの番組な訳であります。トランジスタからマイクロプロセッサ開発までの歴史とその分野での日本の成長を開発者のインタビューを交え、それを「相田ディレクター」が分かりやすく解説し、三宅アナが主に聞き役?だった番組なのです。で、だいたいインタビューに出て来るオッサンたちが、非常に熱く語り、人間臭い人達ばかりなのも、その時代を少しでも垣間見ることが出来る様で非常に興味深い番組でした。

 当時もリアルタイムで見ていましたが、数ヶ月前にNHKアーカイブスで「第4回 電卓」をやっていて、懐かしげに見ていて、内容的にも当時の日本の勢いを再認識した訳であります。で、貯蔵!?しているVHSテープの中から第5回と第6回の録画テープを見事発掘し、日曜に見ていた訳であります・・・。

 まぁ、結局わたし的に何が言いたいかと申しますと、やっぱり相田ディレクターは凄いと言うことと、一方で隆盛を極めた電子立国日本を解説されてた方が、今は老後、介護について解説されているという、時代の流れと言いますか、日本の現状を如実に示していると言いますか、何とも得も言えぬ複雑な心境になった今日この頃であります・・・。

inu1204.jpg 犬曰く『半導体も番組も介護も「かなめ」は人の熱意ですかね。』

来年はウマ年。

 まぁ、すっかり「めっきネタ」が出て来なくなり久しい、当ブログですが今日も関係ない話題です・・・。
今年も残すところ、1ヶ月少々ですが、来年はウマ年らしいですね。いつも個人の年賀状は、12/30ぐらいにやっつけ?で作って大晦日に投函パターンですが(まず、元旦に着かない)、今年ぐらいは早くしようかと思いますが、まぁ例年並でしょうね。

 だいたい、年賀状と言いますと毎年「干支」にちなんだものがベタなところですが、私の場合はすべての年においてほぼ「犬」です。当然、戌年も「犬」です。とにかく「犬」です。まぁ、犬好きと言うよりかは、犬以外にネタがないんですけどね。寅年の時は犬に阪神の「猛虎」のハチマキ付けて撮った写真でしたね・・・。

 が、しかし「馬」となりますと話は別で12年に1度、色々とネタがありそうです・・・。来年の年賀状は例の「馬の脚」で行こうかと思っている今日この頃です・・・うそ。
(念の為!?解説しますと下の「馬の脚」は競馬熱が熱暴走し、気が付けば馬の骨格まで調べていた時の本人も忘れていた作品?です・・・。)

うまのあし 例の「馬の脚」。これを年賀状にしたら、まさに「馬脚をあらわす」ことになるかな???

inu1204.jpg 犬曰く『心配しなくても、もう既に馬脚はあらわれています・・・。』

むかご増量中。

 久々に家庭菜園ネタですが、今年の夏野菜の出来はもひとつでしたね。理由は分かっているんですがね、早い話は「ほったらかしたから」です・・・。

 やっぱり、きちんと世話をしないとダメですね・・・と、思った今日この頃です。秋の味覚のサツマイモも1株だけプランターで放置状態で育ててましたが、去年の30%くらいの大きさでしたね。

 もう少しで、ショウガの収穫ですがこちらも似たようなもんな気がします。若干家庭菜園も飽きてきましたかね・・・と言いつつ、にんにくの芽が出ていますが。

 で、本題の「むかご」ですが、ヤマイモのツルに出来る「種みたいなイモみたいなもの」です。こちらは、5年前ぐらいに、「握りこぶし大くらい」の種芋を購入し、秋に満を持して掘り返したら「親指大」くらいの大きさに成長して!?いて、あまりの落胆で土ごと庭の木の根元に廃棄したんですが、翌年その「親指大」くらいの芋から芽が出て、ツルが木にツルツル?と伸びて行き、成長し出した訳であります。数年放置していると去年辺りから「むかご」が出来だし、それがまた散って、またむかごから芽を出し・・・てな具合で、現在ヤマイモ増殖中なことになっています。

 去年、試しに「むかごご飯」にして食べると、意外と美味しかったので、今年も収穫しましたが明らかに去年より量が増えています。かなりの高確率でむかごから春に芽が出て伸びだすので、その辺にヤマイモがいくつか埋まっている可能性があるので、探してみようかと思っている今日この頃ですが、そう世の中甘くないかもしれません・・・。

mukago1210121.jpg 去年の「むかご」、取り残したものから今年芽が出て増殖しました。

 今年の「むかご」、株数が増えてむかごの量も増加中。

inu0516.jpg 犬曰く『あぁ、あと1ヶ月ほどで有馬記念ですねぇ。』

”とっとりなしお”。

 話題的に昨日の続きですが、出雲大社編の往復走行距離は約650kmってところでしたね。私的には1日での走行距離では記録更新だと思います。

 で、行きしなに加西SAエリアで休憩していると、鳥取のPRをしていたのでパンフを貰っている時にもらったティシュに「とっとりなしお」が付いていました。えっ!とっとりなしおを知らないんですか!私も知りませんでしたが・・・。

 どうやら、日本で3番目くらいに目立たないキャラらしいです。ゆるキャラのトリッピー?ならなんとなく知ってますが・・・あとは島根の「吉田君」ですかね。 

 まぁ、4コマのオチを見ているとなんとなく目立たないのが分からなくもないですが、でも「ゆめタウン出雲」で買った「20世紀梨」は美味しかったですがね。・・・あぁ、主旨からいくと「鳥取」で買わないとダメでしたね。

nasio1311192.jpg こちらが「とっとりなしお」さんらしいです。
nasio131119.jpg 鳥取に「ゆめタウン」あるんかしら・・・どんだけ「ゆめタウン」好きやねん!(爆)

また思い付き企画!出雲大社編。

 先月、お客さんと話していると「紅葉の大山いいですよ!」ということなので、思い付きで「大山」へ向かい「米子道」と間違って「鳥取道」へ入った訳ですが、そのお客さんとその行った話をしてますと「出雲大社もいいですよ!」ということだったので「出雲大社」へ行ってきた訳であります・・・。

 地図を見てますと、さすがに「ふらっと」行ける距離じゃ無さそうなので、「思い付き企画」と言いものの、珍しく朝6時半に出発しました。で、何だかんだで着いたのは12時半くらいでした・・・。まぁ、天気が良かったのもありますが、出雲大社は大賑わい!?でした。で、日御碕もまわる予定でしたが、隣りの歴史博物館で銅剣や銅鐸なんかを見ていると3時半になり行けませんでした。昼飯はベタに「出雲そば」を食べる予定でしたが、すべての店で並んでいるので、なぜかガラスキの喫茶店でサンドイッチを食べた訳であります・・・。

 若干、出雲大社のイメージが違ったことと、目的が未達なこともあり消化不良気味で、しゃあないので近くの「島根ワイナリー」に寄りましたが、団体さんが多いんでしょうが、ワインだけでなく土産もんも豊富にあったのでまぁよかったです。

 帰路、「しかし、ワインは買ったがアテと晩飯がないなぁ、家に着く頃は遅いしなぁ」と、これまた消化不良気味で地道を走っていると、少し向こうの暗闇に輝く「you me」のピンキーな看板!・・・「おぉ、ゆめタウン!」ということは・・・「イズミで食料調達しよ!」ってな訳で「ゆめタウン」に直行した訳です。・・・で、やはり僕らの「ゆめタウン&イズミ」は期待を裏切りませんね、晩飯と梨と出雲そば、大山ハム・・・とか買って、帰った訳であります。この時点で18時でしたが、家に着いたのは22時過ぎでした・・・。

 今回の出雲大社編もなかなか良かったですね。特に最後の「ゆめタウン」が・・・(笑)。
(一応、説明しときますと、youmeタウンイズミは広島中心の複合大型スーパー?みたいな、大阪にはない「ゆめタウン」です・・・。)


 この前は山頂見えませんでしたが、もう冠雪していた「大山」
izumo131118.jpg
 出雲大社の入口?大鳥居。凄いクルマと人です・・・。
usagi131118.jpg
 因幡のうさぎに聡している?大国主命・・・たぶん。 
wine131118.jpg
 島根ワイナリーで調達。現地では色々「試飲」出来ますがクルマなので無理。
nodoguro131118.jpg
 「のどぐろのにぎり」まぁ、大阪のスーパーじゃお目にかかれません、美味しいです。しかも498円の3割引。すでに、2個食べてしまってますが。「アマダイ」もあったんですがねぇ、次回リベンジ!?
kanpachi131118.jpg
 ついでに、刺身用「天然カンパチ」。かにも脚とれとか小ぶりですが安かったです、でも買ってませんが。

半分、運動会状態。

 先日、お客さんのゴルフコンペに参加してきた訳でありますが、翌日は筋肉痛で階段上るのもしんどいです・・・。
コースは久々で、たまに練習に行っても、ドライバーやアイアンで打つとしんどいので、専ら2~30ヤード先のカゴを狙って、ダラダラアプローチ練習をしているので、筋肉痛でも当たり前ですが。

 5~6年前ですかね、ゴルフをはじめたのは。その当時は、毎週のように練習場に通い、ビデオカメラでフォームチェックし、帰っては『江連忠の出直しゴルフレッスン(NHK)』を毎日見てましたが、今やその面影なしですね。あと、サントリーレディースも観戦しに行きましたし、その時たまたま江連さんを発見してサインもらって、握手してもらって「手洗わんとこ」とか言って、あの時は最高潮にハイテンションでしたね、オッサンが。
 で、「ドライバーも1打なら1パットも1打である!」と、パター練習マットも買いましたね。でも実際家の中で練習すると、かなりフックORスライスするので「このマットはラインも変えられるのか!」と思いましたが、ただ拙宅が傾いているだけでした・・・。

 コンペ前に練習に行った時は右や左の大荒れ状態でしたが、当日も見事に再現されてましたね。その上、カート道と反対方向に飛ばすので、いやぁだいぶん走りましたね。100ちょっとくらいまでに、なっていたんですが、どうやら「振出し」に戻った感じです・・・。

 今度はホントに出直しになりそうなので、また『江連忠の出直しゴルフレッスン(NHK)』を見ようかな・・・とはあまり思わなかった、今日この頃であります・・・。

inu0516.jpg 犬曰く『飼い主は「熱し易く冷め易い」の典型例です。熱伝導がいいんですね!(爆)』

読書の秋。

 すかっり、秋めいてきましたと言うよりかは、初冬なような(もう11月ですが)今日この頃でございますが、これから冬の味覚シーズンに備え、「牡蠣の土手鍋用味噌」を10パック大人買い!?して、若干後悔しているところであります・・・。

 まぁ、読書の秋と言うことで?、盆休みにちょっと本を読んでいた訳でありますが、意外と「歴史」って面白いなと思っている次第でございます。
 歴史と言えば、明治維新とか坂本竜馬とかが注目されるところですが、若干ベタな気もしたのでペリー来航の前後の話の本、それも「逆節系」の本を読んでみました。まぁ、授業とかでは「最後の方」の年代ですので、さらっとしか習った記憶はないのですが、なかなか時代の転換期っていうのは色々ありがちなので、ちょっと詳しく知ると興味深いものがあります・・・。

inu1204.jpg 犬曰く『最近は秋が短いですね。』


 

ちがい?・・・う~ん、わかんない!うふっ。

 最近、毎日のように「メニュー”誤表示(偽装?)”」についてのニュースが次から次と流れている今日この頃でありますが、個人的興味としてクルマエビとブラックタイガーの「エビのチリソース煮」を食べ比べて、違いが分かるか試してみたいのですが、普段は「ブラックタイガーのチリソース煮」で十分満足出来ていますので、クルマエビを調達しても「チリソース煮」にしてしまうのは、若干もったいない気が正直します。クルマエビがあるのなら、正直なところ「刺身」か「塩焼き」で食べたいところであります・・・。

 ちなみに「エビチリ」っておいしいですが、作るのは難しいイメージがあって手軽に食べられない感じですが、個人的見解としましては、クックドゥーのエビチリの素を使えば、結構簡単に作れておいしいです。私の場合、素直でないので、裏のレシピ通りには作らず、クックドゥーのエビチリは若干酸味が強いので、「ケチャップ」を少々加えます。それとエビの下ごしらえは、以前やっていた『今日の料理』で陳健一さんのやり方(片栗粉を少々まぶして、卵白を入れグチャグチャまぜる云々)をまねて、それとエビを炒める時に、にんにくとショウガを少々加えます。で、エビチリの素を入れてケチャップで味を整える・・・であとは長ネギ投入・・・てな感じで作ると、かなりイケた晩飯になると、自分では思います・・・。エビは当然、予算の関係上「ブラックタイガー」ですが。あと、麻婆豆腐についても研究を重ねた結果・・・は、また今度にします。

 まぁ、かなり前置きは長くなりましたが、今日の本題です。
魚介類の場合、姿かたちでは違いが分かる場合でも、切り刻まれると分かり難い場合がありますが、「ハマチ」と「ヒラマサ」の違いは、私的には何度見分けのポイントを聞いても、姿かたちの判別が未だによく分かりません。ましてや、刺身状態になっていたら、もはやお手上げです。

 下の写真は、小さい固体なので余計に分かり難いですが、上から一応「ツバス(ハマチのちっさいのん)」「ヒラマサ(小)」「カンパチ(小)」となっております。まぁ、カンパチは何となく外見では分かりますが、「身」になると分かりません。特に「ハマチ」と「ヒラマサ」は我々素人には、並べると「なんとなく分かる」、単独では「ほぼ分からない」状態です。口の形で見分けるとかいいますが、どっちがどっちかはすぐに忘れます。


 ↑ツバス(小さいハマチ)
hiramasa131109.jpg
 ↑小さいヒラマサ・・・なぜ、ヒラマサだと分かるかって?そう購入時に書いてあったからです(笑)。
kanpati131109.jpg
 ↑小さいカンパチ・・・なぜ、カンパチだと分かるかって?そう購入時に書いてあったからです(笑)。

sasimi131109.jpg
 ヒラマサとカンパチの刺身状態。盛り付けるとどれがどれか分かりません。
「どれがヒラマサかって?・・・う~ん、わかんない!。」

発掘、24年前のオオサカデント映像。

 本日は、久しぶりに「dentoの話題」でございます。
 先日の休みに、自宅で埋もれているVHSのビデオテープの整理をしていた訳でありますが、その中に1989年撮影のご近所の同業者さん含めての生産現場映像があった訳であります。

 下の画像は、その中の大阪電鍍編での1コマですが、ちょうど正面入り口付近が映っていましたが、今と違い当時は旧事務所建物です。その横も今は事務所になっていますが、当時はガレージだったようで車のデザインが24年前を醸し出しております・・・。

 めっきの作業風景も映っていたので、今となっては貴重な映像ですが、現在もそうですが当時も結構汚いのでちょっとお見せできません・・・あしからず。

 旅行とかの写真ってのは、結構残っていたりするのですが、仕事場の風景と言うのは機会があまりないこともあり、昔の写真や映像は殆どなく、今となっては伝聞が頼りになりがちなので、それこそ『百聞は一見に如かず』でなかなか感慨深いものがあったりもします。

 話は戻りますが、この映像発掘の一因となりました、自宅に埋もれていたVHSテープですが、40~50本くらいありましたかね?、内容を確認後捨てようと思ってましたが、めんどくさいのでずっと放置していた訳であります。中には92年でしたかね、阪神がギリギリのところで優勝出来なかったシーズンの終盤戦の神宮での逆転サヨナラされたヤクルト戦の試合もありましたね。局長が上岡龍太郎さんの頃のナイトスクープもありましたが、内容が面白くなかったので、こちらのテープはあえなく廃棄行きとなりました・・・。で、あと競馬中継のテープとワールドカップサッカーのテープ、推計100本ぐらい残っているのですが、DVD化するには途方もない時間が掛かりそうなので、殆どあきらめている今日この頃であります。
 

 この撮影後、すぐぐらいに今の社屋になったようです。
dento19892.jpg クルマの上は排水処理設備ですが、今も現役です。

食べ物の恨みは恐ろしい?。

 最近は”誤表示”の問題で色々と騒がれている今日この頃ではありますが、私的にはホテルでも百貨店でも殆ど食事はしませんので「ふーん、そうなんですか」と若干ひとごとなところであります・・・。

 でも、食べ物に関しては若干細かいので、かつては「この味噌汁のだし、昆布で取ってない」とか「この豆腐、ちょっと古い」とか、中学の頃「弁当のおかず、ブリの照り焼きだけだった、それも夕食の残り」とかを、おかん(お母上)に直言申し上げて、逆ギレされ返り討ち!?に遭ったことは多々ございますが、さすがにフレッシュジュースとストレートジュースの区別は出来る自信はございません。文言の定義自体もよく分かりませんが。

 まぁ、フグのみりん干しでもシロサバフグのみりん干しと表記しない方が先入観で高級感が醸し出される感じみたいなもんですかね、あくまで個人的意見ですけども。でも、結局なところは、名称はどうであれ美味しければ大体の所は良いと思うんですがね、あくまで個人的意見ですけども。名誉挽回も大変なところですが、プロなら味のところでより研鑽して頂きたい所ですね、あくまで個人的意見ですけども。

 若干イタい所は、信用・信頼がベースにあるところで疑念が生じるようなことがあったので裏切られ感がある、・・・と言うところでしょうか。そういう点では、消費者サイドでも「これは車えびではなくブラックタイガーでは?」と指摘出来るくらいでないとダメなんでしょうかね。でもそうなったら、うちじゃないですが、逆ギレされてご飯入りの茶碗を投げられないか心配です・・・、冗談です。 

inu0516.jpg
 犬曰く『うちの飼い主は、修業時代に残業の差し入れで用意されていたはずの○○ナルドのハンバーガーがすべて食べられ、アンパン1個しか残っていなかったことを、まだ根に持っているようです・・・食べ物の恨みはこわいですね。自分で買って食えば良いのにね。』
プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR