one of ”13万人”??。

 昨日、テレビをみてますと、大阪に津波が来た場合に想定の死者数(だった?)が13万人とかってやってましたが、はじめ「ふ~ん」ってな感じでしたが、考えるまでもなく「相当な人数やな!」と思ったわけであります。

 東日本大震災以後、これまで想定の甘さがあったかどうかは知りませんが、試算されて出てくる数字が結構えげつない値が多いのが気になるところです。まぁ、最大値を大きく取れば「想定外」って言う言い訳も通じなくなる訳ではありますが、それにしてもちょっと極端すぎないかな?・・・と思ったりもします。

 緻密な計算に基づいて試算されているとは思いますが、今回の13万人ってのも個人的には「・・・と言うことは、結構レベルでみんな死ぬのかな?」と考えたりします。まぁ、この数字は津波が来るのに逃げなかった・・・と言う想定らしいですが、大阪市の一市民として個人的な意見を述べさせて頂くのなら「大阪人と言えども、そこまでアホではありません。」と若干思った次第であります。

 まぁ、想定とか試算して頂けるのなら、何人死ぬとかじゃなくて、どれくらいの規模の地震がどこで起きれば、どれくらいの津波が、どのくらいの時間で到達するかとか、どの範囲まで来るとかの、防災・減災観点での試算とかシュミレーションを大々的に広報して欲しいですね・・・って、アホな大阪市民なので私が知らないだけかも!?

 inu1204.jpg
 犬曰く『大阪の場合どれくらいの時間で津波が来るんですかね。紀伊水道通ってだったら小1時間くらいですかね?・・・でも、昔大阪の水門を全部閉め終わるのに2~3時間掛かるってテレビでやってましたが・・・。』
 
スポンサーサイト

恒例の思い付き企画・・・。

 まぁ、休みの日、朝起きて「天気良いし、どっかイコ」と最近では10時頃から広島行ったりと、たまに意味不明な行動をする訳ですが、また発作を発症し!?今回の目的地は「大山(だいせん)」となりました・・・。

 先日お客さんとの話の中で「大山にツーリング行きはったらいいですよ!!”心の洗濯”に行きはったらどうですか!!!」と強く!?オススメ頂きましたので、行ってきました。でもクルマで・・・。

 正直、技量及びスタミナ的にバイクで行く自信がない慎重派?なので、今回はクルマでツーリングの下見と言うことで。ということで、恒例の朝10時過ぎに突如出発し、カーナビ付いてますが「あぁ、中国から米子道通って、溝口で降りたらええんやね。」と惰性で走ったら、見事に「米子道」の手前の「鳥取道」に入ってしまいました。

 鳥取道に入って、しばらくして「あれ、溝口ICがない。」と気付いたんですが後の祭りで、鳥取市にとりあえず向かうことにし、途中道の駅で目標「大山寺」にナビをセットしたら、到着予定が「15:30」と表示され、「そんなにかかるんか」と躊躇しましたが、とりあえず道の駅で梨となめこを買い、向かった訳であります。

 結局、大山到着は「ナビの予測」通り15:30頃となり、目的地到着時には既に帰路に向かう時間になっていた訳であります・・・。とりあえず、もっと早くに出発して、ナビも出発地からセットすりゃよい訳ですが、まぁ、しゃーないので5分ぐらい滞在しましたが、帰りは教訓を活かし!?「目的地:自宅」にナビセットして、すんなり溝口ICまで誘導され、帰ったわけでありました・・・。


 日本海側を走っていると、風力発電?の風車がずらりと!(写真では遠くに小さいですが・・・。)

daisen131028.jpg
 最短コースで来れなくて、滞在時間約5分の大山ですが、おまけに山頂も見えませんが、総合的にはなかなか「山陰地方」も良いですね。

kamikourin131028.jpg
 溝口ICに向かう途中の1コマ「お題は『神光臨』」
 鳥取市~大山間では土砂降りに遭い、大山から下っている途中で神光臨?で、クルマとココロの洗濯が出来ました!?

ブルーシート用意しましたが。

 まぁ、週末に台風が接近というので、また雨漏りして社内備品がぬれたらいけないので、モノタロウで火曜特売の時に「ブルーシート」多めに買ったんですがね。で、今日あたり「ブルーシートなんてないよな・・・おっ、さすがですね!」ってな具合で、周囲から大絶賛の嵐の予定だったんですがね。で、「やっぱり、物事は1,2歩先を読まんとな」と返答も用意していたんですがね・・・ちょっと当てが外れそうですね。まぁ、その方が良いですが。

 負け惜しみ!?ではないですが、意外と用意している時とか注意している時に限って、何にもないことが多いんですね。で、油断すると痛い目に合うんですね。

 でも、最近は台風ばっかりなので、今が季節で言えばどういう状態なのか分かり難いですね。もう10月下旬ですので秋と言えば、秋のはずですが、家の朝顔はまだ咲いています。また、味覚の秋と言いますけど、当然国産のマツタケなんぞは食べられる訳はないですが、栗とかイモはまだなんですかねぇ。

 hana1.jpg
 犬曰く『ブラックタイガーをクルマエビという”誤表示”はあっても、クルマエビをブラックタイガーという”誤表示”は、まぁないでしょうね。なぜですかね?人間社会って複雑ですね。』
 

週末は、また台風。

 また、おっきいのが近づいて来てますね。今年は特に海水温が高く育ちが良いのか「大型」が多いですね。
今年はテレビやラジオで台風情報を聞くたびに、「おお型で非常に強い・・・」と言っているので「『B型』はおらへんのかいな、『O型』ばっかりか」と常にテレビやラジオにつっ込んでいるのですが、未だ応答はありません・・・。

 冗談はさておき、セオリー的には台風を上から見て!?左半分の地域は「大雨」、右半分は「強風」のが強い傾向・・・と言うのを何かで聞いたことがありますが、今年は暴風というよりかは大雨ですね、ここ大阪は。

 先月も大和川があふれそうになりましたし、注意したいところではありますが、ほぼ確定なのが「社内の雨漏り」です。まぁ、お恥ずかしい話ですが、横殴りの雨が降るとだめですね。あっちこちから漏れるので、最近は「建物がそういう仕様」だとあきらめております・・・。←「おい、そう言わずに修理しろ」と言う声もきこえてきますが。しかし、雨漏りするとヤバそうな、電気周りなどはきちんと修理しているつもりです。

 で、この土曜日も電気周りの修繕予定なんですが、大丈夫なんですかね、台風と雨漏り。

世の中、似たような人がいるんですかね。

 まぁ、すっかり「めっきネタ」から逸脱して久しい、今日この頃ではありますが、今日もめっきネタではありません・・・。

 このブログとは違い、世の中には色々と「参考」になるブログが多々ありますが、とあるバイクネタで参考にさせてもらっているブロガーの方も、先日「大腸内視鏡検査」されたみたいです。健康診断で潜血反応が陽性で、内視鏡検査された結果は案の定、ポリープがあったようですが、ブログを拝見している限り年代的にも近い感じなので、似た様な人もいるもんだなと思った次第です。点滴もこの時が初めてらしいそうですし。

 いや、でも「腸」って大事だと思いますね。汚い話ですが特に「便通」が。この件で、冬は「みかん類」、朝食はパン食からバナナとヨーグルトに完全にスイッチしましたが、以前とは全然違いますね。セオリー的には肉食化が一つの要因だと言われていますが、私は「魚派」でしたのでかなり意外でした。でも最近ちょっと思いますが、刺身とかの生ものの食い過ぎというのも、なんとなくダメなのかなと若干思ったりもします・・・。

inu0516.jpg 犬曰く『先日、おかげさまで無事抜糸も終わりました。』

「目からウロコ」ならぬ「口からタイノエ」・・・。

 ハイ、もはや、めっき屋半公式ブログでありながら、すっかり「めっきネタ」が出なくなった今日この頃でありますが、ちょっと「目からウロコ」が落ちました・・・。

 まぁ、例によって大したことではありませんが、「カルパッチョ」って本来は「生の牛肉を薄くスライスしたものにソースかけたもの」らしいですね。鯛やマグロのカルパッチョは、和洋折衷で出来たものらしいとか何とかってウィキに書いてありました・・・。名前の由来も生牛肉の「赤」から来ているらしいです。

 で、先日昼めしに作った「甘エビのカルパッチョのようなもの」が下↓ですが、本来の定義からすると「カルパッチョ」ではありませんが、一応カルパッチョ風味・・・です。


我ながら、やっつけの力作でしたが、家人A(仮名)にこの上から思いっきり「ゴマだれドレッシング」をかけられ、作者の「意図しない味」に変換され食されました・・・。

おまけ・・・虫の嫌いな人は見ないでね。
tai201310151.jpg ・・・で、鯛と言えば・・・
tai201310152.jpg はい、「タイノエ」がまた、いました。・・・口の中に2匹います。
tainoe201310152.jpg タイノエ夫婦。
tainoe201310151.jpg 正面からタイノエ夫婦のアップ。

inu1204.jpg 犬曰く『おかげさんで無事退院しました。』

入院&手術・・・。

 今日、わたしんちのある者が、入院しまして手術を受けます・・・。
・・・で、明日退院です。

 まぁ、普通人間ではありえないような日程ですが、人間ではないのでありえる話なのです。

 早い話は、うちの犬なんですが、以前からお腹にコブと言いますか腫瘍だと思いますが、ありましてそれを取るんです。本来なら、飼い主の1人としては、もうちょっと心配しないといけないのですが、全然元気なことと、その前に、今年のGWに、ほぼ死にかけ状態のところを緊急手術で助かった・・・と言う経緯がありますので、そんなに心配しておりません。それに、前回の退院時に診察台からおろして「じゃぁ家に帰るで」と外の方にリードを引っ張っているのに、病院のゲージに戻ろうとしていたくらいに病院好きなので、まぁ寂しがる事もなく大丈夫でしょう。

 当然、保険が利きませんので「それなり」にお金の掛かる話ではありますが、仕方ありません。前回と今回で、「同じ犬」2匹買えそうで、それも子犬はむちゃくちゃかわいいですが、一応は「お金の問題」ではありません・・・、としておきます。

 しかし、人間と同様に医療機器も向上しているみたいで、血液検査も人間並みに数値が分かり、前回の入院中も人間並みに点滴をしていました。まぁ、そういう飼い主本人も、今年はオリンパス社製の内視鏡に大変お世話になりまして、施術中のモニターを見ながら、先生のテクニックもさることながら、「この内視鏡むっちゃ多機能やな」と痛く感動しまして、後日ついでに受けた「胃カメラ」もオリンパス社製だったので、えづきながら「これ、大腸と同じカメラですか?」と聞いたら「検査中はしゃべらないでください!」と軽く叱られました。

 いやホントしつこいようですが、あのオリンパス内視鏡は凄いですね。検査だけの場合はあんまり思わないですが、青い染料吹きかけたり、エアー出したり、バキュームしたり、ワイヤーで患部を焼切ったり、クリップ止めしたり・・・とホント多機能です、当然画質も良いですしね。普通は「眠っている間」に済んでいる事が多いらしいですが、私の場合、検査、施術とも妙にテンション高かったので、興味深げにモニターに映る「自分の大腸」に見入っていた訳であります・・・。と言うものの、今だから言える話で、まぁその前後の検査結果待ちの日々とかは、かなり凹んでましたけどね。

 しかし、カメラ検査デビュー!?するなら、まず「胃カメラ」からかなと内心考えていたんですけど、そう世の中甘くもなく、私の場合「大腸」からのデビューとなりました。正直、恥辱ちっくな「大腸カメラ」だけは出来るだけ避けて通りたい道ではありましたが、でも、今は不安のある方には「大腸内視鏡検査」は一押しにお勧めします!・・・別に恥辱プレーに目覚めた訳ではありませんが。

 でも、胃カメラと違い、一番つらいのは「前処理」です。多少違いはあるようですが、前日夜に下剤を飲んで、その上、当日2Lの腸内洗浄剤という中途半端に不味い液体を飲まないとだめなのが、正味「カメラ」より嫌です。私の場合、ニフレックと言うものでしたが、一口目「あ、意外と不味くない。」と思いましたが、2L目に近づくにつれ、不味くない物でも不味くなります。で、当然入ったものが出るわけですが、前から出るものが後ろから出るんですね、頻繁に・・・。

 と言う訳で、大腸に不安をお持ちな方は、ぜひ「大腸内視鏡デビュー」をお勧め致します。

inu1204.jpg
 犬曰く『そんな訳で現在入院中です・・・明日退院ですけど・・・というか、途中から大腸の話になっているんですけど。』

エビちゃんの話。

 めっき会社のブログですが、話題がないので今日はエビちゃんの話です。

 まぁ、エビちゃんといっても、「あの」エビちゃんでも蛭子さんでもなく、食す方の「エビちゃん」です。
最近、すしネタとかで使われる「なんとか(失念)」と言うエビちゃんの漁獲量?が通年の半分くらいらしく値上がり気味らしいですね。ブラックタイガーでない「なんとか(失念)」という小さめのエビちゃんです。

 東南アジアの方で養殖しているらしいのですが、病気が蔓延して半分ぐらい死んだとか、なんとかと言うことらしいですが、以前テレビでエビちゃんの養殖場では過密飼育の為、病気防止の為に薬(抗生物質?)を入れまくっているようなことをやっていましたが、今回の件は思いっきり自分勝手に推察するに薬に耐性のある病原菌が蔓延しちゃったんかなと思ったりもします。

 これもテレビでやってましたが、最近ネズミでも駆除剤の効かないスーパーラットみたいなのが出現しているらしいですね。はじめは駆除されたように見えても、わずかに生き残った耐性を持ったネズミがどんどん繁殖しだして、駆除剤が効かなくなるらしいです。

 最後に、エビちゃんの話題で、最近ショッキングだったのは、自宅で甘エビのカルパッチョを作ったのですが、家人A(仮名)に、おもむろにその上から「ゴマだれドレッシング」を思いっきりかけられ、カルパッチョから180°味を転換され、ゴマだれ風味のサラダとして食されたことですかね。


おぎやはぎ・・・。

 いやー、凱旋門賞は残念でした。11時頃発走だったので、昼寝して万全の体勢で生中継に臨んだんですがね。

 世界の壁はぶ厚いと言いますか、現実は厳しいと言いますか、今年こそはどっちかがやってくれると思ってたんですがね。勝負事にタラレバはダメですが、去年が一番凱旋門に近かったんですね、勝負事は下駄を履くまで分からないと言いますが、最後の直線でこれは勝った!と思ったんですが「下駄」を履く瞬間に持ってかれた感じですからね。

 まぁ、オルフェーヴルにしてもキズナにしても、道中不利もなく力は出せたみたいな感じだったんで、勝ったトレヴが強いんでしょうね。でも斤量がオルフェーヴルと5kg差というのは、まさにオルフェーヴルにとっては重荷だった気もしなくないです。

 確かに世界の壁はぶ厚いですが、オルフェーヴルは2年連続で2着というのも日本馬の実力を示せましたし、今年はキズナの2頭出走で、着実にレベルアップはしていると思いますので、日本馬の凱旋門賞制覇はそんなに遠い話ではないと思います。

 昼間に某国営放送の世界の競馬を見ていますと、マニアックな合田氏が「トレヴが強い」と押していたので、やはり合田氏に生中継の解説をして欲しかったところです。一方、フジの生中継は、普段の競馬番組メンバーが揃ってあれはあれでよかったと思いますが、司会者と福永ジョッキー以外まともなコメントしていなかったところがややビミョーでしたが。まぁ、極め付けはロンシャン競馬場のスタンドまで行った「おぎやはぎ」さんたちで、レース後は振られても「コメントする気がしない」と呆然としたまま中継を切られたので、私的には代わりに岡部さんと合田さんに行って欲しかった気分です・・・。

inu120702.jpg
 犬曰く『凱旋門賞は残念でしたが、アメリカさんの政府機関閉鎖っていうのは早く解除してくれないですかね、債務上限引き上げがこじれてデフォルトとかなったらどうするんですかね。』


日曜日の夜は凱旋門賞。

 一応、10月からは衣替えなんですが、全然半袖な今日この頃であります。
まぁ、めっき屋ブログでありながら、もはや犬とか馬の話題ばっかりですが、今週末はいよいよ「凱旋門賞」です・・・。

 こちらの方は、馬券云々というよりかは、日本馬の善戦を期待!という感じなのですが、オルフェーヴル、キズナ、出来たらワンツーでゴール板を通過してもらいたいところです。

 テレビ中継はフジ系で生中継するようなのでよかったんですが、以前ディープインパクトの時は某国営放送も中継していた気がするんですけどね。某国営放送の場合は解説に多分、岡部さんと世界競馬に超マニアックな合田さんのはずなので、生中継でマニアック解説が聞きたいんですがね。

 で、下↓の写真は、うちに来た当時の「犬」の写真が発掘されましたので、上げときます。はっきり申しまして親バカですが、幼少の頃は10人中15人が「かわいい!」と言うであろうくらいに「かわいかった(過去形)」のであります。

いぬ1310031
いぬ1310032
現在
inu0516.jpg 犬曰く『今でもかわいいですが、何か?』
プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR