ころたん(R)2号よ、おまえもか。

 あ、もう今日で7月終わりで、早いもので明日は8月1日ですか、PLの花火大会ですかね・・・行きませんけど。会社の屋上の一番高いところから僅かには見えますけどね。毎年凄い人らしいですね。

 今朝は、またまたショッキングな出来事がありまして、まぁ、泣きっ面に蜂と言いますか、例えて言えば、飼い犬のウ○コから家庭菜園のミニトマトが出てきたのを発見した時くらいですかね、もしくは、昔に里帰りしていた姉が「このシャンプーとリンスいいなー」と大絶賛だったのが、実は犬用だったのを知ったときくらいなショッキングさですかね・・・。

 これまた要は標記の通り、またまたころたん(R)落下・・・ということです。次の休みくらいに吊ろうかなと思っていたんですがね、今朝見ると見事にすがれからはずれて、例の如く屋根の上に「ころん」です・・・。それなりの重さがあるのでツルもぶち切れです。1号はだいぶん実っていたのですが、2号は成長途中だけに、これはショッキングです・・・。まだ、3号、4号がありますが、きちんと実った状態で収穫出来んのあるんかいな・・・と思った今日この頃です。

korotan3130729.jpg
 首を左に90°傾けてご覧頂くと正しい位置関係になります。落下したころたん(R)2号。
inu120702.jpg
 犬曰く「これで落ちそうなものは全部落ちました。オチないのは飼い主のギャグくらいですかね。」
スポンサーサイト

無理矢理、食べた感想を聞いて逆ギレ。

 まぁ、何でもそうですが、自分の作ったものの評価というのは、どうしてもひいき目にみてしまうので、客観的に良し悪しを評価しにくいものです。

 で、先日より漬け込んだ大量の「梅干し」がほぼ完成したので、自分で食べてみましたが「まぁまぁ」悪くないと言うのが自己評価でした・・・。

 それで、今日は会社に持参し技術の人間に「昼飯にこの梅干しを食べてみぃ!意見をフィードバックしたいので10文字以内で感想を述べよ」とご丁重にモニターをお願いして、昼飯後に聞いてみると「ちょっと塩辛いです。(10文字)」という回答なので「梅干しは塩辛いから梅干しやねん」「セオリー通りに作ったらこうなったんや」「初めてにしては悪くないだろ!」と逆ギレすると、「この南高梅の質が良かったんじゃないですか」・・・という、貴重なご意見を賜ることが出来ました・・・。

 現在のところ「ちょっと塩辛い」というご意見が全体の66.67%を占めております(モニター3人中)。でも、これは塩分18%なので、まぁセオリー通りなんですがね。これ以下に塩分濃度を下げるとカビとかの発生原因になりそうな気がします。保存もし難いでしょうねぇ・・・ということは、市販の梅干しは塩分濃度がもっと低い代わりに、防腐剤的なものも入っているんでしょうかね。

 なんで、めっき屋のブログで「梅干し」やねんというツッコミはなしでね。
umebosi1130730.jpg そうですよ、JAみなべの南高梅の「質」が良かったんですよ。
inu120702.jpg 犬曰く「隠れてミニトマトを毎日ツマミ食いしていたのがバレました。」

日頃の行いが悪い・・・?


 いやぁ、まためっきに関係のないネタですが、昨日はショッキングな日曜日でした。

 まぁ、どれぐらいショッキングかと言えば「熱くなれ!」で有名の某阪神のWダ監督の不倫発覚ぐらいですかね。または、「アメノミックス」という、首相の似顔絵が貼ってある3種類の飴が入って、2%増量中・・・らしく、透明の飴を貰って食べたら塩飴で「アベノミクスは庶民にはしょっぱいのか!」とか思った山口土産の存在を知った・・・くらいですかね。

 前ふりは、これくらいにしまして、要は下の写真を見て頂いたら分かります様に、丹精込めて育てていた「ころたん(R)」が収穫一歩手前で、強風により無残にも落下してツルまで切れちゃったよ・・・ということです。

 ソフトボール大になってからは、ネットをかぶせて吊っていたのですが、ネットが裂けました。ネットと言っても三角コーナー用のネットだったので、明らかに弱すぎましたね。

 3分くらい、地面にころがっている、ころたん(R)を眺めていましたが、ふと「だから、ころたん?」とか、ひとりでつぶやいてみましたが、これ以上はどうしようもないので、とりあえず記念!?に重さを測りました。ころたん(R)はミニメロンと聞いていたのですが、この「ころたん1号」は結構デカイです。

 最重要の「お味」ですが、ちょっとまだ切ってません。見た目をくつがえす壮絶な不味さだったら、しばらく立ち直れそうにないので、現在、仏壇に供えてあります・・・。

 しかし、ころたん2号、3号が育ちつつあるので、こちらは「落下して収穫」ならない様に、三角コーナーのネットはやめようと思います・・・。

 シャレにならない「ころたんがころん。」の写真。
korotan2130729.jpg ミニメロンの割にはでかいですが、味は未確認。
korotan3130729.jpg ころたん2号は、空中庭園(屋根に置いただけ)ですだれに絡まり生育中。
korotan4130729.jpg ころたん3号はまだピンポン球サイズ。
inu120702.jpg 犬曰く「もし私が放たれていたら、ころたん1号はもうなかったはずです。」

かぶった。

 まぁ、相変わらず、めっきネタのないめっき屋ブログですが、今日もめっきとは関係ありません・・・。

 最近、梅干し消費量が増えてきましたので、梅干しを作るべく、南高梅10kgを無謀にも購入した訳ですが、さすがに多過ぎて1kgは梅酒になってます・・・。

 残り9kgを1つで漬けて玉砕するとイヤなので、3つに分けて漬けておりますが、今のところ「見た目」は順調です。で、もうそろそろ「梅干し」の頃合なので、先行して2kgを干した訳であります。

 まぁ、とりあえず2kgはそれなりの梅干しになっているようなので、まずますと言ったところですが、こんな年に限り、自家製梅干しをどーんと貰ったりする訳であります・・・。なので、たぶん数年は梅干しに困らないような状況になっていそうな気がします。

umebosi130725.jpg 梅干しを「梅干し中」
inu120702.jpg 犬曰く「梅干しって誰が考えたんですかね。」

それはいい質問ですね。

 この前の日曜日は参議院選挙だった訳ですが、まぁ結果は予想通りといったところでしょうか。開票特番は、衆議院選の時に真顔でツッコミが比較的キツイ池上さんのがおもしろかった?ので今回もメインでみていた訳ですが、番組とは関係はないですが仙台の方でワダマサムネ氏が出馬していて驚きました。

 和田政宗氏。大阪で知っている人はかなりの「関西845」マニアではないかと思われますが、数年前まで時々、某国営放送の夜の関西845でニュースを読んではりました。別に政宗ファン!?じゃありませんが、なんといっても名前が「政宗」なので「おっ、今日のニュースははマサムネか!」ってな感じで記憶にあった訳です・・・。ただそれだけです。

 今日は、若干マニアックなネタでスタートですが、家庭菜園の現在の状況は「ころたん(R)」は現在2個大きくなっております。ミニトマトは伸びすぎて、訳が分からない状態になっているので、トマトですが「なすがまま」になっています。昨年より開始した空中菜園(屋根に置いただけ)では、リベンジかぼちゃが相変わらず伸びはいいですが実がなりません。ころたんはすだれの上の方で1個なってます。まぁ、トマトは順調になりましたが手が届かないので、こちらもトマトですが「なすがまま」です。しかし、最近の蒸し暑さで全体的に株自体もバテ気味な状況です。


korotan130723.jpg これで、まずかったらがっかりです。しかし、獲り頃がよく分からない・・・。
 トマトは美味しかったですが、徐々に崩壊しているような気がする屋根。
inu120702.jpg 犬曰く「今週は天神祭りですね!・・・行きませんけど。」

ソーラー銅めっきの膜厚。

 7月は出だしから、珍しくブログを連投してましたが、案の定失速です。前回は、太陽電池を電源として銅めっきをしてみた・・・と言う話題でしたが、では、どれくらいの厚さ(めっき膜厚)だったのか測定してみました。

 まぁ、結論的には思っていたより、そこそこ膜厚ありましたね・・・ってところです。予想では、めっきするには電圧は低くても、結構「電流」が流れないとめっき金属として析出しにくい=厚くならない・・・なので、ちっちゃいソーラーパネル1枚では、なんぼめっきする面積が小さくて、1時間通電しても、まぁあんまり付かんだろなと思ってましたが、今回の場合少なくとも厚いところで2~30ミクロンは付いていたようです。

 現在、実験第2弾を画策中です。次は(も)別に大したことはないですが、めっき液を攪拌する用のエアーポンプ(金魚のブクブク)の電源も太陽光で供給して「まともな光沢のある銅めっきが出来るか実験」です。パネルはもう一枚あるので大丈夫ですが、市販されている金魚のブクブクは通常AC(交流)電源なので、乾電池(直流)で動くブクブクを調達する必要があります。また、乾電池駆動の場合は3.0Vとか4.5V駆動だと思うので、電圧を落すのを作る必要もありそうです。パーツはあるので出来ないことはないと思いますが、半田付けがめんどくさいので次の実験がいつになるかは不明です・・・。

 inu120702.jpg 犬曰く「夏のクソ暑いエネルギーを冬にまで取っておけたらいいんですがね。冬のパターンで言うところの”氷室”みたいなもんですか。」

 

ソーラー銅めっき。

 すいません。今日のネタはこのグダグダブログはじまって以来の「まともなめっきネタ」です・・・だと思います。
これまで、タイノエとか変態オヤジ風サギとかありましたが、ペルチェ素子熱電効果実験以来のまともな実験だと自分では思っています。(熱電効果の実験はアバウトすぎてビミョーでしたが。)

 今日の実験はですね「太陽光(太陽電池)でめっき出来るか?実験」です。

結論を先言うと「出来ました。」

 この実験は、構想2年でやっと実現しましたが、要は考えていたけど、めんどくさくてやらなかっただけです。
事の発端は、防災グッズを集めている過程で「太陽電池は直流電流、めっきで使う電流も直流・・・ならめっき出来るかも?・・・(中略)・・・」なのですが、めっきは結構電気を喰いますが、ソーラーパネルの出力電流はしれているので、「まぁ、あかんやろな」と思ってましたが、今朝ふと思い出し実験開始・・・となった訳であります。

 めんどくさいと言っても、用意するのはパネルと電圧計とめっき液と真鍮板だけだったんですが・・・。
パネルは、若干怪しげな台湾製18W級のソーラーパネルです。12~14Vで1AくらいMax.で出るようなので、とりあえずめっき時間は「1時間」としました。

 で、実験すると予想では12Vくらい出るかなと思いましたが、電圧は終始1.3Vくらいでした。はじめパネルが壊れているのかと思いましたが、開放電圧?は14Vくらい出ていたのでまぁ正常だと思います。理由は知りませんが、液抵抗が高いのか太陽電池のダイオード的要素なのか?ですかね、でパネルから「じか繋ぎ」ですし。

 結果的には、一部のみしか光沢のあるめっきにしかなりませんでしたが、超簡易めっきなのでとりあえず今日のところは「ソーラーパネルで銅めっき」が出来たので、まぁ満足ですが「クリーンエネルギーでめっき」以外に、今のところメリットが無さそうなのがビミョーなところです。実用化しても「あ、すいません今日は雨なんでめっき出来ませんわ」とかなんとかになりそうな・・・。


 2年間放置状態だったソーラーパネル。持ち運びに便利な取っ手付き!?
mekki1307092.jpg 銅めっき設備・・・。
mekki1307093.jpg 素材(真鍮板)ムラあり・・・
mekki1307094.jpg 実験開始。めっき時間はやや長めの1時間。
mekki1307095.jpg 業界初?・・・いや、町内初!?ソーラーめっき中!
mekki1307096.jpg めっきは出来ましたが、仕上がりはビミョー。

クロムめっきの白い斑点。

 今日は、いつ以来か忘れましたが、久しぶりに「めっきネタ」です。

 毎年、今くらいの季節・・・すなわち「高温多湿」な時季になりますと、相対的に「クロムめっきの白い斑点」というのが出現しやすくなります。

 結構、設置環境や使われている状態でも、同じめっき仕様でも出たり出なかったりする傾向があるようです。例えば、高温多湿環境、ほこりかぶっている、雨ざらし、汚れている・・・などは、出やすいみたいです。

 結局のところ、梅雨時期に発生しやすいので、高温多湿・・・特に湿気が大きな要因なのかなと思います。で、白い斑点は何か?・・・というところは、以前書いたような気がするのでその辺をご参照願います。

 白い斑点が出たらどうにもならないか?と言う点は、初期の段階(薄っすらとして白点がない~小さな白点)なら、ある程度拭き取ることで綺麗になります。ワックスとか超微粒子のコンパウンドなどがいいと思います。但し、拭き取る布などに砂などの硬いものが付かないようにしてください、逆にキズが付いてしまいます。それと酸性やアルカリ性の洗剤は、腐食を進めてしまう場合があったりします。

 ご注意:あくまで一般論ですのでお試しの場合は、まず目立たないところで試してください。クロムめっき上にコーティングしてある場合があったりと、色々なめっき仕様があったりしますので、取説をご参照されるなり十分慎重になさってください。自己責任でお願いします。

cr130206.jpg
 定期的な乾拭き程度でも、それなりに効果はあると思います。小キズを入れないように、綺麗な布でお願いします。

裏の顔、ファイティングニモ。

 昔にディズニー映画で、「ファイティング ニモ」って言うのがありましたが、筋的にはクマノミくんが勇敢になんか?(失念)立ち向かうという点で、「ファイティング」だったと思います。

 うちにも、約7年前からカクレクマノミのクマのミーくん!?がいる訳ですが、最近1匹他界されました。3匹のうち1匹ですが、私の管理不足ならまだマシ!?ですが、死亡原因が愛らしいクマノミくんからは想像もつかない、壮絶な「いじめ」による死です・・・。

 クマノミは縄張り争いが強烈とは知っていましたが、2:1の関係でもそれなりの均衡が長い間保たれていたのですが、ある日2匹から猛攻撃を喰らい、隔離しましたが、時既に遅しで力尽きてしまいました・・・。水を替える時もかつては何回か噛まれた事がありますが、しれてますが痛いです。ほんと縄張りに入ってくるヤツには人間といえども容赦ないようです。

 一般的には「かわいらしい」的イメージのある「クマノミ」ですが、実は結構凶暴な一面を持っていたりするのでした。

kuma1.jpg 一般的イメージをかるく覆す、裏の顔・・・(笑)。
inu120702.jpg 犬曰く「散歩していると、たまに、かわいい!ぬいぐるみみたい!と言われますが、中から綿は出てきません・・・(笑)。」

もみじまんじゅう。

 7月から、珍しく連投しましたが、もうそろそろネタ切れデス・・・。

 先週土曜日は朝起きると珍しく天気が良かったので、最近全然相変わらず車も乗ってないので、ドライブレコーダーのテストも兼ね、広島まで、朝ドーっと行って、晩ドーっと帰ってきた訳であります。往復約600km。

 まぁ、かなり乗り方が極端なのは、いつものことですが、池田~広島西条で高速代3200円(片道)だったというのは意外にも安くて良かったですが、行動自体がやや意味不明です。

 サービスエリアで、定番もみじ饅頭を買おうと思い、これも定番にしき堂のを探していたのですが、見つからずしゃーないな、とりあえず買ったのが下のもみじ饅頭です。

 帰ってから、パッケージをみるとアンデルセンとにしき堂の・・・コラボ?商品だったようで、『あたらしもみじ』らしいです。アンデルセンは、広島じゃ有名なパン屋ですね、大阪にもあるリトルマーメードがアンデルセンだったような気がします。

 で、気になるお味の方ですが、時すでに遅しで家の人間にすべて食べられましたので分かりません。多分おいしいとおもいます・・・。

 それから、副題のドライブレーコーダーも上手く動いていましたが、4GBのメモリだと片道しか入らないようで、往路は復路に上書きされ、暗闇の道しか映ってませんでした・・・。

 あたらしもみじまんじゅう。
korotan130704.jpg ころたん(ミニメロン)現在約1cm。
inu120702.jpg 犬曰く「もしも~、もしも~、ひろしまに~byダークダックス」

脱Xp出来ますかな。

 久々に会社ネタですが、ネットなんかでは最近「winXpからの移行」についてちょくちょく見るようになりました。来年でXpのサポートが終了するようですが、家庭とかのパソコンではあまり弊害はないと思いますが、会社で、ネットワーク組んでシステムとかで使っている場合、そのシステムがXp専用ソフトの場合はちょっと難儀なようですね。

 で、「あ、うちもどうしよう。」とか考えていましたが、良く考えなくても、早い話64bitのWin7で動いている端末が、なにげに以前に購入して使っていたので移行の問題はないような感じです。

 じゃ、問題あらへんはずなんですが、今自分の使っているメインパソコンが「Xp」で、なぜかその横に「Win7」が並んでます・・・。去年に購入したのでもう少しで1年になりますが、「まだ」移行できてません。
何と言いますか、ハードディスクでもクラッシュしてくれれば、すんなり移行できるんですが、やはりついつい使い慣れた方を使ってしまいます・・・。ハイ、スミマセン、言うてる本人が「5S」出来てません・・・。

 あと、これは個人的意見ですが、Xpと7は見た目何となく似ているので?、そんなに違和感ないのですが、「8」は、何となく使い難いです。自宅で先日買ったGeforce水冷アホマシンは「8」なんですが、激早ですが、使い勝手がビミョーに分かり難いので、物理的には早いはずですが、精神的にややストレスが溜まります、あくまで、個人的見解です。8.1に期待というところでしょうか。なので、これまた旧vistaマシンから移行できてません・・・。

 なので、会社ではXpと7、自宅ではVistaと8が常に平衡状態を保ちつつ!?動いている状況である非常に訳の分からない状況であります。ついでに、昔データをかなり詰込んだ競馬血統データベースがDOS版なので、PC98(DX4の100MHz!)も捨てずじまいに格納されてあったりします・・・。

inu120702.jpg 犬曰く「購入と廃棄のバランスが完全に狂っているので、部屋は半分ゴミ箱です。」


それはできんわ。

 昨日の「セミの幼虫」を見て、ふと思い出したのが「タイノエ」。タイノエは真っ白ですが、あのフルアーマーなフォルムはかなりインパクトあり過ぎて、未だに素手では触れません・・・。

 それでも姿かたちは、まぁ見慣れましたので、見るだけならまぁ大丈夫なところです。しかし、何も知らずタイのお頭入りの味噌汁の底から、出てくればドン引き間違いなしです。

 でも、世の中には猛者がいるもので、どっかの寄生虫の先生曰く「タイノエは素揚げがおいしい・・・」見たいな記事を読んだ時、恐れ入りました。しかし、仮にむちゃくちゃおいしいとしても、ちょっと食べる気はしません。例えは訳分かりませんが、青いカレー喰うようなもんですかね。

tainoe0501.jpg 釣り針にタイノエが掛かって、鯛でなくタイノエが釣れる事もあるとか。

tainoe1.jpg すいません、まだ修行が足りないので「タイノエ揚げ」はレポ出来ません。



セミ始動。

 早いもんで今日から7月で、富士山は山開きらしいですね。世界文化遺産に登録されて登山者も増えるとか。
高校生の時分に富士山登った事がありますが、はっきり言ってかなりしんどかったです。何がしんどいかって、不慣れな人間に対しては「気圧が低い」って言うのは、かなりの負荷になります。9合目くらいではただ歩いているだけで精一杯って感じでした。道はがれきだし、人は多いし、真夏なのに寒いし、もう一度登りたいな!とは、今のところ思いません・・・。

 で、今日の話題は、今朝出しなに庭の地面をふとみると、セミの幼虫が地面から顔を出しているではないですか。通常は夜に「羽化(成虫になる)」為に様子見がてら夕方くらいから動き出すらしいですが、体内時計がずれているんですかね。しかし、「抜け殻」はよく見かけますが「中身の詰まった」セミの幼虫は、まぁ珍しいです。それと気分的には「梅雨」な感じでしたが、セミを見かけるともう「夏」ですか・・・、ってな感じです。

 さすがに、周辺ではまだ鳴いていないので「春一番」ではないですが「セミ一番!?」に近い部類かもしれません。


 突然の出現に思わず、「あっ、おはようございます」と言いいそうになった、セミの幼虫(たぶんクマゼミ)

semi1307012.jpg
 セミは5~6年地中で成長するそうですね。とりあえず記念撮影。

kyuri130701.jpg
 たまに、こんなんが出来ます。栽培者の性格が反映されるんですかねぇ・・・。

inu120702.jpg
 犬曰く「むかしはアブラゼミもいましたが、今はこの辺ではクマゼミしかいませんね。」
プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR