当社屋上庭園?はひっそりと営業中です。

 まぁ、たまには当社、dentoの話題を・・・と思いますが、たいした話題ではありません。
2年前くらいからですかね、緑のカーテンとかなんちゃらで屋上にヘチマを植え出しました。去年は大きなヘチマが出来たのですが、当社○○さんがフライング気味に無許可で切ってしまった為、かなりテンションダウンでした。

 緑のカーテンと言いながら、殆どカーテンになっていませんでしたが。周辺ではゴーヤを植えてはるところは多いみたいですが、たくさんなりますが味的にやや苦手なので、ゴーヤは基本カーテンにしてません。かといってヘチマは食べる訳ではないのですが、とりあえず干して「たわし」になってます。

 で、ついでに小さい品種のひまわりも植えている訳ですが、こちらは数年前になぜか種を「500粒」も買ってしまったので当然ながら蒔ききれず、ヘチマの傍らで消化試合ならぬ消化栽培しているようなもんです。

 このように、屋上ではそれなりに植物が栽培されている訳ですが、当社の殆どの人は気が付いていないようです・・・。

himawari130628.jpg やっぱり、年々発芽率は低下しているようです。来年は残り全部蒔きますか!?
 やや、やっつけ気味に植えられたヘチマ。雑草は乾燥防止とか・・・言い訳デス。
inu120702.jpg 犬曰く「ニホンウナギがレッドブックに登録されたら、うな重はどうなるんでしょうかね。」
スポンサーサイト

言うてる間に半分終わり。

 まぁ、最近ほぼ「めっきネタ」が出てこなくなりました当めっき会社のブログですが、今日もめっきネタではありません・・・。

 6月も当初はカンカン照りで、どうなることやらと思われましたが、まぁ梅雨らしくなりまして水不足も無さそうで、クーラーもさほどいらずで、ついでに野菜苗の生育も水分吸い過ぎて伸びまくっているので、まぁ悪くない感じです。

 悪くなく、良くなって欲しいものに「景気」がありますが、なんかテレビなどの報道といわゆる実態経済とが、あんまりリンクしている様にないなぁと思うのは、私だけではないような感じです・・・。で、最近は「読書の梅雨」ということで、某ムラサキ頭の◎◎はん!?・・・とかなんとかの浜教授の『アベノミクスの真相(中経出版)』ってのを馬の耳に念仏!?的に読んでますが、私みたいなド素人が読んでも、分かりやすいと言いますか、分かった気になると言いますか、まぁ良い本じゃないかなと思います。でも、表紙の教授の顔写真がちょっと・・・かなり!?怖いです・・・。怖いもの見たさでぜひ!? 

 やや、萎れかけの紫陽花。生野区の花・・・ですが、殆ど見かけません。
inu120702.jpg 犬曰く「Win8.1って、Win3.1と同じようなことですかね。起動は早いですが・・・。」

難しい話になってきた・・・。

 先日、ふと思い立ち「らんちう」と「東錦」の青仔(稚魚)を買った訳ですが、あえなく2週間程で皆さん旅立たれてしまいました。

 で、この犠牲を無駄にしない為にも今度こそ!・・・とまた買いましたが、現在のところ・・・またもや前と同じ状況です。まぁ、そんなええ加減なことはしていないんですが、あきまへん。

 でも今回は、推定死因が分かった様な気がしなくもないです。たぶん「浸透圧」だと思います。はじめ「若干塩水」が良いだろうと思い、入れてみるとらんちうの目がやや出目金になっていました。2日目、前回の例があるのでこまめな水換えが必要と思い今度は「真水」を入れると、サッカー日本代表のまえだ選手みたいな「目」になったところで、「あぁ、浸透圧の調整が上手くいっていないで、濃度がコロコロ変わるから調子が一気に崩れる」説が、かなり有力となってきました。(念のため言うときますが、塩水と言ってもアホみたいな塩分濃度ではありません。0.5%未満)

 しかし、気付いた時には時すでに遅しで、観察してると原因としてはかなり主要な部類に入っていそうですが、「じゃ、どの濃度が良い?」というか「すでに出だしの時点で調子が崩れている・・・」状況で、相変わらず「東錦」のみ元気な状況です。仮に、この説が正しいとしても、これを維持管理しないとあかんとなると、ホントかなり難しいことになってきます。・・・というか、素直に抵抗力のある大人の金魚を買うとけ、っていうところですが。

azuma130618.jpg 「浸透圧」も関係しているなら、これは難しい話になりそうです。
inu120702.jpg 犬曰く「セオリーでは金魚の体液と同じ0.5%の塩水が負担少なくええらしいですけど。」

アベノミクス効果ですか!?・・・いえ梅干です。

 いやぁ、忙しいですわぁー、昨日も作業が終わったん夜中の12時ですわ・・・、と言えば会社のブログなので「あぁ、アベノミクス効果でこの会社は忙しくなったのかな?」と思われるかもしれませんが、残念ながら違います。自宅で南高梅を塩漬けしてたら、夜中まで掛かったよ・・・というオチです。

 最近、梅干をちょくちょく食べるようになりだしましたので、またいつもの悪い癖「自作癖」で、梅干作製はしたことないので漬けてみようか・・・ということで、5月くらいから南高梅10kgを予約していた訳であります。

 予約した時、10kgといってもピンときませんでしたが、到着したのを見ると一言で表現するとお察しの通り「多過ぎ」です。仕方ないので、青いのを選抜して1kgは梅酒にしました。それでも残りは当たり前ですが9kgあります。それを3分割にして塩漬けした訳ですが、塩分濃度はセオリー通りの18%と20%にしました。この2%の差が味に現れるかということは、初心者なので分かりません。・・・初心者ならなぜ10kgも買うねん!というところもありますが、よく分かりません!?。

 失敗例としては、カビが生えやすいらしいので、35%?(失念)の焼酎で容器とかマメに拭きました。塩もみの時点でも少々噴霧するとのことなので、めんどくさいので噴霧せず「添加」しました・・・。まぁ、要はアルコール殺菌みたいなもんでしょうね。

 ぬか漬けもそうですが、塩分が減って水分が増えると、雑菌やカビが繁殖するみたいですし、あと時期的に高温多湿なので余計でしょうね。こういうのは、やっつけで雑にすると雑菌が入るので結構マメに手洗いとかして、それなりに作業をしてますと、そら12時まわりますわな・・・というか第1作目にから10キロコースとは我ながらチャレンジャーやな、全部カビたらどうすんねんやろ・・・といつもながら他人事に思う今日この頃であります。

 あと、順調に行ったとして、9kgの梅をどこで天日干しすんねんやろう・・・とか、色々考えられますが、とりあえずその時のことということで、今はスルーです・・・。もし、えげつない味の梅干が9kg出来たらどうすんねん?という心配もありますが、その時は会社の皆さんにおっそわけします・・・。


 来た時点では「青」ですが、2~3日で「黄色」くなってきます。さすが上手く計算されてます。

ume130625.jpg 第1作目でいきなり10kgは我ながらチャレンジャーというかただの無謀。

inu120702.jpg 犬曰く「あぁ、出来てる梅干買った方が安かった・・・になりそうな。」

宝塚・・・ファミリーランドではなく「記念」のほう。

 とりあえず「競馬やる人」なら、「宝塚記念」と「有馬記念」前はテンションの上がる時期ですが、私の場合はオルフェーヴルが出ない決定の時点で、やる気うせてました・・・。

 で、コン・・・何とかカップもメキシコにも負けちゃったので、せめて1勝でも・・・と若干他人事ながら願っておりましたが、願いかなわずで残念でした。でも、イタリア戦の前半を見ている限りには、ええ感じにゲームが進行していた風に見えたんで、ワールドカップ本戦では頑張っていただきたいものです。

 ついでに、こちらも若干他人事ながら心配だった、しんぼうさんも無事救助ということで、良かったですね。しかし4mという波は想像できませんが、飛行艇って着水出来て、飛び立てるんですね、見直したというか凄いの一言です。今までは写真や映像なんかを見ると「なんとなく旧式なプロペラ機で若干時代遅れ感が漂う」と非常に失礼な印象を持っておりましたが、お名前は存じ上げませんが飛行艇様に対しては、深く反省しております次第でございます・・・。

 まぁ、なんだかんだある訳ですが、私的には梅雨ならではな衝動買いをまたしちゃったよ・・・と言う訳です。なんか、毎年やや蒸し暑いこの季節になると、欲しくなるんですね「食虫植物」が。買ってどうする訳でもないんですがついつい買ってしまいます。でも、たいていは「冬」を越せません。屋内に入れてても枯れてしまいます。まぁ、胡蝶蘭やカトレヤより寒さには弱いんでしょうね、それと乾燥にも。

 
shoku130624.jpg
 梅雨から夏にかけての毎年定番の「衝動買い観葉植物」である、食虫植物のウツボカズラとなんとか(失念)。
高温多湿期以外の管理が、やや難しいです。

aiko130624.jpg
 アイコ(品種名)さん、まぁ今年も今のところ順調ですかね。黄と赤があります。

korotan130624.jpg
 「空中立体菜園(ただの屋根の上)」のころたんは、現在1cmくらいのメロン!?が出来てますが、「地上部」はまだ雌花がつかず・・・。

inu120702.jpg
 犬曰く「ここのところはクーラーなしで寝られるので、曇りがちですが悪くないです。」

コウノトリでなく「サギ」だよ~。

 最近、公私とも「サギ」っぽい怪電話があったりします。

 会社の方では、先日たしか「関西電力・・・サービス何ちゃら(失念)の◎◎」と名乗る人物より、低圧のなんかを点検するとかどうとかと電話がありました。はじめは「関西電力云々・・・」というので信用していましたが、請求書を見てくれと言う割には、質問すると応用の効かない回答と・・・と徐々に怪しくなってきて、数回質問すると回答がやや不安定になりだし、しばらくすると「安心してご利用頂ける」・・・そうで、電話が切れました。
・・・ググって見ると、やはり怪しげな電話があるようです。

 家の方では、還付金詐欺が最近ちょくちょく掛かってくるみたいです。でも、還付金の内容と名乗る部署に若干矛盾が感じられますので、1回目でほぼ「怪電話」認定されました。直近の怪電話では「青い封筒を譲ってくれ」電話ですかね。こちらもググって見ますと、似たようなのが出てきます。

 なんか、色んな手口でいわゆる「サギ」っぽいものが多いですね。でも、最近はネット社会なので、怪しげな電話はググって見ると、まぁ近似例がたくさんヒットします。でも「電話には出んわ!」ってな訳にもいきませんので、まぁ、録音してみたり、それぞれできちんと確認した上で対応せなしゃあないなと思う今日この頃です。

sagidayo1207.jpg 左:コウノトリ、右:露出狂おじさん風サギ(たぶん)
inu120702.jpg 犬曰く「ころたん1個人工授粉成功の模様です!で、しんぼうさん大丈夫かな?」

まさに金魚迷惑。

 当社の排水処理設備には「金魚めいわく」なる最終の放流水で金魚を養魚する装置が備わっていたりしますが、現在は金魚の世話が面倒なので長らく休止中です(排水で金魚が死にまくるからではありませんので念のため。)

 一方、個人レベルではボウフラ退治の為に軽い感じで飼い始めた「らんちう」と「東錦」ですが、ついに全滅してしまいました・・・。結構、金魚飼育暦はあったんでちょっと油断したのかもしれませんが、まず「らんちう様」が徐々に旅立たれ全滅、元気だった「東錦様」も後を追われました。

 で、ハッキリした原因が分からないもんで、若干モヤモヤした感じです。考えられる原因を列挙してみますと
・酸欠
・有機物による水質悪化
・内面モルタルのアク
・病気?
のどれかな・・・と思いますが、モルタルのアクは去年に塗って半年以上はアク抜きしたので多分大丈夫です。酸欠もエアレーションを始めからしてましたのでちょっと考え難いです。水温もそんなに異常なく・・・。病気はありそうな感じですが、外観からはありそでなさそで・・・てな感じです。水質悪化もpHと亜硝酸濃度は問題なく、におっても腐ってる感はなかったのですが・・・水がこなれていなかったかもしれませんが。・・・いずれにしてもハッキリした事が分かりません。

 まだ稚魚でしたので、ある程度は旅立たれることは想定しておりましたが、皆さん旅立たれるとは夢にも思わず「あぁ、大きなったらどうしようかな。」と言う心配をしていたぐらいです。

 ・・・で、しばらく我慢してましたが、またいつもの悪い癖が出てきまして、いわゆる「リベンジ」ですか?、先金魚!?の犠牲を無駄にしない&汚名返上!?すべく、金魚さんには申し訳ないですが、すいません、また注文してしまいました。しかも今度は「土佐金」も加わっています・・・。が、しかし、今度は違います。やや総力戦です。当初主題であったボウフラ退治目的は、もはや主題ではありません。金魚さんを大きく立派に育て上げることが主題なのです!・・・と、いつもの本末転倒です。・・・なので早速、帰りにホームセンターに予備のエアーポンプとか備品を調達しにいきます。



 存命中のらんちう様。かつて、おっきい金魚を入れてたら、どこぞの猫に釣られてしまいました・・・。

azuma130618.jpg
 同じく存命中の東錦様。

inu120702.jpg
 犬曰く「これでまた、水槽が増えるのが目に見えてます。」

ブラジルは圧倒的。

 先日のW杯出場の喜びもつかの間、コン何とか・・・カップですか?はブラジルに完敗で、改めて世界の壁を他人事ながら知った感じです。ワールドカップはイタリア大会くらいから見てますが、強豪チームはまだ日本より色んな面で数段上にいる感じがしなくもないです。

 ワールドカップって4年に1度で「なかなかやな~」といつも思いますが、今回ももう来年なんですね。開催はブラジルなので、また朝の3~4時とかに試合なんでしょうね・・・。

 で、話は変わって「家庭菜園」ですが、拙宅は今のところはまぁまぁ順調ですね。例の如く、ミニトマトは混み出してだんだん、どの株の茎か分からなくなってきました。基本的に化成肥料と農薬は使いませんので、肥料に関しては植える前の油粕と追肥の鶏糞とか骨粉ですかね、牛ふんはちょっと最近使ってません。天然肥料の場合、効き方は緩やかなですが、大量に追肥すると腐敗?等でハエわきまくりとか根が傷んで弱るとかになりますんで加減が必要です。魚のアラとかは別のところで古い土と混ぜて熟成?してから使ってます。

 農薬は、木酢液と焼酎などを薄めたヤツをたまに噴霧しますが、いうほど攻撃力はありません。ナメクジがしぶしぶ退散する程度です。まぁ、多少殺菌作用はありそうなので、ないよりマシな程度かもしれません。 

 しかし、今の時期手入れで休日の大半はつぶれるので、大概めんどくさいですが、最近は年間行事化されている感じなので、春先には考えることなく苗を注文しています・・・。


 ミニトマト類は「脇芽」取りが大変です。見え難い上にあっという間に伸びてしまいます。

nasu130618.jpg
 収穫1・2号の「なす」。とりあえず、ぬか漬け行き。

nankin130618.jpg
 今年も立体空中菜園!?(ただの屋根上)に設置したかぼちゃ、トマト、ころたん、どれがどれか分からない状態に。
inu120702.jpg
 犬曰く「毛利元就公は3本の矢が束になれば折れないと説いたと記憶してますが、アベノミクスの矢は1本ずつみたいですが、大丈夫なのでしょうかね?」

セミが出てきそうなくらい暑い。

 先日、生産現場は30℃オーバーですよ的なことを記載致しましたが、今日は温度計見ると40℃ありました・・・。まぁ、毎年一番暑い時期には40℃くらいになるのですが、いうてもまだ6月中旬ですからね。

 これくらいの暑さになりますと、労働による疲労だけでなく、そこにいるだけで体力を消耗します。かなり過酷です・・・が、個人的には帰ってからのビールがヒジョーに旨いので、まぁ期間限定でいいんじゃないかなと思います。

 しかし、これだけ雨が少ないと水やりが大変です。こんだけ暑いと毎日朝晩2回やらないと枯れてしまうか、しなしなになってしまいます。ホント感じ的には、梅雨の空けた頃の暑さです。たぶんそのうちセミがフライングで出てくる気がします・・・。

 雨の降る時期に降らないと水不足になるし、また集中豪雨でも降られた日にゃ大変なので、とりあえず暑いし適当に雨が降って欲しいと思う今日この頃であります。

inu120702.jpg 犬曰く「今からこの暑さで電気足りるんですかね?」

あちらに見えますのは、ハルカっす。

 まぁ、梅雨真っ只中なはずですが、今日もお天気でした。
 今朝の新聞の折込チラシを見てますと、ついにアベノハルカスが部分的にオープンするらしいですね。

 当社の屋上から西方向に、アベノハルカスがどーんとそびえているのが見える訳ですが、以前は左に見えるマンションもかなり高層で目立っていたのですが・・・。右には通天閣があるはずですが、最近はよく探さないと見つからなくなりました。

 アベノ・・・いわゆる天王寺は、こんなん言ったら怒られますが、一言で言うと昔は汚かったんですがね、最近はキューズモールですか?とか、昔で言う「天王寺ステーションデパート」あたりもすっかり、垢抜けてしまいましたね。Mioをはじめフープとかなんとか色々出来てますがよく分かりません。でも、最近通ったら昔よく行ったユーゴー書店がなくなっていたような・・・。アポロビルはまだ頑張っているみたいですが、アベノベルタはかなり寂れてましたけど。北口周辺は若干昔の面影ありますが、便所が綺麗になってます・・・。

 ハルカスの真下から上を見上げますと、ポカーンと口が開くぐらい高いです。
昔のアベノらしいあの泥臭い感じが、急速になくなっていくのは良いような悪いようなビミョーなところですが、でも鶴橋は当分まだ泥臭さそうなのでやや安心!?だと思った今日この頃であります。

 この界隈で、車運転しているとかなりの存在感です・・・。

inu120702.jpg 犬曰く「アベノプールの水中ステーション知ってますか?」

僕にも撮れるかな?

 以前にロシアでの隕石落下時の映像が色んな所で流れてましたが、たいがいは車載のドライブレコーダーの映像でしたが、ロシアの場合は自己防衛的にドライブレコーダーを付けている人が多いので、隕石の落下映像も多く撮影されていたようです・・・。

 で、わたしも隕石を撮る訳ではないですが、某トラ応援な家電量販店の割引クーポンの使用期限が迫っていたので、まんまと策に嵌って?ドライブレコーダーを買いました。最近設置したばかりでまともに運用していませんが、現物は思っていたより「やや大きめ」でした。しかし、ふと考えましたが、3年でわずか4,000kmしか走らない私のような人間にドライブレコーダーは必要なのかは疑問なところです・・・。

dorareko130611.jpg もしもの時の為にユピテルのドライブレコーだー!。でも、最近はチャリダーの方が凶暴です。


 これから過剰生産されるであろう、きゅうり、ナスを廃棄から救う?「ぬか床」が、つひに始動!
乳酸菌増殖の為のスタートアップ、「捨て漬け」でつけていたはずの「小々カブ」が、なぜかスタメンとして「弁当」に入っていたのは謎なところです。

にんにくにくにくにく18。

 週末はAKB48の選挙があったようですが、私的にはTNZの選抜総選挙の方が気になりました・・・。

・・・一応、説明しときますとTNZ選抜総選挙とは、大分の高崎山の人気メスザルを選ぶ総選挙らしくローカルでは生中継もあったとか・・・らしいです。ちなみに1位は「ピー」ちゃんらしいですが、AKB以上にピーちゃんがどんな方かは存じ上げておりませんので詳しいことは分かりません。ちなみに2位は「キョウコ」さんという方らしいですが、なぜか「人間」です。
・・・ご興味のある方は「高崎山自然動物園」のHPをチェックしてみてください。
 
 で、「TNZ」も気になるところではありますが!?、今日は先週にんにくを収穫しましたよ、という話です。
今年は、春先天気も良かったので昨年より良い感じに出来ている気がします。暖地系と寒地系の2種類を植えていますが、今年は暖地系の育ちが結構良かった気がします。なので、同じ頃合に収穫する玉ねぎも全体的に今年は豊作じゃないかな?と思います。

 多分今年は収穫時期をフライングしなかったとおもいますが、にんにくは収穫目安が「やや葉っぱが枯れてきた頃」という漠然としたものなので、「いつ抜くか!?、今でしょ!・・・ホントに今ですか?」と結構躊躇します。でも、うちの場合はあとに「きゅうり」が待ってますので、6月初旬までには収穫しています。

 ですんで、今は「きゅうり」がもう植わってます。ころたんも成長中ですが、メロンが出来るのかどうか半信半疑な今日この頃です。
 
 1週間ほど干しますが、数ヶ月おくと「中身」が空になっている場合があります。

kaki130610.jpg 岩ガキの中身は去年の夏食べましたが、その殻を砕いて土のミネラル補給。

korotan130610.jpg ころたん成長中。メロンが出来るかは・・・?

rantiu130610.jpg 開封直後の「らんちゅう貴族」を残し、旅立たれた「らんちう」。左の東錦はなぜか?皆元気。

inu120702.jpg 犬曰く「最近の食料品の値上げを見てますと、やはり輸入が多いんですね。」

他の食べ方。

 梅雨に入った途端、ほとんど雨が降りませんが水不足にならなければ、冷房が必要ない程度の暑さでちょうど良いところですが、生産現場は軽く30度オーバーです・・・。

 ところで、魚が好きな人は、だいたい「刺身好き」な人も多いと思われます。私も魚好きですが、しかしながらさかなクンさんのように骨まではよう食べません。

 で、刺身を食べる場合、外食でもスーパーでも、早い話「すこし、もしくは数切れ」ですので、たまにはイヤになるくらい刺身を食べたいと思うようになるわけです。ですので、以前は小あじを釣りに行ったりとしていましたが、産直で購入した方がトータル的に安く、小あじ以外も食べられるので、もっぱら最近はクール宅急便です・・・。

 しかし、人間というのはド勝手と言いましょうか、非常に満足していても徐々に飽きてくる訳です。でも、刺身は食べたい・・・でもやや飽きたということになり、その打開策としては他の食べ方で食べるということになる訳です 

 まぁ、とりあえずくどくどと書きましたが、早い話は↓下のようにどんぶり風にして食べたら、手軽な割にはおいしかったよ、刺身も違った食べ方が出来ますよ・・・というだけのことです。白身の場合はカルパッチョもありですね。(私の場合は、サラダの上に刺身のせてカルパッチョドレッシングをかけるだけのやっつけ的処理ですが・・・。)

sasimi121024.jpg
 ツバスとアジの刺身各半身・・・。腹8分目と言いますか、過ぎたるは及ばざるが如し・・・と言いますか、1匹単位で買うと刺身が好きな人間でも最後の方はイヤになるボリュームになります。

don130607.jpg
 で、意外といける↑上のどんぶり風のどんぶり。詳細は忘れましたが、醤油とすりゴマとショウガとみりんか酒少々だったような。詳しくは何かで検索してください。ご飯は酢めしにしなくてもおいしいです。カイワレ、しそ、ねぎとか入れれば尚良し。色んな刺身でも応用出来るらしいですが、少なくともツバス・アジは手軽な割にはおいしかったです。

東錦にらんちゅう貴族・・・ルネッサーンス!

 昨年、また例の如く思い付きの防災の一環としまして、自宅のかなり古いコンクリート製の「防火用水槽」の内面にモルタルを塗り直して水を溜めていたのですが、夏場はボウフラの楽園となり、当然蚊も増えるわでえらいことになりました。

 で、今年は「金魚でも入れよか。」ということで、「らんちう」と「東錦(あずまにしき)」の稚魚を購入したのですが、やはり放流後あっという間にボウフラは撃滅されました。「あぁこれでよし」と思いきやボウフラなきあとの餌のことを考えていなかったので、こだわりの餌という「らんちゅう貴族」を急遽発注しました。

 しかし、翌日より「らんちう」が浮き出し・・・、ほぼ全滅状態となってしまいました。水が悪くなった?・・・でも東錦は元気だし、酸欠?・・・エアレーションしてるし、・・・ハッキリした原因は分かりませんが、多分水深が深過ぎの為(60cmくらい)底の方で酸欠か、調子を崩してしまったのではないかと思いますが、まさに後の祭りであぁらんちうに悪いこととしたな・・・と思っていた矢先、「らんちゅう貴族」が到着しました・・・。

 東錦は元気なのですが、いかんせん小さいので購入した「らんちゅう貴族」はまだ大きいようです。高級餌だけが残るのはどうしても避けたいところですので、なんとか東錦に元気に育って欲しいと思う今日この頃であります。

inu120702.jpg 犬曰く「最近は金魚飼ってないと思ってましたが、ついにまた再開しよりました。」

BCGではなくBCP。

 まぁ、最近はあまり聞かなくなりましたので、なくなったのかもしれませんが、幼少の頃「BCG」なる注射があり、跡が「ケンザン」みたいになる見た目に恐ろしい注射がありました。

 今日の話題はBCGでなく「BCP」なのですが、最近仕事上でちょくちょく聞くようになってきました。はっきり言いまして私もほとんど分かっていませんが、何やら「事業継続計画」ということらしいです・・・。

 早い話は、会社としての危機管理と言いますか、まぁ「備え」的な計画とか日頃の準備的なことなのかな?と思いますが、個人レベルで言えば「防災」もはてはまるんでしょうが、結局「どこまで」やるかの線引きが難しいですね。具体的にやりだすと、何となく見えてきますが、防災に関しても機材類や毛布とかは一度調達すれば、まぁ買い直すことなく備蓄できるでしょうが、食料・水なんかはもって5年ぐらいですので、定期的に更新なんかが必要です。なので、手を広げれば広げるほど管理が大変になりますし、中途半端にしてしまうといざと言う時役に立たず、意味を成さなくなる危険性があります・・・。

 会社の場合は、公と言いますか、大げさには社会的責務なんかがあったりしますので、真剣に取組む必要がありますが、当然人手と費用が掛かる話ですので「どこまで」するかが今度のポイントになると思われます。

 でも、災害ひとつとっても「地震」か?「洪水」か?「台風」か?はたまた「隕石」か?「太陽フレア」か?正直どれが起きるのか?起きないのか?分かりませんので、もひとつ判断が悩むところに、先日新聞に東海・東南海・南海トラフの大地震の確率が出てましたが、正直30年以内で◎◎%(失念)ですか?正直、どれぐらいの「危機感」を持てばよいのか分かりません・・・。パーセンテージで言われても・・・「降水確率」と同じ様な捉え方でええんですかねぇ。

inu120702.jpg 犬曰く「未だに地震ありますが、収束していくんですかね。」
プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR