やっつけ発電大実験。

 前回の続きで、ペルチェ素子は温度差が生じることで発電するのか・・・、なんか熱源がいる・・・ジッポカイロ!と言う訳で、ジッポカイロで発電とは!我ながらすごいなと、己の才能に驚いていたのですが、「ペルチェ素子 発電」でググるとあっさりと、もう既に同じ実験をしている人がおられました・・・。

 で、その人の実験結果含め、かなりテンションはダウンしていましたが「まぁとりあえず、やっつけでもやってみようか・・・。」レベルで行った大実験が↓です。

 まぁ、実験内容は端的に申しますと・・・と言いますか、「ほぼ内容は、ないよう!」なのですが、カイロの熱をペルチェの片面で受けて、温度下げる面に放熱板を付けたいう、非常にやる気のない、やっつけ的、安直な実験装置?です。電圧計がアナログの時点で、数値を正確につかもうという気がありません。これだけで良かったのですが、昨年作った2chの温度計があったので温度差をこちらはデジタル表示で観察しました・・・。

 結果は、殆ど「温度差」が生じていない為、僅かながら電圧計が振れた程度の「発電」で終わりました。装置がすばらし過ぎるので、しばらくすると放熱側のヒートシンクが下のカイロの熱を受けて温度差がなくなってくるので、電圧が降下し始めます。まぁ、こんなもんです・・・。改善しても結果が何となく見えているので、量はともかく「発電」出来たので、もういいです。

 そう考えてみると、「焚き火発電」のあの商品は、それなりに良く出来ているなぁと思った今日この頃です。

 電圧計が手元にあったアナログの時点で、やる気なし。
hatuden130129.jpg デジタル温度計の方が「存在感」で勝ってます・・・。
hatuden1301293.jpg 「わーい、わーい。電圧計が振れたぞ!発電成功!・・・このレンジだと振り切れても2.5Vなので、0.0?V・・・!?」

・・・徐々に「温度差」がなくなっていきます。人間関係の場合はこれで良いのですがね・・・。
スポンサーサイト

ペルチェ素子

 最近は「防災」関連で、停電になっても機能するであろう補助バッテリーとか手回し発電とかに関心がある今日この頃ですが、近頃マニア心をくすぐるアイテムが出現しました・・・。

 何かと申しますと、「焚き火で発電出来る」もので、缶みたいな容器の中で木とかを燃やすとその熱で発電しUSBでつながるもの(多分5V)が充電できる・・・というものです。どちらかと言えばアウトドアカテゴリーです。

 はじめネットで見たときには「即、衝動買いモード!」になりましたが、アメリカのメーカーでその時点では日本でまだ売ってませんでしたので買えませんでした。・・・でも、現在のところ国内でも購入出来ますが、いつものように「衝動買い」の「衝動」の時期を越えると急激に購買意欲はダウンします。今は「ほっケース」の方を「衝動買い」してしまいそうな状態です・・・。

 でも、「火の熱で発電する」という理屈が非常に興味深げだったんですが、あるネットの紹介ページで「それ」を分解して解説しているのを見て、謎が解けました。思っていたよりシンプルでしたが、要は火の熱を銅棒に伝えてその熱を「ペルチェ素子」が受けて発電する・・・ということらしいです。

 この「ペルチェ素子」は、電気を流すと片面が冷たく、片面が熱くなる性質を持っているので、CPUの冷却や車の中で使う小さい冷蔵庫&保温庫なんかで使われている、意外とメジャーなものです。でも、冷却全般に使えるかと言えばそうでもないみたいですが・・・。
 で、逆にこの素子の両面に大きな温度差を作ると、電気が生じる・・・発電するというのは知っていましたが、「焚き木発電」はこの理屈を利用しているようです。もっと、すんごい技術を使っているのか!?と期待していましたが、でもアイデア商品と言えば、そうだと思います。

 それで、「そしたら発電はどのレベルの温度差が必要で、どの程度発電出来るのか」と言うのが、気になって「ペルチェ素子」を入手しました。電子パーツ売っているところなら大抵は売っているであろう、メジャーな部類のものです。大きさによりますが。・・・まぁ大した実験は出来ませんので、いつものように中途半端になるような・・・。

 ちょっと「ペルチェ発電実験」したくなり購入した5Aタイプの「ペルチェ素子」・・・650円なり。

かつて、にわにはにわのにわとりがいました。

 昨年の一番暑い頃に、飼っていた鶏が他界しました。享年9.5歳でした・・・。
 元々2羽ではなく3羽飼っていたのですが、2羽は5年くらいで他界しました。ふと、鶏の寿命ってどれくらいかな?と思い調べてみると、だいたい10年ぐらいが平均のようです。セキセイインコも10年くらいらしいです。
 でも、鶏の場合オールニワトリで「天寿」をまっとう出来る割合って非常に少ないだろうなと思います。ある者は照り焼きとなり、ある者は親子丼となり・・・、おかげで我々は生きているのですからニワトリ様に感謝です。

 私の場合、ニワトリ様からの恩恵は他にもありまして、いちじくの木があって実はなるのですが、全然おいしくなく、常に成りっぱなしの放置状態だったのですが、ニワトリ小屋を木の根元に置いた翌年くらいから、やや大げさですが「メロンみたい」なくらいイチジクが甘くなったということがありました。まぁ、三連装の鶏糞発生装置を置いたようなもんですからね。でも、鶏糞の威力がここまであるとは目から鱗でした。

 
 晩年のニワトリ様。死ぬとトサカは白くなります。

2013年度の事業計画

 標記の件、只今計画中なのですが、基本的には前年度ベースで進めようと考えておりますが、プラスアルファとして「新しい分野」にもチャレンジしていこうと考えております。

 では、「新しい分野」「新しいもの」とは?・・・と言うことですが、実はもう発注を掛けております・・・。
昨年度の事業で実行する予定でしたが、発注を掛けましたところがえらい人気で「完売」で買えませんでした。
ですので、今年は5月発送の予定である「ころたん(R)」を1月に早々に発注したのであります。

 まぁ、とりあえず「ころたん(R)」ってなんやねん・・・というところですが、簡単に申しますと「小さいメロンの苗」です。・・・オチと致しましては、「今年の家庭菜園事業計画」ということなのですが、「緑のカーテン=ゴーヤ」がベタなところですが、徐々に「ヘチマ」「ひょうたん」へと展開し、今年は「ころたん(R)苗」でメロンにチャレンジ!というところです。

 家庭菜園シーズンは、まだ当分先ですが、やはり「早めのスタートダッシュ」が肝心です。3月4月頃になるとホームセンターの園芸コーナーが活気づき、陽気と共に人が増えだすので、土や肥料・プランターなどをカートで運び難くなります。それにシーズンに入るとその辺の価格もやや強気な感じがしますので、今の季節のほぼ客が無人状態の時に、かさばった物を購入しときます・・・。

 どんだけ気合はいっとんねん・・・というか暇やねん!というところですが、昨年より「サカタのタネ友の会」にも入り、磐石の家庭菜園環境を構築中な今日この頃であります。

sakatanonae.jpg 年々、プランターが数個ずつ増えてる気がします・・・。
kabotya120924.jpg 昨年度はついに屋根にも進出!・・・しかし「かぼちゃ」は出来ず。

inu120702.jpg 犬曰く「私の家の屋根にも、ランとか一杯植木鉢置きよります。」

繋がり易いと雖も・・・。

 今朝、ラジオを聴いていますと、災害発生時の通信手段についてやってました。
 その中で、携帯電話はやはり繋がり難くなるようで、その点「緑の公衆電話」は優先的に繋がり易いとのことらしいです・・・。でも、最近「緑の公衆電話を見かけることってほぼない」と思ったのは私だけではないような気がします。

 確かに、18年前の震災の時も自宅の固定電話からよりも街角の公衆電話の方が繋がりやすかったようで、並ばないと電話できなかったらしいです。当時は携帯電話もそれほど普及しておらず、公衆電話は大きな駅とかではズラッと並んでましたけど、現在はミドリのデンワってどこにあるんですかね・・・ってな感じだと思います。

 その点、メールの方が時間は掛かるがとりあえずは届くらしいのでメールの方が良いようですが、災害規模によっては、基地局とかダメになったら、あかん場合もあるだあろうな・・・と思ったりもします。

 以前、記事でネット環境の劣悪などこかの国で、ある容量のファイルをネットで送信した場合と、そのファイルが入ったメモリーを伝書鳩に付けて送った場合とでは、伝書鳩の方が早く着いた・・・なんてホンマかいなと思うような記事がありましたが、いまやネットも常時接続が当たり前で携帯端末も庶民レベルでネットに繋がる時代ですから、それに慣れてしまうといざと言う時の反動がより大きいものになるのかも知れません。

 といっても、一昔前のインターネットは「テレホーダイタイム限定」みたいな時代には戻れませんけど。あの頃は、夜の10:50頃からネットが重くなりだして、11時以降激重ってのが風物詩だったような。(テレホーダイは11:00からはじまるので)

inu120702.jpg
 犬曰く「震災後の新幹線不通期間は、大阪-広島を和田山経由で夜行寝台列車ってのも臨時で走ってましたね。」

冬の味覚といえば・・・。

 正月休みも終わり、ほぼ通常モードに戻りつつある今日この頃であります。

 当然、冬なので寒いのは当たり前ですが、去年今年と結構冷えますので、通勤時の防寒も「重装備」になってきます。以前は足元がかなり寒かったのですが、バイク用のオーバーパンツ(ズボンの上からはくズボン)をはきだしてからは、結構快適です。但し、バイクでなく自転車での話ですが・・・。

 しかし、冬は寒いだけでなく、所謂「冬の味覚」があります。ベタなところでは「ふぐ・かに・かき」ってところですが、特に「ずわいかに」はシーズンが限られているので、とりあえず1回/シーズンは食したいところであります。まぁでも、「かに」と言いましてもそれこそピンきりですので、タグ付きの活きているものからどこで取れたか分からない冷凍物まで、さまざまです。

 でも、「どうせ食べるなら、美味しいのがいいな、それもリーズナブルに」と相反することを考えてしまうのですが、それを実現する為には購入する時に若干の「ギャンブル的要素」が入ってきます。一番堅実なところは、「それなりの値段でそれなりの物を買う」なのですが、なかなかそうもいきません・・・。

 で、今回はネット通販で「かに」調達ルートを探索しようかと思い、かにを買ってみました。まず、タグつきは高いのでまたの機会にしまして、本命は比較的安い「せこがに」ということで、とあるショップで購入しました。「せこがに」はこの辺で売っているのは「ゆでたせこがに」ですが、こちらの店では「生」も選択できました。

 で、結論的には「まぁええ方かな」ってところだと思いますが、この「せこがに」は到着時生きてました。2日目もまだ生きてましたので、まぁ鮮度的には問題ない感じです。普通「かにすき」はオスの大きいズワイガニですが、茹でるのもなんなので「せこがに」で「かにすき」をしました・・・。ちなみに「オス」より「メス」の「せこがに」の方がシーズンが短いらしいです。多分これで今シーズンの「かに終了」だと思います。

kani1301091.jpg 一部を「生」で発送して貰った「せこがに」。何匹買ったか・・・それは秘密です。
inu120702.jpg 犬曰く「なんぼ、かに好きでも20匹は多すぎると思います。案の定、冷凍庫に5,6匹まだ入ってますが・・・。」

「床のメンテナンス」も「めっき」も前工程が大事とか・・・とこじつけマス。

 まぁ、相変わらず「めっき」と関係ない雰囲気ですが・・・。

 昨年末に大掃除の一環で家のフローリングをワックスがけしましたよ的なことでしたが、そこそこ手間ですが、車ほど頻繁にする必要もなく、それなりにすれば「光沢感」は間違いなく出ますので、まぁまぁ満足というところです。

 通常、車のワックスがけはロウ系?油脂系?みたいな物で、洗車後に塗装面の保護目的に行いますが、ワックスの皮膜自体は非常に薄く取れやすいと思いますので、雨風にさらされると数ヶ月も経てばなくなるか劣化してしまうと思いますので、その都度ワックスをかけ直す必要が生じます。

 でも、ホームセンターで購入した「フローリング用」のワックスは、樹脂系の水溶性塗料みたいな感じですので、どちらかと言うと木工細工などで使う「ニス」に近いのかもしれません。

 同時に専用の塗りスポンジ?みたいのも買いましたが、なるほど、これの方が確かにムラなく薄くきれいに塗れる感じです。

 ただ、普通の掃除と違いめんどくさいのは、「ワックスかけ工程」はメイン工程ですので、まぁ楽しい部類に入りますが、それまでの前工程部分、「掃除機かけ工程」および「ぞうきん拭き工程」は地味で手間が掛かります。しかし、この「前工程」を「やっつけ」で適当にすると、ホコリや髪の毛などが残っておればワックスかけ時に一緒に引っ付いてしまい、ぞうきん拭きで手を抜くと最悪ワックスが硬化しても、所謂「密着不良」で剥がれてしまったり、浮いたりします。また、ちょっとでもホコリが残ると綺麗にワックスが塗れないので隅々まで手が抜けないのが難儀なところです・・・。

 そういう面では、仕上がりの良し悪しは「前工程」にあると言っても過言ではないと思います。かといって、家具はあるし、コード類あるし、完璧にすべて四隅まで綺麗に掃除するのもなんですので「オレしょせん素人で、ダメもとですから」と自分につぶやき、隅々の一歩手前の比較的「開けた」目立つ所だけ今回はしときました・・・。

 まぁ、頻繁に人が行き来するところは特にですが、このようにでも多少コーティングしておいた方が、もちはいいと思います。でも、下の写真のような薄めの色のフローリングは「塗りムラ」が目立つので、薄く綺麗に塗らないと乾燥後も「ムラ」が目に付きやすいです。その点、こげ茶系くらいの色で木目のある場合は、「塗りムラ」は目立ち難い様で、光沢感が結構出ますので「前」と「後」の違いが分かりやすい感じがします。

 やっぱり、「表面処理」は「めっき工程」や「塗装工程」などのメインの工程に目が行きがちですが、意外と仕上がりの良し悪しを左右するポイントは、前工程でいかに表面を「綺麗な状態」に出来るか!?というところにあったりもします。地味な目立たない工程だからと言って「やっつけ仕事」をすると大抵は上手くいきません。

 フローリングにワックスを塗りつつ、「あぁ、やっぱり前処理って、重要やね・・・。」と思った年末でありました。
 

 <左>ちょっと高級グレードなワックス(値段は言うほどでもない)。<右>専用塗りスポンジ。柄のところが容器になっていて握るとスポンジにワックスが出る構造。水溶性なので水洗い出来、比較的扱いやすいです。

souji1301092.jpg
 まぁ、塗った後ですが、あまり違いは分かりませんね。自然乾燥の樹脂系なので、乾燥後擦れキズは入ります・・・このうすい色は特にその辺が目立ちやすい感じです。

「けの日」化の正月。

 また、年明けから意味不明なタイトルではありますが、むかし小学か中学の国語の教科書に「はれの日とけの日」についての文章があったのを記憶しています。

 記憶に残っている内容としては、日常には「はれの日」と「けの日」があって、「はれの日」には文字通り「はれ着」を着て豪華に?過ごし、一方「けの日」には質素倹約的におとなしく?過ごすのが、日本古来の過ごし方である・・・みたいなことだったと思います。それと「はれ」と「け」の比率は「けの日」の方が断然多いと思いますが。

 まぁ、昔の人は日頃は質素倹約で過ごすけど、たまには豪華に過ごす日もあるよ、めりはりが日常には必要だよ的なことなんかな・・・と思ったりもする訳ですが、そういう点では「正月」なんかはまさに「はれの日」だと思います・・・。

 でも、最近は何事にもいい意味での「めりはり」が世の中的になくなってきているのか、それとも個人的なことなのかよく分かりませんが、分かりやすく言うと年々「ぃっヤッホー!正月おせち料理!」的な気分ではなくなってきて、「逆」に、正月は「お餅にお茶漬けと柴漬け」が食べたい気分・・・となってきている自分がいます。

 以前は3日くらいまでは、どこも店開いていないので「やや必然的」に「食べ物=おせち料理類」という感じでしたが、最近はコンビニあるし、2日から初売りし出しますもんね、別に無理して3日まで「おせち料理」を食べ続ける必要もなくなってます・・・。

 そういう点では、「けの日」の「はれの日化」、「はれの日」の「けの日化」、早い話は日常の「めりはり」がなくなり、「平均化」されてきているのでしょうか。これは、いいことなのか、否か、よく分かりませんが、でも「冬」の寒さを耐えてこそ、「春」の良さが倍増する・・・的なことで言えば、「この平均化」はエコロジーなことではないような気がした今日この頃であります。

inu120702.jpg
 犬曰く「正月の羽根つきって見なくなりました。昔はちょくちょく凧が電線に引掛かってましたねー。ゲイラーカイトが」

明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 当社は明日5日が初出となっております。初出は稼動の準備程度となってまして
通常営業は7日となっておりますので、よろしくお願い致します。


 まぁ、年々、年末年始&正月感がなくなってきている今日この頃ですが、今年は特に正月感がありませんでした。(*個人の感想です)

 年末は紅白は殆ど見ずに、その後の「ゆく年くる年」と「まっさん」を見ていました。ただ、会場の観客席は「白」が圧倒的に優勢でしたが、トータルの結果は意外と拮抗していたのは「へっ?」と思いました。それに「日本野鳥の会の皆さん」によるカウントが見れなかったのも残念でした。(*個人の感想です)

 個人的な今年の抱負としましては、昨年「当った」のは結局「さば」にだけでしたので、それを払拭すべく今年は運試しに、某アウトドアメーカーの抽選販売とされる福袋を「XLサイズ」で年末に注文し、一応?当って「半袖・半ズボンのカッパ来たらどうしよう?」とか思いつつ、元旦に来たのですが、一番のメイン商品が「バックパック」なので、これは「XL?」と思い、水筒も入っていたので「あぁこれもXL?」と思い、結局「XL」だったのは紺色のウインドブレーカーだけでしたので、今年も・・・な予感はしますが、ゴルフで言うところの「プッシュアウト」にならず、「ちょいスラ」ぐらいに収まるように、頑張りたいと思います。
(*個人の感想です・・・当たり前、・・・♪あたりまえ体操♪)


habotan1212242.jpginu120702.jpghabotan1212241.jpg
犬曰く「写真使い回しの正月ヴァージョンです。このグダグダローカルワイドブログを今年もよろしくお願い申し上げます。」

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR