とまと

 今年は、トマトを久しぶりに植えたと言いますか、苗セットに入っていたので仕方なしに「やや適当に」場所もないので、プランターで植えていましたが、それなりに出来てきました・・・。

 写真は梅雨時期のものですが、「大玉」のトマトは雨に当ると尻が黒くなってくるので、管理が結構めんどくさいです。ミニトマト系は、比較的簡単な部類だとは思います。 

 で、ここんところが収穫時期になっていますが、まぁ少ないなりに収穫してみるとそこそこの量になります。プラス「きゅうり」は数本/日ペースで出来てくるので、今度は処理(食べる)方が大変になってきます・・・。

 まぁ、もうちょっと平均化出来ないかなと思いますが、まぁ仕方ないです・・・。でも、収穫した野菜が食べられるところが、家庭菜園の最大の良さであります。
 
tomato2.jpg なんだかんだで、それなりに出来てきたトマト。
 大玉系は、結構難しいです。ホームセンターのビニール袋で雨よけ・・・。
tomato3.jpg これは「アイコ」と言う品種です。黄色もあります。
inu120702.jpg 犬曰く「私は、プランターのかぶらを良く引っこ抜いて食べます。」

スポンサーサイト

久々にLED雑貨ネタ

 以前は、防災関連中心に個人レベルで防災関連雑貨品を集めていた時期がありましたが、「のど元過ぎれば熱さ忘れる」と言いましょうか、何となく知らぬ間にテンションが下がっておりました・・・。

 えらいもんで、まだ1年経つか経たないかですが、あの当時は持っていない防災グッズはほぼ「手当たり次第」に買っていたなぁと、あの頃を懐かしく思う次第であります・・・。

 色々物色してますと「ひかりもの」はだいたいLED絡みな訳でして、まぁ例えば「LEDヘッドライト」なんかは、色んな種類があるもんですから「人間あたまはひとつ」ですが、気が付くと3つ4つ買ってしまってる訳であります・・・。

 で、今日の本題は「既存懐中電灯の交換用LEDバルブ」です。既存のムギ球タイプの懐中電灯のムギ球部分をその製品に取替えれば、あら不思議!LED懐中電灯に大変身・・・と言う訳なんですが、利点として従来の「がわ」を使えるというところで、まだ使えるし捨てるのもったいない旧タイプな懐中電灯をリニューアル出来ます。また、電池が長持ち!(たぶん)するということもあります。

 しかし、白熱電球もそうですが、ムギ球もどちらかと言いますと「へ」みたいな値段ですが、「球」としてのLEDはどうしても比較してしまうので、高いです。半導体で出来た部品と思えば、そうでもないかも知れませんが・・・。ですので、下の写真の「がわ」は乾電池を購入して時におまけで付いていた物なので「ほぼ0円」扱いなのですが、交換球が400円くらいなので交換に際してはビミョーな気がしなくも無いです・・・。


 電圧降下に伴い、徐々に暗くなる・・・従来タイプ。乾電池買った時のおまけです。
ledtama.jpg 結構明るくいいんですが、お値段がちょっと・・・。
tamaandtama.jpg 交換球は乾電池の本数(電圧)によって、交換可否あるのでご注意ください。
inu120702.jpg 犬曰く「最近何でも二極化傾向ですが、日本って折衷案が得意だったんじゃないのかな?」


プロフェッショナル・・・って実際は難しいな。

 ちょっと、たまにはまともな話ですが「プロ」とか「プロフェッショナル」って言うのは簡単ですが、なかなかその道の「真のプロ」ってなかなかなれるもんじゃないし、なるのは難しいよなーと思った次第です。

 考え出すとキリが無いですが、スポ-ツ界で言う「プロ」はそれを生業にしてはる人・・・というイメージで「プロ」「アマ」って区別しやすいですけど、それ以外で我々のような製造業の分野でも同じ定義で「プロフェッショナル」と言えるのかなと・・・。

 でも、例えば「めっきのプロです。」を前述の定義に当てはめると、「めっきを生業としています」と言うことが言えますが、一般的には「めっき業で働く=めっきを大変よく知っている人」とおおよそそうなっていますが、「マニュアル化」「作業標準化」が進んだ昨今、「マニュアル通り作業が出来る人=めっきのプロ」とも言えなくもないような気がします・・・。

 で、何が言いたいかと申しますと、この世の中、最近まぁいろんな方面で諸問題が湧いてきていますが、本来の「プロフェッショナル」といわれる人が少なくなってしまい、知らん間に「マニュアル通り作業が出来るプロ」が増えてしまって、「マニュアル外」の事象には対応出来なくなってしまう場合があったりするんじゃないかな?と思ったりもします・・・。

 そういう点は、「人の振り見てわが振り直せ」じゃないですが、当社も本来の「プロフェッショナル」を目指すような姿勢でいかんとあかんな・・・とふと、思った今日この頃です。

↓前回の続き。

公園横の向こーうの方の電柱上を見ると、コウノトリがたたずんでいました・・・。

kumatoinosisi0721.jpg 詳しい説明も無く?(周辺に生息している?)展示してあった「剥製」。熊とイノシシのうしろ姿。

inu120702.jpg 犬曰く「暑い日が続きますが、今のところ計画停電はなさそうですね。」


こうのとりが増えると小子化問題解決するかな?

 当社では、数年に一度の割合で、どちらかと言いますと、やや「気まぐれ気味」に、いわゆる社員旅行?親睦旅行?的なものがあります。

 で、この休みを利用して、豊岡方面へコウノトリを見に行ったよ・・・という訳です。(まぁ、コウノトリだけではありませんが・・・他、そばとかセイウチとか・・・?)

 とりあえず、ご存知の「豊岡コウノトリの郷公園」に行った訳ですが、どのレベル(「普通に」「たまに」「激レアに」)で「コウノトリ」が観れるのかも知らなかったのですが、公園手前の大きな川にすでに2羽のコウノトリが平然といたので、「まぁ、激レアでは無いな」ということが判明した次第です。

 「もしや逆に、お出掛け中で公園内にいないのでは!?」と思ったりもしましたが、公園内には10羽ほど普通にいました・・・。コイサギ?なんかが近くにいたりしますが、やっぱ「コウノトリ」は風格がありますねぇ。
 

sagidayo12072.jpg 意外と多くいた「コウノトリ’s (複数形)」
 風格ある「コウノトリ」の後ろに「露出狂の変態おじさん」に見えなくも無い「サギ」・・・。
inu120702.jpg 犬曰く「近畿地方は梅雨明けしましたね。祇園祭りや天神祭りの頃が一番暑いですね。」

やっぱり満開。

 ここ数日は、梅雨の中休みと言いますか、夏本番に備えた「夏の予行演習」ってところでしょうか、天気が良く久しぶりに日光に当ったような気がします。・・・天気予報では、またしばらく梅雨空らしいですが、もう言うてる間に梅雨明けになりそうな感じです・・・。

 世間は「梅雨真っ只中!」ですが、我が社の屋上ではちょうど今「ひまわり」が見頃を迎えております・・・。

 いわゆる「でかい」ひまわりでなく、切花に使えるような「小さな品種」のひまわりです。
himawari71101.jpg 綺麗に咲いていますが、社内の人の目には殆ど触れることなく散りそうなので記念撮影。
inu120702.jpg 犬曰く「この辺は今週末あたりが夏祭りみたいですね。だんじり見れますかね。」

緑の柵。

 去年は階段付近に「ゴーヤ」を植えてみましたが、中途半端に伸びたところで「根腐れ」を起こして早々に「終了」しました。で、今年は、日当たりの良い屋上に場所を替えて「ヘチマ」を植えてみました・・・。

 とりあえず、今のところは順調です。ついでに、去年、種を買い過ぎた(200粒ほど)「小さいひまわり(品種名は失念!)」もついでに植えてみましたが、こちらも順調でもうじき花が咲きそうな感じです・・・。
 梅雨空にひまわりは、はっきり言って「合わない」と思いますが、ほぼ間違いなく梅雨中に満開?になりそうです。ヘチマも実はちらほら付いていますので、どれくらいの大きさになるかは今後の楽しみではあります。

 まぁ、このレベルでの「緑」では遮光効果は殆どないと思いますので、一応名目上は「緑のカーテン」となっていますが、ただの「趣味の園芸」レベルに終わると思います。・・・来年あたりは、ヤケクソで植木鉢を50鉢くらい買ってきて、屋上中「ヘチマ」を配置したら面白いかもしれませんが、「ヘチマ部ヘチマ課」という部署を作らないと多分管理できないと思います・・・。
 
 ちょっとまじめな話、「緑のカーテン」は屋内の温度下げるのが目的だと思いますが、効果のポイントは「遮光」「葉から水分蒸発(気化熱)により温度下げる」あたりかな?と思いますが、正味の話「遮光」だけだったら、それこそ園芸資材の「遮光ネット」でも効果あるんじゃないかな?と思います。・・・これだったら、枯れないし、数シーズン使えるし、確実だし・・・。ちなみに本来「遮光ネット」は真夏の直射日光だと強すぎて、葉が焼けてしまったり、暑さに弱い植物の為に使います。遮光率も何種類かあります。

 「じゃ、グダグダ言わんと遮光ネット付けたらええやん。」と思われるでしょうが、「遮光ネット設置=終了」となっては、ストレート過ぎておもしろくない?ので性格上どうしても回りくどく「ああでもない、こうでもない」と言いつつ、のらりくらりと回り道をして、いつしか「目的」すら忘れてしまう・・・のは、毎度の事です。



 「緑」は本来「きれい」なはずですが、雑然としてきました・・・。
himawari120704.jpg 「梅雨真っ盛り!」に咲きそうな「ひまわり」
inu120702.jpg 犬曰く「涼しげな顔をしていますが、背中がとてもかゆいです。」

塩麹のその後。

 先日、乾燥麹を購入して「塩麹」を作りました・・・が、どんぶり鉢一杯に出来たはいいけど「何に使うねん?」という根本的なところで止まっておりましたが、ナスと胡瓜が「中途半端」な量で収穫し出しましたので「麹漬け?」ライクなことをしてみました。

 本来の「麹漬け」がどのような工程なのか知りませんが、とりあえず「塩麹」に漬けたらそれなりに何か出来るだろう的な感じで、獲れたナスと胡瓜を投入して2,3日後に食べてみましたが「麹の味のする塩辛い浅漬け」見たいな感じでした。で、数回漬けている内に適度に塩が抜けて行き、なんとなく「漬物」っぽい味になってきました。味的には悪くないのですが「麹漬け?」・・・と言うよりむしろ「ぬか漬け」のような味になってきています。

 見てくれは悪いですが、味は悪くないので食べられないことはないです。お茶漬けにはちょうど良い感じです。まぁ、自分で書いていても「これ何の話題?」な気がしなくもないですが、これから夏野菜のおいしい季節!みなさんもぜひ・・・ということで。


 それぞれ品種が違うのがたまたま同時に収穫できたので記念撮影。
koujiduke.jpg 使い道に困った「塩麹」を床にして出来た「麹漬けのようなもの」(味は悪くありません・・・)
inu120702.jpg 犬曰く「計画停電になったら、冷蔵庫の中身はダメになるでしょうね。」


プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR