たまには「めっき」の話題を・・・

・・・と思いましたが若干、仕事にかする程度の話題です。

 普段、「メモ」は裏紙を使ったりしますが、あくまでも「メモ」なので後日どこへ行ったか分からなく
なったりします。・・・と、普段考えておりました・・・。

(中略!)

 で、「マメモ」なるものを買いました。サイズは大小2種類?ある様ですが、「大は小を兼ねる」とは
言うものの、おっきいサイズはなにげに持ち歩けない感じなので「小」にしました。

 基本スペックは、単4×1本駆動で、microSDスロットありでPCに画像ファイルとして取り込み可能
らしいです。「書き味?」は思ったほど違和感なし・・・ですが、高精細には私には書けません。

 まぁ、結構の画面分保存できるので、数十文字レベルの覚えられそうだけど、忘れてしまいそう、忘れちゃ
いかん的な、「メモ書き」を蓄えられるので、思ったよりよい感じです。ただ、少しイクスペンシヴなので
費用的効果は今のところ低いと思われます。
 

何グラムか知りませんがそんなに重くはありません。胸ポケットに入ります。
字の太さは3種類、消しゴム?機能あり。他にも機能ありますが、まだよく分かっていません。


スポンサーサイト

4台目・・・server

 4台目・・・といっても、趣味!?のガイガーカウンターの話ではありません。

 社内データベース用のサーバーです。(サーバーといっても能力的にパソコンに近いですが・・・。)
3代目もそろそろ衰えが見え始めて来ましたので、交代と相成りました。

 今回のOSはcentOSなるLINUX系です。
以前は某ソフト会社のOSとデータベースソフトでしたが、結構なお値段なので3代目からLINUX系に
なっています。ちなみに初代サーバーはUNIX系で200万くらいしたような・・・。

 CPUはi5でヒートシンクはあまり大きくありません・・・というか小さいです。(自宅のCore2のは、エンジンみたいなヒートシンクがのっていますが・・・)

 現在試運転中ですが、今後バリバリ、カリカリ、頑張って頂きたいと思います。


某TVショッピングの社長曰く、「皆様ご覧ください、このスリムなボデ~ぃ!!」・・・とはいきませんが。

 「このスリムなボデ~ぃ!!」はi5のヒートシンク。



3台目(2台目)

 相変わらず、何の関連もない話ですが。前回の続きです。

 2番目に購入したガイガーカウンタが↓です。
まぁ、いわゆるメーカー品ではないのですが、比較的安いのと、データログ機能付(オプション)、カウント表示
あり、ということです。GM管(ガイガーミュラー計数管)はロシア製らしいです。

 とりあえず、GM管は放射線をカウント/時間当りするものらしいので、本来は「cpm」という単位らしいです。
しかし表示は「シーベルト」なので、通常のガイガーカウンタは内部で変換されているということになります。
ということは、まずは「cpm」の数値も確認出来た方が、より妥当ではないかと私的に勝手に考えたわけです。
ついでに、「数」がある方が精度的に上がるのではないかと勝手に考えたのです。

 かつて、中華Padを3台買い、「本末転倒」的で、結局「ふーん?」的に終了した「同じ轍」を踏んでいる訳ですが、「あなた、もしや、一部ネット上で言われる放射能コワイコワイ病では??」と思われるかもしれませんが、
「私、ちょっとスタパ的でニャニャニャ的なところがありますので。」と回答するかもしれません・・・。
(上記においてある程度、意味をご理解頂いた方は「ツー」であると思います。)


「温度センサー」も付いてるよ。

2台目

 またまた、何の関連もない、個人的趣味な話ですが。

 4月に中国製ガイガーカウンターを購入しました。目的は当然「福島第一」ですが、あの時は
風に乗って、放射性物質が西日本にも飛来するとか、なんとかありましたし、「放射線」について
何の知識もない中では、確認出来るであろう唯一のアイテムは「ガイガーカウンター」しか思い
浮かびませんでした。

 まぁ、結局は「活躍」することもさほどなく現在に至っておりますが、目には全く見えない「放射線」を
正確さは置いといて、数値で「見える化」出来る存在は、「お守り」見たいなものでしょうか。

 最近は、「空間放射線量」より「食品中の○○ベクレル」に関心は移っていますが、色んな情報を総合すると
基本的には市販のガイガーカウンタでは食品中のベクレル検査は出来ないようで、仮にガイガーカウンタの数値
が上がるレベルの食品は、もはや「食品」ではなく「放射性廃棄物」のようです・・・。

 食品中の放射性物質の検査や内部被曝の検査は、かなりの精度が必要なようです。普通の状態での自然放射線
(BG)がある為、ややこしいようです。

 宇宙からくる放射線、地面から出る放射線、ラドン温泉、花崗岩やコンクリートからも微量出ているそうで、
元々、微量の放射線が存在するだけに、「低線量」の安全性についても議論が分かれるところなのでしょうか?

 その点はド素人ながら考えまてみますが、「危険派」「安全派」どちらの内容も分かる様な気がするので余計に
「よく分からない」となります・・・。人間も生物なので「本能的判断?」に「勘」が働きそうですが、「放射線」
については、「イメージ」が沸き難いです。そこで、「ド素人」ながら考えてみると「やけど」の「イメージ」に
似ているのでは?と勝手に想像してみます。「数千℃」なら「即死」だし、「100℃まで」なら「一瞬」くらい
は「セーフ」。低温でも「低温やけど」ってのがあるし・・・。でも、40℃くらいある「風呂」は疲れが取れるし
な~。「α、β線」による「やけど」もあるそうですが・・・。
「γ線」は電磁波。可視光線も電磁波。紫外線も電磁波。紫外線も確か「UV-a、b、c?」があって、有害な
紫外線もあれば、ビタミン形成に必要な紫外線もあったような・・・。
・・・と、私のような「ド素人」の一般市民は考えれば考えるほど「よく分からなく」なります・・・。

 で、前述の内容からは関係ありませんが、「2台目(正確には3台目)」ガイガーカウンターを性懲りもなく購入しました。「RADEX RD1503」ですが、購入直後から計測が不安定で、しばらくすると「0.00」
になり、「バックグラウンド」もないのか!という状態で、気が向いたら?また測定し出す・・・てな感じで。電池
を替えても変わらず、しばらく様子を見ても同じ。で、購入先に問い合わせると、あっさり「不良品です」との
回答・・・交換してもらい、事なき?得ましたが・・・。

「なぜ3台??」・・・「お守り」は多い方が「安心」だからです。

菌・カビの幸?

 まぁ、これまた引き続き何の関連もない話ですが。

 先日は、「生ゴミ」を発酵させて堆肥化うんぬんと申しましたが・・・。

 あらためて考えてみると、生ゴミだけでなく「菌・カビの幸」は結構、身のまわりにあります。
いわゆる発酵食品・・・、チーズ・パン・味噌(しょう油)・納豆・漬物・酒類(みりん)・メンマ・フナ寿司・・・
なども、「乳酸菌」「こうじカビ」「酵母菌?カビ?」「納豆菌」などの働きによって作られています。

 で、ほとんどのものは「おいしい」もしくは「うまみ」があります。
ただ「ふな寿司」は「好き」「嫌い」が両極端に分かれる傾向にありますが、私は「好き」派です。
「納豆」もそうですが、ただ私の場合は長年「嫌い派」でしたが、「発酵」を考えるうちにここ数年で
「好き」派になりました・・・。

 で、ついでに考えると、近ごろは「抗菌」がブームになったことがありますが、人間はすべて「抗菌」
してしまうと死んでしまうと思います。腸の中で「なんちゃら菌」や微生物?が食べた物を「細かく分解」
してくれて、はじめて腸壁から栄養として吸収されると思います。まぁ、いわゆる「善玉菌」の話ですが。

 「漬物」や「キムチ」を数日置いておくと「すっぱく」なりますが、「乳酸菌」が活動しているのでしょう!
たぶん。日本酒でも2~3年経つと「すっぱく」なりますが、「エタノール」が「酢酸」になったのでしょうか!

 でも、「発酵食品」を作るには、管理が重要だと思います。
「漬物」もこの時期「きゅうり」「なす」はおいしいですが、漬けてるうちに「水分」「塩分」のバランスが
狂いだしますので、「ぬか床」の維持には中々の技量が必要だと思います。

 ふつうの「乳酸菌」は「特別」なものではなく、どこにでもあるらしいです・・・。野菜自体にも付いているとか。
しかし、市販の「イースト菌」は小一時間でなぜ、あんなに発酵する(膨らむ)のか疑問です・・・。
プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR