海の幸?

 これも全く、関連のない話ですが。

「海水」には、ほぼ「一通り」の元素が含まれているそうです。
多くは、いわゆる「塩」ですが、その他「にがり」的なものから微量元素に至るまで
かなり色んな種類の元素が入っているそうです。今注目!?のウランも!

 そう考えると、地上(淡水)より海中の方が栄養豊富なのも分かります。水中の生物
でも、淡水に比べると海水の方が多種多様すぎます。

 一方、園芸の液体肥料でも「微量元素入り!」的なものが売っていますので、窒素-りん-カリ
以外の微量元素も、園芸・家庭菜園には「有効」でないか?と考える訳です・・・。

 じゃ、「海水」をまくか!と考えましたが、「塩害」という言葉があるように無謀なのは
分かります。畑が「塩田」になりそうです。

 ・・・で、身近な捨てるようなもので考えたところ、「牡蠣殻」「魚のアラ」「かにの殻」が
候補にあがりました。「牡蠣殻」は普通に商品としてホームセンターに売ってますので、問題
ないと考えられ、「かにの殻」も似た様なものだろ的な感じですが、「かに」を食べられる機会が
皆無な為、発生量がしれてます・・・。「魚のアラ」は良さげですが、調理前に確保しなければ
なりません(調理すると塩分が付くので)

 ・・・と、あれこれ考えつつ調達しては、去年から土に埋めていますが「なんとなく」効果がある
気がします。「魚のアラ」は生のまま埋めると、腐敗&ハエの養殖場化しますので、「ぼかし」て
います。(何度か養殖?しましたが・・・。)ちなみに、「ぼかし」とは主に野菜くずなどを発酵させて
ぼかし肥にする為にEM菌入りのヌカみたいなものです、たぶん。最近は、ホームセンターでも
「生ゴミぼかし」コーナー?があったりします。「生ゴミぼかし」は数年しましたが、「効果良好」
ですが「漬物」と一緒で?発酵が上手くいかないと、特に夏は「恐ろしい」までの「悪臭」が発生
するので、水分管理と温度管理が難しいです。

 まぁ、ゴミとして捨てていたものが分解されて「おいしい?野菜」に変わると考えると
「なかなか、おもしろいな!」と思うのは、私だけかもしれませんが・・・。

 余談で、リンが豊富で肥料の王様と云われる?「バッドグアノ」というものがありますが、
これの主成分はズバリ「こうもりのうんこ」です。


 
スポンサーサイト

硫黄島(いおうとう)~夏休み読書感想文?

 これまた、全く何の関連もない話ですが、

 先日、小室直樹著『硫黄島 栗林忠道大将の教訓』という本を読みました。
 読むきっかけは、以前に同じく小室直樹著『信長 近代日本の曙と資本主義の精神
』を読んでみて、内容が独特の視点で面白かったことと、文章が読みやすい(文章表現が巧み?)
ことがあり、「硫黄島」の話についても歴史の出来事としか認識はありませんでしたので、
この機会にと思いました。

 最近、TVでクリント・イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』という映画もタイミングよく
放映されたので、より「硫黄島」での「激戦」について知ることが出来ました。

 今まで、「硫黄島での激戦」といえば、摺鉢山に星条旗を掲げる米軍兵士の写真しか知りませんでしたが、
この小さな島で起きた出来事は、「学ぶべきこと」のひとつであると思います。

 北米駐在武官の経験もある「栗林中将」、ロサンゼルスオリンピックで馬術障害金メダリスト「西中佐」・・・
当時敵国であった「アメリカ」を良く知る指揮官・・・。
 決して「無謀な戦い」だけでは語れないものがあると思います・・・。

 

カーテン1号”ほぼ終了”

 白ゴーヤのカーテン一号。
 期待を込めて、先日肥料投下しましたが、見事に「裏目」に出てしまい、
案の定「根腐れ」を起こしてしまいました。
 やっぱり、くそ暑い時期に肥料やり過ぎはダメですね。それも「無発酵」の油粕を・・・。

 でも、自宅のゴーヤは伸びまっくて、4~5個「白ゴーヤ」出来てるのですが・・・。
「ヘチマ」もかなりビッグサイズになってますが・・・、何が違う?・・・「土」かな?
自宅の「土」は@600/袋ですが、会社での「土」は@198/袋・・・。
やはり、この差は大きいかも・・・。

 なにやら、今日X級の「太陽フレア」が発生したとか・・・。 

世界的に株安傾向、介入しても円高だし、金は1700ドル超えるし、英では暴動とか・・・。
なかなか、世の中落着きませんなぁー。

「根腐れ」です。たぶん
雑草のような「ヘチマ」は健在。
今日、生産ラインはMAX.43.7℃をマーク・・・。

どうなんでしょう・・・??

 昔から、怖いものといえば「地震」「雷」「火事」「おやじ」が代表例として挙げられますが、

「雷」「火事」は、回避や予防することである程度、逃れられそうですし、
「おやじ」は、経験より「爆発?」スイッチをさえ押さない様にすれば・・・、な感じですし。

「地震」は今年特に「怖いもの」のひとつになっています。
これだけ、活動が活発だと、どこで起きても不思議ではない状態です。震度5くらいが起きても
「あ、またか」的にしか思わなくなったのも、これまた「怖い」です。

 そこで重要な「キーワード」が「予知出来るか?」となる訳ですが、色々な予知方法が精度は別として
あるようで、ネット上では大気イオン濃度の変化や小動物の異変、太陽活動、井戸の水位変化や電卓の表示
異常まで、様々な方法で探求されているようです。

 その中でも、やや「注目」しているのは「太陽フレア」です。フレアの規模には色々あるようですが、
C級、M級、X級と規模が大きくなり、フレアの規模や向きにより太陽風が強まったり、オーロラが出たり
するらしいです。東日本大震災の前(1ヶ月くらい?)にはX級のフレアが発生していました。
 フレアの発生と地震をみていると、なんとなく関係があるような、ないような??気がしています。
ここ数日ではM級が数回発生していますので、その点ではやや心配な感じです。まぁ、個人的素人レベルの
感じですので全くあてにはなりませんが、これだけ地震が多いと何か予測的なものを欲しくなると思う
今日この頃であります。

巨大化したきゅうり・・・

 家庭菜園の入門として、「きゅうり」は比較的、難易度が低いと思います。

 最近は、ほぼ毎年「きゅうり」を栽培している訳ですが、夏場は「きゅうり」購入することなく・・・というか
2~4株程度で余るくらいに採れます。当然、環境により異なりますが。
収穫時期の食卓の野菜系は殆ど「きゅうり」がらみです・・・。冷蔵庫の野菜室は半分「きゅうり」です。

 種類も色々あり、最近では「毛馬きゅうり」「聖護院きゅうり」・・・などの品種も売っています。

 きゅうりは、大きくなりだすと2~3日であっという間に「きゅうり」になります。まれに、収穫を
逃し、「こん棒」みたいになる「きゅうり」もあります。当初は「食すに値せず」と愛犬に「おやつ」として
やりましたが、下痢気味になりました・・・。

 しかし、捨てるにはもったいないので思案していると「きゅうり⇒胡瓜⇒きゅ瓜」となり、次回は
「瓜」として食してみることにしましたが、さすがに「きゅうり」を「煮る」という発想がそもそも
ないので食べるのに躊躇しました。しかし、食べるとまさに「瓜!」で、「きゅうり感!?」は
なく、むしろ意外や意外「おいしい」ではありませんか!
 それ以降、「こん棒」ができると、その後「カレー」に入って出てきます・・・。

 基本、株が弱るということなので、「こん棒」前に収穫しますが・・・。

 また、「カレーに入れたが旨くない」などの苦情はお受付出来ませんので、あしからず。

ノーマル「きゅうり」・・・放っておくと「緑のこん棒」に・・・、さらに放っておくと「黄色のこん棒」に・・・。
食られるのは「緑のこん棒」までと思いますが・・・。
プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR