これからの時代は「4K」なんで・・・。

 近頃は、WEB閲覧とかネットと言えば、スマフォやタブレットなんかが主流である昨今でありますが、私的にはゲームとか昔の流れで未だデスクトップパソコンが健在な訳であります。

 パソコンとテレビ、昔はパソコンモニターとテレビは同じブラウン管でしたが、解像度の違いや何やらで「別々のもの」という認識で、それぞれモニターとテレビが同じ部屋にあった訳です。しかし、最近はテレビの方もフルハイビジョンやらなんやらで、パソコンの解像度と遜色ない、4Kとかなると上回ってくるくらいの画質になってきていマス。

 で、私的には狭い部屋の効率利用の為に、テレビとパソコンのモニターを共有化した方が有効なので、HDMI端子が普及してきた時に、パソコンモニターにもHDMI端子があったので、そこにレコーダーを繋ぎそのチューナーでパソコンモニター兼テレビとして使っている訳であります。まぁ、どちらかと言いますと、パソコン用のモニターは、あくまでも「パソコン」を繋ぐ用のモニターなので、テレビ映像を見ると、ちょっと色が薄い?感じがしたり、モニターON-OFFや入力切替のリモコンがなかったり・・・します。

 以前から、「4Kテレビは、解像度も問題ないから、パソコン用モニターとしても遜色なく利用できるのでは!!」と考えて、色々ググって見ましたが、それなりに理解するまで時間がかかりました(笑)。
 特にですね、何かと言いますと、問題は入出力端子ですね。パソコンの場合は、主としてDVI端子、新しい規格で行けばDisplayPortでモニターに繋ぐんですね。片や4Kテレビの入力端子を調べると、殆どHDMI端子なんですねぇ・・・。という事は、受け手のテレビの方にHDMI端子しかないとなると、出力側もHDMIになる・・・ということで、これまたHDMI規格について調べますと、最近の規格で行くと、HDMI2.0が最新で、HDMI1.4というのもあるんですねぇ。

 4Kに完全対応?しているのは、HDMI2.0の方みたいで、こちらは「解像度3840×2160 60Hz」に対応しているみたいですが、HDMI1.4は「解像度3840×2160 30Hz」までみたいなんですねぇ。ちなみにフルハイビジョンの解像度は「1920×1080」です。30Hzと60Hzの違いは・・・正直よく知りませんが、リフレッシュレートで通常は高い方が高画質・・・っていう風に私的には認識しておりマス。ちなみにマイパソコンのグラフィックボードは調べてみると、HDMI端子は搭載してありましたがHDMI1.4でした・・・。

 しかし、おもしろいのは!?4Kテレビは結構最近安くなってきているのですが、4Kの試験放送すら来年からのようで、今の4Kテレビには試験放送を見られるチューナーは入ってないようです。じゃあ、無理に4Kテレビ買って2K放送見る意味あるの?って所ですが、現状では、前述の様にパソコンモニターとしてなら4K解像度を活かせると思うんですよねぇ。それにパソコン用4Kモニターは、あまり40インチ以上が売ってないんですよね・・・高解像度になれば大画面が欲しくなるんですけどねぇ・・・。

 まぁ、結論的には、振り出しに戻るようですが(笑)、パソコンモニター、テレビはそれぞれの利点があるので、どっちを取るか?もしくは、平均化出来るか?という所が、ポイントな感じですが、今回調べてみる限りには兼用可能レベルではあるんじゃなかろうか・・・と、思った今日この頃であります。

訳の分からん、独り言のような長文失礼しました!!!(爆)

 
 
スポンサーサイト

 新年 明けまして おめでとうございます。
 本年もよろしくお願い申し上げます。
              高崎山名物さる団子(笑)

 ・・・ということで、当社は5日からの営業となっております。
まぁ、年末年始のお休みは約1週間でしたが、毎年ながらあっという間ですね。年末は大掃除で年が暮れ、新年はゴロゴロしていたらもう4日(笑)。今日から、朝早く起きる練習していマス・・・。

 私的には、拙宅の古い電線取り換え&照明器具をLED器具に交換と・・・色々遊べたんで!?まぁ良かったんですが、しかし、年末年始のTVは「これっ」て言う番組がなかったですねぇ。某NHKの紅白も結局トータル1分ぐらいしか観なかったですね、最近はヒット曲とか名曲がないんですかね?レベッカは私的には懐かしくて!?良かったんですが、ちょっとムリがありましたね・・・。かといって、他局も観てませんが(笑)。大晦日で初めて違いますかね?0時過ぎに寝たのは(爆)。あとは、「今年はどうなる?」的、政治経済番組もなかったですよねぇ~、キャスター降板とか何かどこかに遠慮しているんですかねぇ~(笑)。あと、正月で不思議なのは、去年もそうでしたが、近所の御幸森神社の初詣参拝者が、生野区なのに「なぜ」行儀良く並んで参拝されるのかが(笑)どう考えても分かりません(爆)。

 ついでに、今年の大河の真田幸村の盛り上がり具合も気になりますね!玉造のレアスポット(笑)日出通り商店街は、かなり気合が入っているんですが、「ネーポン」以来の注目スポットになりますかね??もしかして、盛り上がり過ぎて大坂冬か夏の陣に徳川秀忠が本陣を置いたという勝山の御勝山古墳にも人気が飛び火して、観光客満載になったらどうしましょうかね!?・・・別にどうもないでしょうけど(笑)。<ちなみに、御勝山古墳は以前は岡山と呼ばれていたらしいですけど、徳川軍が勝って「おかちやま」になったとか何とか・・・。>

 ・・・と言う訳で本年も、よろしくお願い致します。

週末は、また台風。

 また、おっきいのが近づいて来てますね。今年は特に海水温が高く育ちが良いのか「大型」が多いですね。
今年はテレビやラジオで台風情報を聞くたびに、「おお型で非常に強い・・・」と言っているので「『B型』はおらへんのかいな、『O型』ばっかりか」と常にテレビやラジオにつっ込んでいるのですが、未だ応答はありません・・・。

 冗談はさておき、セオリー的には台風を上から見て!?左半分の地域は「大雨」、右半分は「強風」のが強い傾向・・・と言うのを何かで聞いたことがありますが、今年は暴風というよりかは大雨ですね、ここ大阪は。

 先月も大和川があふれそうになりましたし、注意したいところではありますが、ほぼ確定なのが「社内の雨漏り」です。まぁ、お恥ずかしい話ですが、横殴りの雨が降るとだめですね。あっちこちから漏れるので、最近は「建物がそういう仕様」だとあきらめております・・・。←「おい、そう言わずに修理しろ」と言う声もきこえてきますが。しかし、雨漏りするとヤバそうな、電気周りなどはきちんと修理しているつもりです。

 で、この土曜日も電気周りの修繕予定なんですが、大丈夫なんですかね、台風と雨漏り。

パニアケースの取付金具の取付

 最近、バイクを買った訳ですが・・・といっても7月末納車ですが、未だに慣らし運転を終了していないと言うかなりだらけた一応自称「ライダー」です・・・。直前まで乗っていたバイクは自転車です、今でも雨の日は乗ってます。

 走行距離が増えない割には、ひっつくパーツ類は増えております。純正のカバー類は早々に装着完了しています。なので、「1/1プラモデルか!」と自分でツッコミを入れている今日この頃であります。

 で、このバイクはご承知の通り「versys650」(ヴェルシス)と言うのですが、いわゆる逆輸入車ですが、特に入荷量が少ないらしく、珍しいバイクの部類に入ると言うことをショップに行くまで知りませんでした。

 まぁ、この時代、疑問点があればネットでググれば、ある程度は解決しますが、やはり予想どおりこのバイクの情報は他に比べると少ないです。今回、パニアケースの購入に際しても検索してみましたが、的確なものには当りませんでした。ですんで、ネット上での情報量を増やす為!?に適当に写真を上げときます。

 私の場合は、GIVI(ジビ)社製にしました。購入は日本語可の某ヨーロッパのダイレクトなネットショップです。発注後1ヶ月くらいで到着。サイドケースを2個同時に買うとキーが同じで、もうひとつキーが付いていましたので、トップケースに付ければ3つのケースを1つのキーで操作可能となりました。(他のケース場合は知りませんのであしからず。)金具取付で一番面倒なのは、ウインカーの移設でした。それと6角はインチタイプだと思います。

pania2.jpg (左)計3個口。(右)つける前(まだ、明るい)

pania3.jpg pania4.jpg pania5.jpg 
トップケースの取付金具とベース。
GIVI本国のHPには、各パーツの取説がPDFで上がってますので参考になると思います。
pania6.jpg pania7.jpg
トップのステーに入っている、プレートはサイドのステーにも兼用します。
故にサイドのみの場合は+なんちゃらKITが必要だと思われ。
(左)プレートを変えた状態。(右)トップのステー取付完了。

pania8.jpg pania9.jpg fullpania121120.jpg
サイドは、ウインカーの移設が殆ど。
あとは、ステーを取り付ける時に穴位置が微妙にずれてるので、また緩めて微調整。
(右)完成後ケース付けましたが、箱が大き過ぎたような・・・。(周り真っ暗)
・・・気のせいか、ケースの重みで足付きが若干改善したような・・・。<個人の感想です>

*上記は素人のやっつけ作業ですので、その点考慮してご覧ください・・・。

世の中そんなに甘くない~♪

な~んか、面白グッズないかな~と探していると、先日
「太陽電池+モータ+プロペラ」実験セットを見つけました。

「こ、これを帽子につければ、炎天下も快適では・・・では、では、!!!」と思い、購入。

 入手後、まずは動作確認。それなりに明るければ、「回る」と思ったのですが、回りません・・・。

 気を取り直し、直射日光下で「さぁ、回れ!」・・・と勢いよく回り始めました、・・・・が、風がきません。

 数秒考えて、プロペラの角度が浅いからか・・・という結論に達し、USBファンのペラを装着。

 結果、明らかに回転数が下がっており風が来ません、むしろ、横から来る天然の「風」の方が明らかに強いです。

 この瞬間、「炎天下快適計画」は挫折致しました。世の中そんなに甘くありませんでした・・・。


「炎天下快適計画」・・・挫折への軌跡!
計画では、炎天下作業もこれで快適!・・・な予定でした。

USB扇風機のハネを拝借して・・・これで!

モーター曰く、「すんまへん、この羽は重過ぎて回せまへんわ。」・・・たぶん。

プロフィール

dentoの人

Author:dentoの人
dentoのひと。ブログへようこそ!
めっき会社ブログなのに殆どめっきに関する話題はありません。
すみません。
ちなみに猫は飼ってません。
伝統の人でもないです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR